FC2ブログ

alice garden design

ARTICLE PAGE

Exeterにて


エクセターに来ています。
ロンドンから電車で2時間半ぐらいの小さな街です。
イギリス到着後2日目の旅はゆっくりめに出発、お昼過ぎに到着。

駅前でアレンジしてもらった花束は全て地元のものというコピーを見て好きな花を選んでまとめてもらいました。
Aquilegia vulgaris plena 'Black Barlow'
Anthriscus sylvestris ’Ravenswing'
Delphinium
Papaver orientale 
たった4種類の植物の組み合わせにとても癒されています。
さて、1日目のエクセターは素敵なご縁で初対面の方のお宅に伺ってお庭のご相談を受けました。
先ずは、お勤めの大学をご案内いただきました。

初対面という事と恐れ多くもこの大学の大学教授でいらっしゃる先生との会話は最初はぎこちなく、キャンパス内の写真を撮るのもどうかと思い、写真少なめ。
研究されている「zebrafish」のお話がとても興味深く、私の単純な頭の中のどこかと繋がった。
その魚はマウスに代わっていろいろな細胞の研究に使われているそう。
講義を受けたい…。ついていけないと思うけど。

大学の敷地内を説明いただきながら街を見下ろせる小道を通ってご自宅へ。
早速ガーデンを見せていただきました。

緩やかに起伏のあるお庭に立ってみる。
足元からその場所のエネルギーを感じて、光の向きや風の通り方を想像しました。
暮らす方の求めている事や現状、未来の形など空想の中に見えるしあわせな情景。
イギリスでも日本でもその土地の環境に合わせることが大事です。
ざっくりとゾーニングプランを描いていくうちにこの地に住み少し日本を懐しむご家族が見えてきました。 
奥様お手製のケーキとお茶。
とても美味しくて、是非お庭でいただきたい思いました。
気がつけば出会いから4時間程が経過。
7時近くでもまだ明るい道を車で送っていただきました。
ロンドンから2時間半。日本からは距離がありますが、楽しみなお庭が増えました。
今日はレンタカーでDartmoorに向かいます。
関連記事