alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

自然の香り


昨日の苗販売とオープンガーデンにご来店ありがとうどざいました。
日頃販売出来なかったストック苗たちがそれぞれのお庭で育っていくことは幸せなことです。
ありすが走り回って集めた植物達やお庭にあると素敵になる定番君達。
渡英中の水やり軽減の為、皆様にお手伝いいただくというセールでした。
今朝は、瑞々しい庭の香りが開け放った窓から部屋に滑り込んで来ています。
朝一番の庭の香りはイギリスの田舎のホテルにいるかのような気分です。
今回の渡英は、植物調達から始まります。
長い期間所々で植栽に関して役立つよう努めてまいります。
その前に、ありすの庭も美しいひと月を送れるようにとお手入れしました。
屋根にかかる薔薇は名前がわからなくなった苗を植えたもの。
小さなピンクのお花が咲きます。一季咲きなので、私はしばらく見たことがありません。
今年もたくさん蕾をもっていますので、留守中も外から眺めに来てくださいね。

いち日苗屋さん


木陰の植え込み。

日向で映えるゼラニウムの赤色

6月のオープンガーデンに向けて植え込みをしたクリニックさん。

春と初夏が行き交うありすの庭のオープンガーデンは明日、
28日10時から5時までです。
5月はロンドンで開催されるフラワーショウに参加、渡英の為、土曜日のショップはお休みになります。
今まで施工用にとっておいた植物たちを販売しますので、是非、お庭に追加してくださいね。
ありすの庭のオープンガーデンではのんびりと過ごしていただけるよう、ほとんどお知らせしていません。
お庭好きな方とご一緒にゆっくりとお過ごしください。

小さな風景


昨日のお庭の教室は小さな鉢に木を入れてその株元に草花が生えている風景を作りました。
大木に見立てたのは低木の覆輪姫沈丁花。
香りの良い花を咲かせる楽しみと、花後の株元の草花の展開に心踊る。
まるで庭の中を散策するようです。
細やかな作業を終えてからはありすの庭のお手入れ方法を実際にお庭で見ていただきました。
複雑な植物配置は四季折々の色やフォルムが楽しめるようにしています。
今回は不要の植物の外し方。
草取りのタイミングなど、ご説明しました。
次回は6月30日土曜日を予定しています。
内容はお庭の教室2回目
梅雨入り時の手入れと挿し芽の盆栽
こちらでお庭を施工されたお客様は¥5,000
一般の方は¥5,500です。
お申込みはブログのお問い合わせフォームまたはライン、メッセンジャーなどからお願いします。
5月いっぱいイギリスにおりますのでお電話が繋がりません。
お手数ですがよろしくお願いします。

21日の教室と28日のオープンガーデン

Epimediumイカリソウの新しい葉も美しく、春の訪れをより深いものにしてくれました。
今日はアリスの日。
先週の土曜日がつい昨日の様で慌ただしい。
そして流れる様に来週の土曜が来そうです。
来週21日はお庭の教室。
日頃のありすの庭作業をさくっとお伝えしてから低木と草をお皿の上にアレンジして小さなお庭を作ります。
午前の部は満席ですが、午後2時からは少しだけ余裕がありますので、ご希望の方はご連絡くださいね。なるべく、月曜日までにお願いします。
参加費用は¥5,500です。
ハサミをお持ちください。
そして28日土曜日は渡英前のオープンガーデンを開催します。
時間は10時から5時まで。
5月は土曜日のオープンをしていませんので、この機会にお出かけくださいね。
スタッフによるオープンディは決まり次第お知らせします。

鬱金桜と寒の戻り


4月初めのこの時期に、もう鬱金桜が咲きました。
いつもより1週間以上早い開花です。
今年は何でも早い気もしますね。

数日暑くて日焼けの心配をしながら作業していましたが、昨日のありす小屋は寒くて春先の寒さに戻りました。
リキュウバイの白い花がとても綺麗。

先週植え込んだ小さな苗たち。
ディサービスに通う方々の記憶にある道端のお花も植えています。
季節ごとに揺れる風景を楽しんでもらえたらよいですね。

和風とか洋風とか

今週完成したお庭です。
手入れがしやすいよう石積みの途中にステップを作ってもらいました。

小さな拘りは果てしなく。
綺麗な石のステップは雨の日に美しい。

お手入れ先のアーマンダー

日本庭園の整え
以前飛び石だったと思われる石をエントランスな見せ方で敷いたら庭に動きが出始めました。

夜桜が綺麗なお宅のバルコニーには薔薇が這う日も近い

アリスに咲く植えっぱなしのチューリップ。

母屋と新宅を結ぶお庭は既存の柿の木と椿を生かしてデザインしました。
傾いた樹勢を新しく植えたツリバナでふわっとさせいます。
何でもかんでも新しいものが良いのではなくて、そこにあるもの、利用出来るものを使えば思い出も重なって感慨深いものになる。

言われたらブロックと分かるかもしれないけど、使い方でちゃんと役に立つものになりますね。
ここは母屋からいつもお母様がお茶を運んでくれるのに便利な動線。
お陰で何度も美味しいおやつをご馳走になりました。
自然の風景に沿ったお庭作り。
和も洋も分けない。
無理なく気持ちよくゆらゆらした風景は
ありすの庭のかたちです。
イギリスに行くたびに重なる自国の風景。
調和のとれた季節の植物風景を点在出来たらきっと人と人、庭と庭が結びつき、やがて波紋の様に。
今年も5月は渡英の為不在ですが、スタッフさんが平日お店を開けてくれますので、ブログをチェックしてからお出かけくださいね。
よろしくお願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。