FC2ブログ

alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

整えとアリスの旅


朝5時に出て、9時半から夕方まで。
4時間弱運転したけど、手入れに入れば近所での手入れと同様。
夏の本当の暑さはもうすぐなので、蒸れないように切り、また切り過ぎないように加減しながら整えてきました。
台風のような強風。
午前中は特に強くて、色々飛ばないようにしながら。
次回は12月。
バラの誘引も含め、3年目の春が待ち遠しいお庭になります。

一泊して翌日は鎌倉に出かけました。
紫陽花の季節のお寺を少し早歩きで散策。
イギリスから仕事で来ていたChelsea Physic Gardenのマイケルとチームアリスの1日観光。
北鎌倉の駅で待ち合わせて円覚寺を歩き、目指すは安寧さんというお茶処。
この日は紫陽花と青梅の和菓子と抹茶でした。

入り口も優しい。

気分もよろしく、円覚寺の散策は続きます。

続いて明月院。
コンテナマスター同期のOさんオススメの紫陽花が美しいお寺です。

丁度いい色味の紫陽花がお出迎えしてくれました。
すり減った石段はいつからのものだろうとか13世紀の古寺に興味のレベルが振りっぱなしです。

次に訪れた報国寺。
明月院から離れていたのでタクシーで移動しました。
平日でも混んでる事と道が狭かったり、駐車場を探す手間を考えたらタクシーがとても便利ですね。

まず驚いたのは剪定のうまさ!どの木を見ても木と会話しながら作業されてるように感じました。

むし暑さを感じない竹林のお茶処。
苔生した緑の地から勢いよく育った孟宗竹が連なり、時に風に揺れて心地よい音色を奏でる。
ずっとここに居たい気持ちを抑えて次は大仏殿にいきます。

アリスの慰安旅行も兼ねた今回の旅の締め的な大仏様。
コースに入れようかどうか迷いましたが、外国人にとってマストらしいのでお連れしました。
写真で見るより大きな大仏様に驚くのを見る側も結構楽しく、別に私が作ったものでもないのに〝どうだ!〟的な気持ちで嬉しかったです。

最後のお寺は長谷寺
時間も押していたので、紫陽花の坂を駆け上がって

海を見ることができました。
背面に紫陽花。
お寺の閉門までにそれぞれの素敵な景色を満喫する事が来ました。

ガトーフルールさん


バルコニーを有効利用。
元々あったテーブルや鉢を配置替えして、新しく買い足した鉢と併せてレイアウト。

バルコニーなので荷重制限を考慮して軽量土を作り植栽しています。
もちろん、酸度調整も。

レストランのランチは見た目だけでなく最高のテイストです。
施工中にお試しランチをしながら、実際こちらでどの様な気分を味わえるかとシュミレーション。
国内外で外食をする際、気になるのはやはりロケーション。
どこにいても、自然と向き合っていたいし、さらに食事の内容が良ければ身体にスッと染み渡ると思います。
子供が小さかった頃、お天気が良ければよくお外ランチしていました。
レストランの様な素敵なものではありませんでしたが、丁寧に作ったものと目の前にある野菜を並べただけでも幸せな食事だったと。

穴のない鉢に水を張ってメダカを放ちました。
この日は雨が降っていましたが、こちら側のテラスは雨がかからず、しっとりとした風景を楽しみながら食事ができましたよ。
是非一度、テラスランチを味わってみて下さいね。
ガトーフルールさん
〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町75, フローラルビレッジ
火曜日定休

今月のお庭の教室



今月も後半を過ぎてしまいました。
毎年、6月は5月に居なかった分、予定が詰まります。
今月30日のお庭の教室は午前中のみ開催します。
梅雨どきのお庭の管理と小さな盆栽作り。10時から12時までです。
参加費は4500円
お申込みはブログのメールフォーム等からメッセージを送ってください。

昨日から作業が始まった『ガトーフルール』さんのバルコニー。
ランチやケーキが美味しいのでいつも賑わっています。
バルコニーに植栽して癒しの空間に。

昨日は雨でしたが、ここまで捗りました。
少しスッキリしたところで、ランチタイム。
実際に外で食事してみました。

拘りの食材で目にもお腹にも心にも優しい。
今日は木を植えます。
明日は雨降りのようですが、下草を入れていきます。
お楽しみに。

ありがとうございました


日差しとパラパラな雨はあったものの、
過ごしやすい一日でした。
毎年同じ頃に公開していただいているのに、いつも違った表情を見せてくれます。
お庭を構成する植物達が季節や環境を受け入れながら生活している様子は自然で美しい。

摘んだ枝を活ける
自分時間。
指先から伝わってくる生きたちから。
このお庭の公開の日はいつもの手入れの時とは違う寛ぎの時。
このお庭を作るときに描いたイメージが使う側に伝わったと感じられます。
植物と暮らすということを
伝える事。
これからもずっと。

もり動物クリニックさんのオープンガーデン


年に一度のオープンガーデン。
いつも6月。今年で8回目。
広いお庭の木々は少しずつ育って木陰を作りだしました。
まだ8年。。
もう8年。。
次の計画を立てるにはいい頃かもしれません。
庭は生きています。
ゆっくり付き合うのも、整えるのも楽しい時間です。
公開時間は10時から4時までです。
日よけを用意してお待ちしています。
詳しくは08043026581までお問い合わせください。

ぶどうの森さん。
デザインと樹木はアリスではありません。
理解ある店長さんに出会い、少しずつアリスの植栽に切り替えています。
来週中頃、手入れに行って整えてきます。
ランチしながら庭を眺めてくださいね。

私の好きなCFSの庭


The Viking Cruises Wellness GardenPaul Hervey-Brookes 
今回一番癒されたのが、このお庭。
120歳のブラックマルベリーや、ノルディックの使える植物達。食べたり、薬にしたり、お風呂に入れたり、サウナにも。
色使いが色々な緑と白で構成されていて、包まれているだけで身体が自然を吸収出来そう。

同じ庭。
狭くてもリラックスできる空間。
植物が無限のスペースを作り出しているかのような場所。

The Pearlfisher Garden
海の中の美しい様子を多肉やエアープランツを使って表現しています。
海の環境汚染のひとつであるプラスチック廃棄物による生態系への影響を強調しています。

The Seedlip Garden
昨年もステキなお庭を見せてくれたDr.Catherine Macdonald 
今年はイギリス国民の大好きなマメ科の植物ばかりを集めて庭を作りました。
全部マメ。
葉っぱの形も花も大小ありながらも同じ様な形を組み合わせるのは、ガーデンとしては退屈になりそうですが、とても新鮮で良い刺激になりました。
さて、今日はアリス小屋にいます。

該当の記事は見つかりませんでした。