FC2ブログ

alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

岡崎のお庭



石積みが完成しました。
小さな穴はキャンドルを入れたり多肉を置いたり…
大きめの石を出して座れる様にも。
石の強度やバランスを見ながら作成していただきました。

アリスガーデンのタクヤも一緒に。
とても美しいカーブを描くようにお願いしました。
お庭の完成はまだ先ですが
ひとつひとつの出来上がりをとても喜んでくれる
お施主様。
奥様の念願だった石積みに植物を纏わせていきます。
お庭にはたくさんの植物が植えられていますが
足したり引いたりしていくため
植栽は晩秋以降となります。
来年の春には多くの植物たちがこのお庭の
新しい環境で伸び伸びと育っていくように。
そして、昨日よりテラスの石貼りの支度が始まりました。
元々はウッドデッキでしたが、床が抜けるほど老朽
全て取り外し、石のテラスをデザインしました。
こちらの仕上がりは来週。
台風の影響が心配ですが、ひと雨欲しいところです。
アリスガーデン営業日について。
お店にご連絡いただきまして、ありがとうございます。
毎日施工先に出かけていること、手入れ等の為、しばらくの間不在です。
申し訳ありません。
お問い合わせフォームからご連絡頂くか、
お電話でご確認、ご相談ください。
よろしくお願いします。
本日のスケジュール
朝から岡崎のお庭
10時よりアリスにて作業
1時半より3時ごろまでアリスツアーの打ち合わせ
それ以降6時までアリスにて作業
ご来店の際はご連絡後、作業時間に来ていただけたら助かります。
よろしくお願いします。
ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お庭つくってます。


台風が関東に迫り来る日、
愛知県はその余波の風と曇り空の下におりました。
台風の被害がどうなのか気になりながらも
確認出来ないまま、目の前の仕事を見つめておりました。
3トンの石を選別し易いように並べる作業から
空積みでも崩れないようなコツと技。
配置と見えかたなどをリクエストしたら
仕上がり途中を眺めては微妙なお願いを時々。

風通しは良かったのですが、すごい汗ですね。
これだけの石が、積まれるとコンパクトになるのは
不思議な感じです。
まるで、部屋中に広がった荷物を
スーツケースに収めるような感覚。
そちらはちょっと自信があるんですが、
石積みはやはりプロにお任せして。

全国で引っ張りだこの神谷くんとわっしーくんに
アリスのタクヤも参加しています。
石を割り、接合部を多くして強度を上げます。
手慣れた作業を見ているのも気持ちの良いものです。
明日も朝から石が積み上がるのを楽しみに。
私は明後日の講座の支度と、手入れにまわります。
北風と太陽さんの講座はすこし余裕があるようです。
ご参加をご希望の方はこちらにお問い合わせ下さいね
楽しく終了しました、次回は秋です。

プログrankingに参加しています。応援click宜しくお願いします〜
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

バードウォッチング

メジロ
ヤマガラ
昨日と今日、アリス小屋からたくさんの鳥たちが見えました。
窓から眺めていることを気付かれないように。
チチチっと鳴き声が聞こえると
打ち合わせ中でもバードウォッチングに切り替え。
可愛らしい動きをしばらく見ていたい程です。
次のアリスのお店のオープンディはまだ未定です。
お庭のご相談等はお問い合わせフォームからお知らせくだいませ。

ブログrankingに参加しています。応援click宜しくお願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

本日、10時から3時まで


昨年9月のベスさんのお庭に今年も。
あと2週間程に迫った、イギリス案内人。

知り尽くしているわけでもないので
何度も行ったところをご案内します。
ひとり旅感覚を味わいたい皆様でしたので
ロンドンのプランはゆったり目にエリアわけのみ。
気になった場所にちょっと立ち寄ったり
ガイドブックは参考までに。
公園をお散歩したり、走ったり。
疲れたらベンチで休憩。
お気に入りのレストランでランチして…
そんな市内散策です。

今日は工事が一段落したので
アリスにて旅の栞や工事の詳細確認など
昨夜から作っています。
3時まではアリスにいますから
お庭のご訪問が可能です。
因みに明日もおります。
3時までです。
いつも留守ですみません。

来週は
ほぼ、ずっと工事と手入れに走っています。
24日はアトリエ北風と太陽さんにて
講座があります。
暑いので気合いで動いております。
今日のアリス作業は身体への労りと
気力のアップに繋がりそう。
久しぶりに鳥の様子を眺めながら…。
ふらりとおいでください。
小鳥とお待ちしています。

ランキングに参加中です
おかげさまで最近書くのが楽しみになっています
1click応援よろしくお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

なんとなく、集中豪雨。

昨日も今日も暑かったですね。
月曜日からスタートしたお庭へは朝から出向き、職人さんたちにいろいろお願いしたりしながら、工事に影響する低木などを掘り取るための剪定などしています。
今日はお昼からガーデン誌の方が来てくださる予定になっていましたので早めに戻ったのですが、途中アリスの近くで集中豪雨。
とてもとても久しぶりの土砂降りに車内からウキウキしていました。
どれだけの雨が降ったのかはわかりませんが、いつもならお昼からしんなりしているヤマアジサイの葉がピンとして気持ち良さげでした。
ガーデン誌の方とお話ししているあいだ、カメラマンの方は雨上がりのムンムンなお庭の写真を撮られていました。
夏の木陰ばかりのお庭で、目立ったお花はありませんけど、どこか素敵な所を見つけられたのか長いあいだお庭の撮影をしていただきました。
ありがとうございます。
その後、現場に戻りまして今日の作業は終了。
仕事を終えて見上げたら、綺麗なモクモク雲でした。
あー。明日も頑張ろう~~。

