FC2ブログ

alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

明日から10月~~!早いデスね!


ユーパトリウムEupatorium coelestinum
零れ種と地下茎でバンバン増えて
優しいムラサキ色のお花を咲かせていますよ。
今日はとても涼しくて、お庭のお手入れには丁度いい日でしたね。
そんな日にわたし、パソコンと格闘していました(泣)
明日はお庭に居られるように
もう暫く頑張ってパソコンに向かいます。
明日は9時から5時までお庭。
週末の楽しみ、庭いじり。
アリスのお庭で。

Pietさん的植栽


Richmondの駅近くまでバスで戻る途中、ふと思い出して途中下車。
何気に気になる草むらみたいなところ発見。
植えたにしてはワイルド。
でも、とても好みでした。
目的地は違うお店でしたが、その前にこんな場所を見つけて嬉しい。


タワーブリッジ近くにあるPottersfieldは
Piet oudolfデザイン。
冬に見ても刈り取ることなく、
立ち枯れた風景が最盛期の余韻を感じる。
ヨーロッパの人々は草花の扱いが上手い。
見るものにアートを感じて生かす工夫があると思う。

ウィズレーガーデンでグラスのレクチャーをしていたJamie Butterwourthさん。
メヒシバDigitaria ciliates やダキバアレチハナガサVerbena incomptaを紹介していました。
どちらも日本では勝手に生えて雑草扱いとなっています。
でも、組み合わせによっては素敵に見えるため、そのまま利用しているお庭を思い出してしまいました。

こちらはセントパンクラス駅前の三尺バーベナVerbena bonariensis
お花の数が多いので人気があります。
ただ、時に花数が少ない方が大人っぽいお庭になる場合もあり、デザイン要素として原種的な植物も利用したいですね。

Googleなびでドライブ


イギリスでの道案内は携帯に入っているGoogle map。
Swindonでレンタカーを借りて、iphoneをメーター表示前に立て掛けて
バックギアの入れ方をチェックしたら、後部座席の皆さんのシートベルトの確認。
5名乗りの車で先ずはバイブリーまで走りました。
ちょこちょこあるroundaboutという円形交差点をマップの形を見ながら進みます。
結構この交差点が好き。
複雑なものや信号機が組み合わさっているものもあって、慣れないと怖いけど。
今回の道は2度目なので安心でした。
ただ、車が違うので肝心な時にiphoneがぱたりと倒れて見えなかったりして慌てました。
モーターウェイ(高速道路)に乗ってしまえば楽々。
出口を間違えてもナビが再検索してくれます。
間違えない方がいいのですが、調子に乗って喋っていて行きすぎました。
この写真はArlington Row にあるお家に蔦っていたクレマチス。
ふわふわの種と一緒に返り咲いたお花がとてもキュート。

その後訪れたバーンズレーガーデン。
エリンジュームのステムの色がとても綺麗でした。
こちらまでの走行時間は15分かかったかな~~?
なにせ、田舎道なのに50マイル(80キロ以上)表示してある。
時々30マイル、スローダウンとあるが50キロぐらい。
なので、後ろの車に追っかけられてあっという間に到着。
はじめは速すぎーと思うのです。
でもなれると、50マイルの50表示が50キロに思えてしまうから怖い。

ガーデンで素敵なランチをゆっくりいただきながら…
こちらは先ほど収穫したばかりのズッキーニの蕾の天ぷら。

運転手ですがちょっとワインもいただいたりしているうちに…
添乗員として焦る時間になる。
なぜなら、Highgrove(チャールズ皇太子のお庭)の予約時間が迫っていましたので。
あー別の日にすればよかったと思いながらも
デザートと娘を置き去りにしてHighgroveへ。
こちらは撮影禁止なので一切写真がありません。そして、
なーんと、私たち、遅刻しました。
セキュリティの婦警さんに「すみませーん、遅れました~~」というと
にこやかにノープロブレムで、とりあえず車を駐車場に停めたり
パスポートのチェックを受けたりして案内の方に連れられて開始中のツアーに追いつきました。
そこは丁度、チャールズ皇太子のWelcome Messageの一番最後の言葉の場面でした。
なんとかお庭のツアーはビデオ以外参加できてよかったです。
そして何よりも写真を撮りたかったのはガイドの人。
素敵でした。
ハイグローブは3回目ですが、毎回ガイドさんによってコースが違います。
そのことを伝えたら、「ニワトリの所でしょう?私はそこも案内したいから行くのよ。」と。
その方の話し方や口の動きがとてもエレガントで写真というより動画で保存したかったです。
ハイグローブでお茶をしてバーンズレーガーデンに戻り、
キープしてもらっていた桑のシャーベットアイスをちゃっかりいただいて、
Swindonまで戻りました。

