alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

みつばちと草原計画


アリス号に植物を配置して小さなお庭が完成。
切り株もいい仕事してくれました。
日頃の工夫や仕事ぶりを表現できたかな?

種リース作り教室

完成したリースを皆さん大事そうにお持ち帰り。
昨日名古屋の星が丘テラスにて開催されたみつばちのイベントにて種リースのワークショップを行いました。
なぜ種リースかというと
種には次の年に繰り返される大事な緑が詰まっています。
手入れしてゴミ袋に入れてしまうと何も残りません。
枯れ色をしていても様々な形を楽しむこともできます。
リースにして冬の間眺め、春に種まきします。
リースごと庭に置いても種が落ちて発芽するものもあります。
少し地面を掘り、リースを置いて土を軽くかけてお水をあげたらいくつかの種類の植物が生まれます。
ユーパトリウム、フェンネル、紫蘇、細葉ハルシャギク、アイタデなど。
雨上がりの強風と時折の突風でその場からいなくなった種たちも…
来春、どこかで発芽出来ますように。
そしてみつばちを含むたくさんの蜜源を必要とする生物の楽園になるもとになることでアリスの草原計画も広がります。
寒くて強風でしたがリース作りに参加された方、この日のために駆けつけて下さった方、みつばちイベントの皆様…
楽しい時間をありがとうございました。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。