alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

Wreath 



土曜日はリースの教室でした。
まだ寒波の中にいる寒い日でしたのでアリス小屋を暖めて皆様をお迎えしました。
ドライフラワーのリースを作る事。
単なる飾りではなく、春からの庭の計画と記録。
新たな庭造りに心躍らせるような。
その作り方も庭に植えるように。
私のガーデンスタイルがリースの中にもあります。
そして参加の皆さんのイメージと合わさってそれぞれ素晴らしい形になりました。
土台に使ったウンリュウヤナギ。
ベースにラベンダー
ヒペリカム
アストランチア
スカビオサ
マホニア
インゲン
など。
庭にあると楽しめる植物達は他にもあります。
ぐるりと手入れすれば手に入るものや買い足すものを合わせながら楽しむ冬のガーデンワーク。
暖かな部屋で春待ちの優しい時間です。
2月24日土曜日のスコーン教室(¥3800お持ち帰り3つと試食teatime付き)はご希望多数のため、午前10時からと午後2時からの二回になりました。
各時間定員になり次第締め切らせていただきますので、ご検討中の方はお早めにご連絡くださいね。
午後の部は定員になりました。
午前の部はまだ3席ほどあります。

雪景色

2日続けて雪が降りました。
朝の景色がいつもと違って、その美しさを眺めていたかった。。


一日中寒い日でした。
雪景色を少しだけ撮って施工中のお庭に向かいましたが、道路も雪で時々凍っているところもありました。
先日の関東の雪に比べて薄っすらでしたが、冬の間に何度もない雪の朝を過ごしました。
お昼頃までには雪は溶けてしまいましたが、時々吹雪のように降るなかで大工さんとフェンス板の塗装と取り付け。
カーポートの下で長い板の裏表に塗料を塗ってお昼から取り付けてもらいました。
来週仕上げの下草植え込み。
写真はその時に見てくださいね。
今日はリース教室です。
参加予約されてる皆さん、雪はありませんが、気をつけてお越しくださいね。
来月開催のスコーン教室のご予約は2月15日までにお願いします。

草いっぱいのアリスの庭


ラジオでクラッシックを聴きながら庭のお手入れ。
寒波が来る予報前の暖かな日。
冬の手入れは現状に合わせて行います。
なるべく自然に。
昨年からモグラの被害が続いていて、今も盛り上がった土。
地表面が滑らかでないと雨水が窪みに停滞して植物を痛めてしまいます。
いつもはそっと春まで置いておく落ち葉を一度外してモグラの穴のチェックと地表面の修正をしました。

モグラも喜ぶ真っ黒な良土。
落ち葉の効果に心踊ります。
通路に移動させた落ち葉は踏み踏み堆肥として利用します。

地表面には沢山の芽が出ていて、春への期待が感じられます。
草いっぱいの庭
アリスガーデンのお庭の特徴として、沢山の草花達との共生があります。
時々、お庭を訪ねて来てくださる方に
「雑草がひとつもなくてすごい」
と言われて驚きます。
私は毎日お庭にいたい人ですけど、それは出来ず、週末手入れしたりしなかったりです。
自然な草も生えています。
でも、あまり困っていません。
嬉しい事に、今年から契約制で東側をお借りすることになりました。
道向こうの柿畑は150坪。
自然の草を生かしながら住み分けしてアリスガーデンを広げます。
それは素晴らしく楽しみな展開。
現状は誰が見ても雑草だらけ。
私はその草達に居場所を作る人。
またひとつ快適な場所が生まれます。

我が家の様に

昨年末に仕込んだバラの鉢。
冬を彩るためにいつもより華やかに作りました。

広いデッキの上3つの鉢。
それだけでも充分楽しみな空間になっています。

玄関前にはレンガを敷いてもらいました。
私と同じ感覚の職人さんに作ってもらうと、レンガの向きや崩し方までこうしてほしいというニュアンス的なところが瞬時に伝わって、自分がやっているかの様で嬉しい。

