FC2ブログ

alice garden design

ARTICLE PAGE

帯状疱疹

母が帯状疱疹にかかって1ヶ月になる。症状も何もかも知らなかった病気。
時々ご飯を作りに行っていたが、痛みで何もできない母をいつも母任せだった父が面倒見ていることに限界を感じた。思った以上にやっかいな病気です。
水疱の跡は治っているのに痛みはレベルアップしている。
このままでは父も参ってしまうと思い、毎日の食事を持って行くことにした。

今日、タイミングよく「ためしてガッテン」で特集があった。
「水疱瘡の菌」が鍵らしい。
幼い頃にかかって「二度とかからない」と言われているウイルスが脊髄の神経に隠れていて免疫が無くなってきた頃に表れるのが原因。
でも保育士さんはかかりにくいらしい。日頃、子供さんに接するお仕事だけに水疱瘡のウイルスにも時々感染していて、その度に免疫ができるとのこと。
ふたり暮らしになって子供との接触が少ないためにかかってしまった「帯状疱疹」
人ごとではなく、核家族が当たり前になってしまったために引き起こす病気がいつ我が身に降りかかるかと思うととても怖い。
関連記事