alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

伝えたい事


画像はお客様のお宅の亀さんたち。
亀は歩みが遅いかと思っていましたが、凄く早いです。
失礼しました。
思い込みで世界を狭めてはいけませんね。
常に見聞を広めて頭の中を整理していきたいです。
昨日は私の考えを話す時間を頂きました。
聞いてくださった方は建築設計をされていて庭も含めてデザインされている方でした。
建物と植物を別に予算立てするのが一般的で、買い手の予算を建物で使い切ってしまうので庭のためにはほんの少ししか残らないことが多い。
大手住宅メーカーさんもその代表と思っていましたので、お話する時間を頂いてもとても不安でした。
お会いして2時間、話すことで自分の考えが人に伝わる嬉しさを感じました。
オーガニックについて。
生態系について。
日頃、何気なく行っている作業がこれから少しずつでも広がれば、地域がうつくしくなるのではと思ってはいるものの、そんなことは誰でも考えつく事で、敢えて私なんぞが出る幕ではない。
それでも共感してくださる方が現れれば喜んでお話していました。
もちろん、ガーデンデザインにそれを取り入れる際にはお仕事としてさせて頂いていますが。

5月に咲いたカラタネオガタマの蕾がまた付いています。
これは普通なのかどうか、調べていないので分かりませんが、エゴやりんごの花が年に2度咲いたりと季節ボケしている光景をよく見るようになりました。
世の中は便利になりましたが快適さの基準も変わってきています。
知らないうちに生態系に歪みが起こっていることも事実です。

45歳から上の方は子供の頃を思い出して見てください。
花粉症ってありましたか?
私は20代で花粉症になりましたが薬を飲むことは稀で、この仕事を始めて改善されたのか今では殆ど発症しません。
健康のためにも、
植物の存在をまるっと認め、
上手に付き合っていくことをお勧めします。

コンポスト


我が家のナマゴミコンポストはルバーブポット。
今日のお庭の打ち合わせでコンポストの話題が出たのでのぞいてもらいました。
衝撃的な内部に少しずつ慣れてもらえたらコンポスト仲間です。
確実にゴミを分解してくれます。
この夏に匂いを気にされる方には是非体験していただきたい香りです。
嫌われ気味な小さな虫たちも大事だと思える貴重な空間…ですよ。
はっきりいってひとんちのゴミなんて見たくも見せたくもありませんけど。
夏だからこそ、一見の価値ありかもです。
まあ、一般公開はしていませんが。

コンポストはアトリエ入り口にありますがそれに気付く人はいません。
そして設置してある付近の植物は肥料なし、水分補給は自然任せでもりもりと成長しています。
お花の色も美しい!

こちらはアリスの木陰。
今日は幾分涼しい風が吹き抜けております。
もぐらのトンネルは乾かないようにだけして、しばらく様子を見ています。
物は考えようで、この際、水みちを作ってしまおうと思います。
庭を作って10年以上、樹木の根も張り巡り、表面からの土壌改良は落ち葉と微生物に頼るのみ。
もぐらの穴を利用して内部の活性化を図ります。
なんでも実験。
どうなることでしょう…イメージ的には楽しみです!

薬膳と植物


豊橋の中華レストラン「桂林」さんへ薬膳のお勉強に行って来ました。
この募集がFacebookからあった時にすかさず参加申し込みして楽しみにしていました。
アリス スタッフでもあるTakuyaと共に。
来月、5日の渡英を前に、体を守る東洋ハーブについて学ぶきっかけになればと思ったのでした。
実は、月曜日から珍しく体調を崩しており、薬を頂きに行ったような講座でした。
漢方薬はゆっくりと整えるものなので速攻で効く場合は強いのですが、薬膳は更に穏やかなものと考えます。
残暑の乾燥を防ぐ水分補給と、秋に向かって血行を促す作用のある植物の根や実などの他に魚の胃袋が使われていました。
講師の先生は桂林さんのお嬢様で薬剤師さんです。
中華料理と漢方の専門家の組み合わせ。
このお店で何を食べても美味しくて元気になれる謎が解けました!