ちょとずつイングリッシュガーデンへ


今週から始まったA様邸の石貼りと手入れ
こちらは手入れしていく過程で
お施主様のご要望を庭のデザインに沿って
叶えていくような造りかた。
何年かかけて少しずつお庭に変化が見られることが
楽しい。
パッと変えて暮らしを楽しむことも
少しずつ広げていく楽しみも
どちらにも基本的なデザインを必要とします。
ざっくりでもおおよそのゾーニング(配置)を決めて
後はご予算やご家族の予定にも合わせて
作庭予定を決めていきます。
画像の樹は始めに植えたものを含め、
次第に立派になってきました。
今回、更に3本の樹を植えます。
森になる日を心待ちに。

10月は毎週土曜日Shop Open


いつもありがとうございます。
そして、いつも閉まっててすみません。
10月1日の土曜日から毎週土曜日がお店の日です。
あちこち走り回っておりますが、
土曜日はアリスにいて小屋を愉しもうとおもいました。
以前はアリスの愉しみがいっぱい詰まった小屋でした。
でも、最近は忙しさに振りわまされてる気がして…。
私自身園芸を楽しめているのかな?って感じています。
イギリスで植物に触れる仕事に携わり、
それから改めて何がしたいのかと考えるようになりました。
小さな小屋で好きなことを好きなだけ。
平日できない事を週末ガーデナーさんになって。
今まで、月に一度手入れができたらいいぐらいなお庭。
これからは少しゆったりと過ごします。
土曜日は9時から5時まで開けています。
それぞれの時間をのんびりと過ごしに来てください。
私も好きな事をしていますから。
あ、時にお手伝い頂くかもです。
ゆるゆるアリスガーデンにようこそ。
土曜日はwelcomeです。
9時から5時まで。

秋の花


Anemone hupehensis var. japonica
雨が続いていますね。
夏の間、愛知のこの地域は特にずっと降っていなかったから、
ほっとするような、降りすぎて心配なような。
先日、少しだけ台風の片付けがてら周辺を整理しました。
シュウメイギク、いろいろ咲き出してて・・・
すご~く手入れしたい気持ちを抑えながら。

シロバナマンジュシャゲLycoris albiflora
彼岸花の白花です。うちの庭には白が似合うと思って植えてあります。
田んぼや土手に真っ赤に咲く赤花種は
もう秋なんだな・・・と季節を感じますね。
シロバナも毎年決まってお彼岸明け前後に咲きだします。

先週土曜日に豊田市にて下草の植え込みをしてきました。
少しずつ深まる秋に映えるように(西日も味方になるような)
毎年この季節になると一番きれいになる植物たちを盛り込んであります。
植物に触れる仕事
こういう小さな繰り返しがとても心地よい。
地面と繋がる時間が長いほどその後の幸せが広がります。

Cyclamen Hederifolium
つい2週間前に訪れたWisley Gardenにはシクラメン ヘデリフォリウムが可憐に咲いていました。
花が終わって結実すると花茎がクルクル巻くのも可愛らしい。
その姿からの名前というのも頷けますね。
=cycle

小さな町ライ


St.Mary's Churchの右手を入って行くといつも手入れされているフロントガーデンがあります。
St.Mary's Houseとありますけど・・・
個人邸のようですので立ち止まることはなるべくしないでゆっくり通り過ぎるようにしています。
もしお許し願えればメインガーデンが見てみたいと思えるエントランスです。
この道を少し下った曲がり角にはナショナルトラストLamb Houseがあります。
ここのお庭はそんなに広くありませんが、キッチンガーデンもあったり,
シェードありローズありのゆったりとしたお庭を見ることができます。
イギリスの作家ヘンリージェームズが晩年過ごし、執筆されていました。
お庭に出られる部屋がふたつ。
いいな。
行き来が幸せな住みか。