昨日は植木屋さんとも協力して効率よく作業出来ました。
プランの段階で隣地を購入しようかと迷われていたので利用の仕方を絵にしてみたところ、次の打ち合わせではその様にとなった。
「それでいくよ。」
男前なお施主さまにイメージが実現できる嬉しさを隠せませんでした。
もう一軒建つ広さの土地なので庭造りは2期に分けますが、まずは繋がりのあるアプローチから。
次の庭造りを始める頃には昨日植えた植物が美しく広がっています。
イメージ重視のガーデンデザインという仕事。
決して見た目だけではなく、予算的にも環境的にも考えてデザイン、監修していきます。
それは自宅の庭造りをしているかの様に。
だから愉しいのかもしれませんね。
今日はアリスの土曜日です。
来週のリース教室の午後は満席になりました。午前中はまだ空きがありますよ。
2月3日土曜日は研修の為お休みさせていただきます。

半吉って…。




昨日、豊川稲荷に行く機会がありましたので、お参りをして狐塚にも参ってからおみくじを引きました。
引く前にご一緒した方で以前半吉だったよと言われ、そんななあるの~~?って笑った。
そしたらね。
まさかの半吉。
記載されててることも、どうやら見守っていただかなきゃな内容だったので丁寧に結んできました。
半吉ってほんとにあるんですね。
珍しい神社なのかと思ったら、お稲荷さんで人生初の半吉。
頑張らんと。
そう思った。
今年は落ち着かなきゃ。
年相応に淑やかな女性になりたい。
いろいろ悩める時間を笑顔で過ごしながらご来客の方々との帰り道。
お稲荷さんの知られざる木。
昨年バッサリ切られてた椎木。
あれ?なんか生まれてない?
新しい幹が伸びていました!
嬉しすぎる!やっぱりすごい木!
個人的にパワースポットとして毎年拝んできたこの木が頑張ってました。
嬉しい嬉しい!
半吉だったおみくじを結んだ途端キラキラが降り注ぐ気分でした。
それからスノードロップのお花も見られて。
もしかしたら半吉ってすごいかも。
ちょっと待って…ブログを読み返してみたら…
新しい幹は昨年もありました。
昨年のショックからは立ち直れた良い日になったことは確かです。
よかった。

ロビンとジョウビタキ

Erithacus rubecula
ロビンという名で馴染み深いヨーロッパコマドリさん。
イギリスのガーデンで作業してると必ずやってきてミミズなどが出てくるのを待っています。
通常留鳥なのでどの季節に行っても見られる可愛い鳥です。
鳴き声が美しくて聴き入ってしまうほど。ガーデンの楽しみにロビンの歌声は欠かせません。

Phoenicurus auroreus/Daurian redstart
ジョウビタキの雄。
昨日、ガーデンをモグラにまた荒らされていたので直しながら作業していたところ、目の前でお待ちかね。
せっかくなのでそっと写させていただきました。
特別な日の衣装を纏った紳士のようです。
ジョウビタキは冬鳥で冬になるとやってきて、春になるといつのまにか居なくなってしまいます。
でも、性格はロビンとそっくり。
近くまで寄って来て掘り起こした土から出てくる餌を待っています。

時には頭上から…。
昨日は素晴らしく暖かだったので作業も捗りました。
途中アリスに遊びに来てくれた方々は鳥の存在に気づいてくれたかな?
アリスの庭には自然が集います。
ガーデンワークにジョウビタキ。
コーラスはメジロ、シジュウカラ。
時々パーカッション参加のコゲラ。
風の音も暖かい陽だまりも枯れ草の匂いも全てが庭の大事な一員です。

観察


林檎の木にみかんを刺しておくと、空かさずやってくるメジロペア。
目の周りの白色と綺麗な黄緑色の羽毛が可愛い。観察場所はトイレの窓から。
鳥を驚かすことなく眺められます。