プルプルお肌に良いとされる白キクラゲと梨と大好きな仙草ゼリーのデザート。
講座終了後は元気を取り戻し、そのまま打ち合わせに出かけてきました。

エクステリアと植栽

セント マイケル マントの石畳

キューガーデンのガビオンベンチ

エデンプロジェクトのテラス
どれも庭のデザインの参考になるもの。
エクステリアのカタログ内のデザインも豊富になっています。
その中から脳裏のイメージと重なるものを選んでいくことも大切な事と思います。
時間はかかりますがコツコツと石を組み合わせたり、天然や人工の材料を使って違和感のない空間つくりを心掛けています。
外構工事と植栽工事。
アリスガーデンは植物中心のデザインが理想ですが、カーポートやフェンスなどを無視してデザイン出来ません。
必要なものを組み入れてそこに植物で柔らかさを足していきます。
そうです。
エクステリア アイテムもデザインに入れたら施工もします。
今まで、広告的な事をして来なかったので「アリスさん、エクステリアもやるんですか?」と今日も驚かれました。
「はい。必要なら。」
と言う事です。
今週からテラス工事が始まります。
レンガなどもカチッとなりすぎないように植栽と共に馴染ませます。
もしも、今現在のフロントガーデン(玄関側)がカーポートとシンボルツリーといわれる樹一本の寂しい空間でしたら、勿体無いです。現状からの植栽効果はかなり期待できます。
ホームページにてお知らせするべく、急ぎ製作中です。

小さな水辺のあるお庭と百日草


根付けばすくすく育ってくれるジニアは種類が豊富です。
今日植えたばかりのそれは少しうな垂れていますが、まだまだお日様優勢の季節に元気をくれるはず。

今年の春は畑だった場所。
庭にする際に出て来たカーペットを利用して作った小さな池。
ごろごろの石も敷地内から拾い集めたものでなんとか形になりました。
今日はここに睡蓮など水生植物が入り、メダカが放され、作業に拍車がかかりました。


百日草が出来たばかりのお庭を立派に魅せてくれています。
昨日の草原プロジェクトでもジニアは欠かせない植物でした。
他にヘリアンサスやエキナセア、グラス類は元々生えているふわふわさん。
同じ植物もたくさん使いますが、
植え場所によって植え方と育て方を変えています。
7月は殆ど降らなかった雨。
今日は午前中にたっぷり降って植物もシャキッとしていると思います。
これから秋に向かって育ち、種を落としたら、来年は更に自然で美しい景色を魅せてくれますね。
楽しみです。

のんびりしました。


1週間のお盆やすみ。
ちょっとのんびりしました。
お仏壇に飾るお花を選んだりして、ゆったりな時間を過ごせたと思います。

おやすみ前から始まった草原プロジェクトは明日、土台作りになります。
今。私が編集している新しいホームページに書いたりしていますが、草のたなびく風景を広く作って行こうというものです。
ホームページはまだ途中なので公開はまだ先になりますが、アリスガーデンが目指している事のまとめの様な内容です。
なにぶん、PC作業は不慣れで時間ばかりかかりますが、自分の言葉で伝えたいと思って取り組んでいます。
おやすみでのんびりしましたが、もぐらの出現などで観察、対応の他に思いつくいろんな事が頭の中でぐるぐるしてましたので、結果脳みそはおやすみではなかったかもしれませんね。

仏壇に飾ったアレンジは変わった菊と蓮の実とクロコスミア、ベンケイソウ、フィソステギア。
画像のはじめは蓮の茎。
何処を切っても蓮根型で楽しい。

植栽実験は密かな楽しみ

Eupatorium purpureum
赤いスティムにピンクの花。9月のヨーロッパで群れになって咲いていたのを見たのは衝撃的でした。
日向ではフジバカマと同じ様に広がり、圧感でしょうが、少し大人しく咲いてもらうとどうかなとこの位置に。
育つ場所が違えば違った育ち方になるね。
ヘリアンサスなど凄く陽が欲しい植物は光を求めてグネグネしちゃうけど、これはすくっと立ち上がり、背が低いながらここでも大丈夫らしい。

先日手入れした岐阜の検診センターの屋上のユーパトリウムは背が高くてハンサムでした。
いろいろな使い方ができる植物はデザインの幅が広がり、楽しみも膨らみます。
植栽実験。
植栽経験からの実験は時間はかかりますが私の密かな楽しみです。

そんな中、もぐらの潜入。
土が盛り上がり、中はトンネル。
まだ潜入中なので入り口というか出口は塞げません。
しばらくトンネルに水を入れて様子を見ながら、もぐらさんにはお引き取り頂いて穴を塞ぎたい。
ともあれいろいろと多忙なお盆やすみ。
昨日、今日は案外涼しくて朝は秋を感じますね。