そして坂道に続く石畳
急な坂も多く、それゆえの玉石なのかと思うこと多し。
温かみがある表情とデザインに馴染むところからこの石畳をいろいろなアリスのお庭や駐車場で再現しています。

ライのお気に入り3
リップまで青いマーメードみたいな彼女。
街で出会ったらちょっと驚くかもしれないけど、話してみれば控えめで優しい眼差しで性格がわかる。
Knoops チョコレートミルクシェーキのお店。カカオの分量を指定できる。次回はホットでお願いしよう。

ライのお気に入り2
Rye Chocolate
こちらもオーガニックチョコレートを扱う小さなお店。
そして二度目ということもあってか娘とはfacebookの友達つきあいのお店の彼女はチョコレートを愛してやまない。
新作のコーヒーのチョコは私のお気に入りに加わりました。
IMG_5923_convert_20160920152119.jpg
ライのお気に入り1 MARINO'S FISH BAR
カリカリふわふわのFish&Chips
いつも出迎えてくれるシェフの腕と感覚、ポリシーからできる究極の味。
4時ごろからTake awayのお客さんが絶えない。
近くのこだわり餃子屋さんのような回転の良さ。
きっとまた来ちゃう率100%ね。

St. Mary's Churchの正面にあるお庭もまた私好み。
冬に訪れた時も綺麗だった。
ライに来たらこの周辺はどれだけ見ても、繰り返し歩き回りたいところ。
足裏のツボを適度に刺激してもらいながらも、そんなことに気がつかないくらい
惹かれるものがいっぱいありますよ。

BFG とQuentin Blake

IMG_6184_convert_20160918194342.jpg
昨日から公開の”Big Friendly Giant”を観てきました。
St.Pancrasの駅でこの絵を見つけて娘とふたりで喜んでしまいました。
なぜなら、この挿絵のかたの絵が好き。優しいタッチの落書き風。
少し前にケンブリッジで偶然見つけた展覧会からますます好きになっていました。
fc2blog_201303141741506f8.jpg
映画の巨人はクェンティンさんの描くように大きな耳を持ち、優しい目をしていました。
そして行ったばかりのロンドンの街などが映し出されて、まだそこにいるかのよう。
公開中のバッキンガム宮殿の場面とお庭の場面があって
今回行けなかったところを見ることができたかも。

BFGの作者ロアルド・ダールさんはイギリスの作家で、「争うことや殺し合いは愚かなこと」と、
そういったシーンはありません。

上映予告でスターウォーズなどの戦闘シーンが多くありましたが(私はこの手の映画は怖くて見れない)
そのあとの BFGにとても安心感を覚えました。

映像の中にある様々な古いものやドアの軋む音や床の具合や大きなオークの樹。
引き込まれていくうちに匂いさえ蘇る。

残念ながら、キングスクロスの展覧会には行けませんでしたが、機会があればまたいつか。



アリスツアーから戻りました。

ヘルシンキ経由でロンドンへ。
ヘルシンキの空港でトナカイの肉を食べてみました。
生ハムみたいになっていてお味は少ししょっぱめ。
パンとキノコとサワークリームがベストマッチ。
でも、サンタさんの相棒を頂く事にちょっと抵抗感はありましたね。

ハロッズに歩いて行ける距離に8日間ホテル予約しました。

ホテルは快適。窓からはV&Aが見えます。

2日目に出かけたフィジックガーデンで多忙なニックに会う事が出来ました。ピンクの彼女には連絡してありましたが…
チェルシー以来の再会に気持ちが高ぶって言葉になりませんでした。
この日はその後、バスやtubeを乗り継いでロンドンを観光。
観光案内は得意ではありませんが、皆さんとその日1日25000歩ぐらい歩いて有名どころを眺め歩きました。