昨日はとても寒いあさでしたので、きっと観られると、たくさん着込んでお庭へ。
ありました。シモバシラKeiskea japonicaと言う名の植物の茎の根元には今までで最高の霜柱。

マクロレンズで撮った地面の霜柱。
庭中の何処を歩いてもザクザク。
子供のころの楽しい足底の感触です。

ついでに秋明菊の種。
ふわふわの綿毛に沢山の種が包まれています。
良く見ればその配置も数学的です。
マクロの世界に自然界の決まりごとを感じられる。
自然のデザインは素晴らしい。
素直な形が合わさって共存している。
私たちも本来そうなんでしょうね。

アリスの教室と冬の庭


年賀状に電話番号が無かったからと直接出向いてくださったマダム。ありがとうございます。
丁度アリス小屋にてミーティング中でしたのでお会いすることが出来ました。
ネットの時代とはいえ、電話番号は必要ですね。
新しく作成したものには今後の教室の予定を載せています。
今年はほぼ毎月、楽しみな教室を予定しています。
時間があればsoup asadaのオリジナルスープも。
1月27日のリース教室¥3000+taxまだお席があります。
2月24日スコーン教室¥3800+tax
3月24日マーマレード作り教室¥3800+tax
4月21日ナチュラルガーデン教室¥5500+tax
お問い合わせは0533875177
不在の場合転送されますのでしばらく呼び出してください。

アリス小屋の植物達。
霜除け程度の寒い部屋で健気です。

落ち葉に埋もれながら顔を出したオキザリス。
自然の中で生きている姿から底知れない力を感じます。
冬のお庭から感じる土のエネルギー。
今日も素晴らしい日になりそうな予感。

年賀状


6日の夜に刷り上がった年賀状。
クリスマスの頃旦那さんに
「今年はこれで出しとけば」
という期限内重視の発言を突っぱねた。
年末は30日まで仕事があり、暮れの片付け、来客、御節などなどに走り、ゆっくりなど出来ず……
5日に娘達が帰りましたので、そこからの集中作業でした。
といっても夜から。
娘の帰国時に予約していたセントレアのオイルマッサージ。
飛行機を見送った後、速攻横たわり至福の時間を過ごして来ました。
そもそももっと早くできてだはずの年賀状。マッサージは全てやり遂げた後の予定でした。
年末年始はは日常ではない時の流れがありますね。
ともあれ、昨日投函。
用意していた150枚の葉書をいただいた年賀状から順番にお返事みたいな形で宛名を書いていきましたのでまだ発送できていない方もありますが、もうしばらくお待ちください。

さて、今年のお正月はいろいろ大変でした。
黒豆も慌てて作ったのでマダラになりました。
インフルエンザにかかる人あり、来客もありで。
あれから下の子にも感染して、5日から40度の熱が続いています。
病院に行ったのにこんなに長引く?と不安なのでこれからまた病院に行く予定です。

昨日は丁度七草粥の日でしたので病人向けに三つ葉や椎茸、昆布、ネギなどをいれたお粥を作りました。
よく食べて早く良くなって欲しいです。

2018

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今年は2年ぶりに娘が一時帰国して楽しく賑やかなお正月を迎えておりましたが、主人の急な発熱から一転、隔離生活をしています。
暮れ前から巷で流行っているとは聞いていましたが、まさかここまで来るとは…。インフルBだと。
幸い私はまだ大丈夫。
予防接種を受けた人がかかるという笑える状況です。
というわけで、今年の初アリスは1月13日9時からとなりますのでよろしくお願いします。

2日はスーパームーンでオレンジ色のおっきなお月様を見ることができました。次の日は部屋の窓からも見えてロビンくん達を照らしていました。

ちょっとびっくり!スーパーの駐車場にあったカート?に雀の団体が寛ぐ程暖かな日。

シワシワの蘭から新しいバルブと根が出ていて嬉しくて撮りました。
渡英している息子のコレクションなのですが毎日お世話していると愛着が湧いてきますよね。

該当の記事は見つかりませんでした。