山の日と…


野草の揺れる草原は懐かしい
何も持っていなくても日が暮れるまで遊んでいた子供時代。
危ないこともありましたが、怪我をしても命は落とさなかった。
そういう場所がまだ残っていると安心する。
今朝散歩に出たら、エノコログサの草原が真っ茶にされていました。
雑草=困る。という考え方から当たり前のように除草剤を撒く。
除草剤=毒である。
撒いた毒はどうなるの?
考えて欲しい。

植栽する前の土は砂のようにさらさらで乾燥していました。
植栽して手を入れるようになったら、切り戻して敷き込んだ枝や草によって土が蘇った。

紫陽花を切りもどした枝も、土やコンクリートの通路に敷いて堆肥にする。
雑草だって無駄に生えてないよ。
夏に綺麗に刈り取ったらパサパサな土が残ってそこにしか生きられない草が生える。
草を残せばそこに生物が暮らし、働いてくれるから土壌が豊かになる。
自然を見つめ、理解して、
人間中心の庭じゃない共存性の高い場所を作りたい。
今日は山の日。
なのに凄くがっかりな朝でした。

ルーフガーデンの実り


近くに行くだけで香ってくるイチジクの香り
今年はたくさん実りました。

食べごろになった巨峰はこちらで人気です。
リハビリで屋上に見えた方やこちらで働いて見える方々が摘んでいかれます。
わたしもちょっと味見してみましたら甘くて思わず嬉しくなりました。

四年目。植物も育ち季節を語ります。
台風直後に手入れに入りましたが、それぞれがしっかりと根付き安心な様子です。
秋になればオミナエシに並んでフジバカマの仲間たちが咲き出し、種でたくさん増えたグラス類の花も上がります。

あちらこちらで進行中の
草原プロジェクトにも欠かせない
コレオプシス。
乾燥しがちな屋上でもゆらゆらと咲いてくれています。
それにしても、この屋上のメダカ達は鮎の子供ぐらい大きい。
25匹だったメダカが今は300~500匹はいます。
群で泳いでいるのでスイミーな様子を見られます。
入院されている方やお見舞いの方、
病院で働く方が笑顔になれる場所。
炎天下手入れしていても苦にならない喜びがあります。

いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

お盆休業のお知らせです。


8月になり3日目です。
7月に何してたのかぱっと思い出せないほど休みも無く雨もなく。
10日から16日までお盆休みをいただきます。
5日土曜日のショップの日はお休み前苗の手入れをしようかと思っています。
お盆明けの19日土曜日ものんびり羊みたいに過ごしています。
よろしくお願いします。

いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

緑の花壇


愛鷹サービスエリアで見かけた緑の花壇。
よくみれば、植えたらしいトマトとツルインゲンの他はセルフ プランティング。
綺麗だなと写真を撮りました。
スベリヒユ、アオゲイトウ、オヒシバなど。
育つとこんな花なんだって思ったり。
葉っぱのバランスがいいですね。
こういう環境で育った野菜はひと味ちがうでしょう。
そう思った昨日の帰り道でした。


いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

おしゃべり講演会


6月の植え込みからひと月半。
(ハウスメーカーさんのご都合上、全体の写真は控えさせていただいています)
緑化フェアで使用した植物達とお手持ちの植物達はすくすくと育っていました。
傷みもなく、健康的に。
赤土と聞いていましたが、ほぼサバ土的な山砂。堆肥と砂を施し水はけの良い土壌を作った上で植え込みしました。
土作りは植栽の管理をスムーズするための大事な作業です。
その上に植生や色彩を考えた植物を配置していきます。
長年植物と付き合っていると触った感覚で植生というか植物が、何処に居たいのかがわかる感じがします。
昨日はこちらで見学会があり、関東周辺の設計士さん方40名が集まり建物と庭の説明を聞くという勉強会でした。
前日に急に言われた事もあり、何を話して良いやら…。
普段の講演では2時間の中でオーガニックのことや生態系のことなどお話していますが、15分より少ない時間でまとめるのは難しかったです。
15分はイントロダクションというか、まずは初対面の方々とのウォーミングアップ的な時間。
ちゃんと伝わったかどうかは…。
先日の日曜日の森のセミナーでも少しずつ距離を縮めながら2時間お話と作業をさせていただきました。
(基本、シャイなんです)

7年前に作ったイトコーさんのモデルハウスまわりの植栽デザイン。
手入れ後の様子です。
はじめの配置が良いと、維持も整えも容易です。

昨日、神奈川県ではお昼から警報が出るほどの大雨でした。
緑化フェアの打ち上げ会もあり、こちらに一泊しています。
今日はこれから苗屋さんを巡ります。

いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。