その日のシメはレミゼラブル。予約してあった席はとても良く、舞台全体を正面から見ることができました。
映画が公開された時、ロンドンにいたので先に映画を見ましたが、それで筋をわかっていたため、楽しめましたよ。

3日目は電車に乗ってコッツウォルズへ。
スインドンでレンタカーを借りて先ずはバイブリーへ行き、30分ぐらい散策してからバーンズレーハウスにてハーベストランチツアー。
その日の参加者は10名のうち5人が日本人。
つまり、わたしたち5人が半数を占めていました。
と言うのも、このイベントは初めての試みで、あまり知られていなかったようです。
前回のブログへ

翌4日目はウィズレーガーデンのフラワーショウ。
ずっとお天気に恵まれて、青空にイギリス雲(笑)
昨年よりも暑くてはっきりした花色の印象です。
画像はpcから入れると時間がかかるので…
携帯画像が少なくてすみません。。

ウィズレーからタクシーでピーターシャムに。
ランチの予定をしていましたが、時間に間に合わず、軽食になってしまいました。キッシュのセットは美味しかったのですが…
ウィズレーを予定通り切り上げたのにタクシーがなかなか来なかった事もあって…
その間、レストランに電話を入れたのでキャンセルチャージは無かったものの、あのランチをみなさんに味わって頂けなくて…どんより。
ウィズレーに備えついてる無料の電話はフラワーショウなどの混雑時には特に余裕をもって。

5日目は小さな町ライへ
駅を降りてバスに乗ってグレートディクスターへいきました。
今年もこのトロピカルなエリアのダリアが綺麗です。
その日は何かでヘッドガーデナーのファーガスは不在で会えないと思っていましたが、数名のガーデンレクチャーの方々にお話しされている所でばったり。私たちも写真を撮ってもらう事が出来ました。

行きのバスに乗って再びライの町へ。
このバス、行き帰りの運転手さんが一緒で、バス停で待っていると「おかえり~~どうだった?」っていってくれますよ。楽しいローカルバスの旅です。
オススメのお店でfish&chips
ここでも顔を覚えてくれてなんだか温かい。

この石畳。「足裏健康地帯」と勝手に命名。
たくさん歩くけど解される感じです。

6日目はロンドン。
今回は同じホテルに泊まって日帰りの遠出を1日置きに組みました。
少人数の旅行は移動の荷物がネック。
自分だけなら安いホテルか部屋を借りて荷物置きにして地方に数泊する事も可能ですが、安全面から今回はやめました。
ですから長期連泊しても飽きない事と優雅さや快適さと立地を重視して選びました。
ロンドンに暮らすように…
ホテルの目の前はV&A。贅沢なエリアです。
この日はのんびり10時の開館に出かけて6階のファニチャーからセラミックを始めに順に階を降りて鑑賞しました。
残念ながらウイリアムモリスの展示は移動中で、ひとところでは見られませんでした。
でも、インフォメーションで点在している事を伺い、少しは見られましたから良いとします。

その後、お買い物。
急遽、ポートベローマーケットを見て回り、
それからバラマーケットで食材選び。
皆さんこの食材の多さに大変楽しまれていました。
なぜならこの後、娘の家で料理して食べることになっておりましたから、実際に買えて使える。
生憎の雨でバーベキューはできませんでしたが、
きのこや生ハム(マトンとビーフ)チーズ、イチジクなどを買って来て更にスーパーでダックやワインなどなど買い込んでちょっとしたディナーとなりました。
ディナーの前にハムステッドのアンティーク通りに寄った事も付け加えておきます。

娘とふたりで作っていましたので写真がこれだけ。
しかも私が急いで盛り付けましたから…
鴨のソテー?オカヒジキとワイルドマッュルーム、ビーツ、紫イモ、紫と人参などのプレートベリソース添え
このほかにサラダと生ハムとイチジクのプレート
マッスルのクリーム仕立て
お料理の学校に行っていて良かったな~~と思う時間でした。ムスメがね。
盛り付けも頼めば良かったな。

7日目は朝からコロンビアロードマーケット
マーケットの賑わいと売り手の掛け声を味わいに。
通り沿いの店舗や路地のお店も見て回り、お気に入りを見つけたりして楽しまれていました。

