FC2ブログ

alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

草原計画の話


​Meadow garden project 草原計画
駐車場や空き地の草を根から取り除くのは大変ですね。
最近は簡単に手に入る除草剤もたくさん売っています。
どれだけの人が使用しているのでしょうか。
用途と種類を選べば安全とはいえ、
そもそも除草の必要があるのかというところです。
​草の役割
種や宿根株から育ち夏までに地面を覆って生き物を暑さや乾燥から守る。
やがて自然に枯れて冬景色を作り、土になる。
そうやって繰り返された土地は豊かになり、思いがけず美しい花園へと変わるのです。
バッタなど草食の虫たちも居場所を見つけ、畑に大きな被害を及ぼすことも減ります。
​私たちは、身近な草むらを放置するのではなく、美的かつ生態系も守って人を含めた生き物が気持ち良く共存できるようにしたいと云う思いで草原計画を行っています。
アスファルトやコンクリートで塞いでしまった土地を必要以上に増やさないように、緑を大地に広げたい。
バランスを崩した地球環境を少しでも回復できる一つの方法として。
​イメージは小さな庭から
アリスガーデンのお庭の芝生(低い)部分には様々な植物が芽を出し育っています。
低く刈られることに適した植物はたくさんあります。
なかには1メートル以上にもなるものも少しずつ刈ることで芝生サイズでお花を咲かせてとても愛らしいのです。
夏に草刈りをするのは大変かと思いますが、その後のイメージが美しければ楽しみにもなります。
また、刈り込まないところは本来の成長を果たし風にそよぐ草原として季節を楽しめます。
用途に合わせて草花を使った牧歌的な風景をデザインしていきませんか?
これは草原計画のプリントの文です。
この内容を更に掘り下げてお話させていただきました。
決して簡単ではありませんが、取り組む価値と必要性があります。
alice garden design
植栽デザイン、ガーデンデザイン、草原計画
愛知県豊川市八幡町上六光寺5−12
0533-87-5177
http://lovelyagd.blog80.fc2.com
work 月曜日~土曜日 8:00~17:00
留守番電話、メールにてご連絡ください​






​​





秋。ですね。


糸葉春車菊Coreopsis verticillata
アリス小屋の入り口に鮮やかに咲いています。ポットから零れた種が何年かのち広がりました。
草原計画の第一歩です。
少しずつ広がり出した草原計画。
土地を豊かにするとくるりとまわって環境を整えて気持ちも楽になる。
歳月をかけて崩したものもその気になれば蘇る。
まずは、3年の流れを観察しよう。
説明よりも体験。

雨前の夕焼け。
もくもく雲もふわふわでターナー色まで感じてどきどきします。

シロバナ彼岸花が現れました。
何にも無い所から花茎が伸びて突然蕾で気付きます。
秋だな。
今週から急に涼しくなって、あの暑さがいつのことだったかと。
でも、身体が未だ真夏を引きずっていて、少しずつ回復中。
本当に厳しかった。
今日は雨。
デザイン日和です。

該当の記事は見つかりませんでした。