その午後出かけたベスチャトーガーデン。
意外とここは落ち着いた色の季節になっていました。
もう少し寒くなるとグラスの色が深くなって幻想的になりそう。
ユーコミスのお花が長くて面白かったな。

長い1日の最後は居酒屋。
娘が働いている日本食料理のお店で久ぶりのお寿司。
タイ料理もサービスしてもらっていろいろ美味しく楽しめました。
日曜日でお店は満席。
予約しておいて良かったな。
そうそう…
お隣の席の他国籍の人達がお味噌汁をとても幸せそうに味わっている姿にこちらまで嬉しくなってしまいました。

8日目はいよいよ最終日です。
この日はお買い物予備日。
行きそびれた所などまわりました。
コベントガーデンでは丁度アンティークマーケットの日でした。
ピカデリーでフォートナムメーソンやチーズやさんの後で行きつけのイタリアンにてランチ
リージェントストリートからのリバティー
ボンドストリートからのヒギンス

街観光はあまり得意ではないので、ロンドン在住の娘とMちゃんにご協力いただきながらセントラルロンドンを歩きました。

そして最後の夜、
感動の歌声でこの旅が更に思い出深いものになってくださればと思います。

お天気にも恵まれて、本日無事に帰宅出来ました。
また明日からよろしくお願いします。

帰国中

たくさんの秋を鑑賞していまから帰国します。
今年はとても暑いイギリスでした。
でも、まだ良い方だったかも。
今晩から31度という暑さが来るみたい。
私達は逃げるように日本に戻ります。
では、帰ったら。

アリス英国ツアー中です。



5日発のイギリスツアー。アリスのお客様3名というとても自由な旅をしています。
写真は3日目のバーンズレーハウス。
ヘッドガーデナーさんをはじめ、そこで働いているガーデナーさんと一緒にハーベストランチ。フラワーアレンジもお料理もお庭から。
上の写真のお肉はチキンブレスト。
わたしの大好きなオカヒジキも一緒に調理されて、清々しい秋空の下でミツバチの羽音と共にみんなでお外ランチしました。

秋のお庭はとても熟成された感じ。
春から育ってきてようやく自由に自己表現してる気がする。
わたしのお仕事的にも行きやすいし、
暑い日本の夏から少し解放される。
今、遅めの電車移動中。
ライに向かっています。
ロンドンより少し涼しいはず。
今年は汗ばむほどの気候。
何かが変わってきたのかどうしちゃったのか。
お花の色は濃い気がします。
大興奮の日々。
疲れを癒すのはホテルのベッドと次の日の期待かな?

苗の整理と草の利用

台風の朝、美しい朝焼けで目が覚めました。
愛知県ではまともに雨が降らず庭の水やりが必須です。
雨さえ降れば潤う土壌、真夏以外はお庭全体に潅水ことはありません。
8月初旬よりカツラの葉から甘い香りがしています。
本来なら紅葉期に香るのですが、近くにパティスリーがあるかと思うほどです。
良い香りですが、水が足りていない危機感も。
北のほうでは台風で多大な被害も受けらて大変な思いをされていて、また南の熊本ではまた地震。
災害は忘れた頃と言いますが、忘れないうちに何度も繰り返されては心身ともに辛い。
被害に遭われた方々には心よりご冥福とお見舞いを申し上げます。
早く、平穏な暮らしに戻れますよう。

一方、雨の降らないこの地方の夏(ここ数年間)
地面からの水分の蒸発を防ぐ為に切り戻した枝葉を敷き詰めています。
とても効果的なオーガニックガーデン。
色々思いつく事を実践しています。
先ずはアリスの庭で実験。
毎年ふかふかな土も作ってくれる優れもの。
今年はお客様のお庭でも実践しました。
毎年小さな積み重ね。
お庭がふっくらしてきたら夏でも定期的に雨が降ってくれたら水やりが軽減されると思います。
今日は岡崎から戻り次第、アリスの苗場の整理をしながら草を敷いていきます。
お手伝いくださる方はご連絡ください…うめジュースサービスしまーす!


応援よろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。