自分の身は自分で守る


今日も暑かったですね。
お休み明けの1日外仕事…
どうかなっちゃうくらいの時もありました。
どうにか生きています。
あまりの暑さに避難する場所作りをしました。
元々あったまだ小さなトネリコの枝を切って
木陰を作り、更に…
お施主さんのベンチを配置して
日除けのスペースを作ってしまいました。
朝から夕方まで気持ち良い風が行き交う場所です。
仕事を終えてアリスに戻るとやはり水不足なお庭の植物たちが葉を縮ませて耐え忍んでいました。
葉を落として蒸散に対応していたエゴノキも。
この様な状態はしっかりと根を張って生き延びようとしているということ。
逆に枯れた植物は直ぐに葉を落とせません。
葉を落として蒸散を防ぎ、幹に水分を保ちます。
葉を落として足元の水分を保ちます。
そうやって生きています。
葉を虫たちに提供する代わりに、土となる糞をもらう。
みんなで助け合い生きる。
先ずは自分の為に。そして知らないうちにまわりのにも。
素敵な助け合いはとても自然ですね。

写真の整理と


チェルシーから随分経ってしまいました。
帰ってからは仕事と暑さに追われて毎日がヘトヘト。
お盆のお休みに少し写真の整理をしました。
じっくりと見たのは帰国後初めてです。
遠くでこちらに向かって手を振る人を見つけては
あの時間を思い出します。
本当に素晴らしい日々でした。
私にまだこんなに気力と体力があったのだ。
毎日そう感じました。
でも、慣れていたらもっと出来たのにとか
ネイティヴ並みだったらもっととか…
満足できてない自分はいつもいました。
また次があるのなら
次はもっともっと風のように蝶の様に
お庭になびきたい。
そんなことを思いながら。

良き友とこの時間があったから今の自分がある。
過ごして来た時の小さなコマが
人生の先に繋がっていきます。
明日から、また素敵なお庭作りが始まります。
1日いちにちを精一杯。
時に立ち止まり考えて
自分に自信をもって前に進みたい。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

夏のヘルプ




昨日、夕方お庭に出ましたら紫陽花やフジバカマなどがしんなりしていました。
風もあって涼しい天候でしたが、一部朝晩の潅水が必要でした。
8月に入るまではそんなに気にしなくてよかった水やりですが、やはり8月と9月は植物の様子を見ながらヘルプします。
自然な環境を基本にお庭つくりしていますが、環境に順応するまでは手助けが必要と思っています。
やり過ぎず、手助け程度に。



当初、小さな苗から育てた樹々も大きくなって、表面も土壌の状態も変化してきています。
山の生態システムをイメージしていくと、数年経って枯れるのも生き延びる事も当たり前なこと。
自然に行われる水のリサイクルも大自然の環境あればこそです。
その一部を切り取って何かに利用すれば、修復するのにどれだけの時間がかかるのか。

造成された自宅の庭を土から考えて、小鳥のさえずる気持ち良い場所にしたい。

その気持ちから環境への一歩を踏み出すひとが増えたら、きっと本当に綺麗な場所が広がると思います。


オーガニックガーデンブログに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

陶芸


アトリエ北風と太陽さんのオープンから3ヶ月
やっと陶芸教室に参加出来ました。
アリスのお客様から室内のグリーンをご依頼頂き
サイズやイメージの鉢に出会えなくて
それならばいっそ作ってしまおうと。
陶芸の先生のご指導と一連の工程の楽しさでアイディアも膨らんで。
今回は鉢カバーなので水が抜けない代わりに
鉢の中で中の鉢を少し浮かせる工夫をしました。
ひんやりした土を手に取りながら
いつも触っている庭の土とは違った感触。
ヒトの知恵と自然が作る優しいもの


創作意欲が湧き上がる時間。
庭から離れているわけでもない感覚の共有というか
次はろくろに挑戦してまあるい鉢を作りたい。
アリスの押印も作って…たのしみ。
アトリエ北風と太陽さんに感謝です。

夏の作業summer gardening 

今年のヘリアンサスはいつもより小柄。
昨年あんまり伸びるので今年は6月ぐらいに一度だけ切り戻した。
夏は切り戻したり、増えすぎた草木を少しスッキリさせると見た目も綺麗です。
切った植物はどうしていますか?
たくさん出ますよね。
私はその場で小さく刻んで植え込みの中に敷きます。

むき出しになった庭の小道や土が見えている植え込みの中は炎天下にさらされて水分も飛びやすくなっていますから。
出来上がったコンポストを暖かい時期に敷くのはカナブンの大発生につながります。
切り取った草木のはまだ熟れていないので普通に虫の棲家になり、その場でコンポストを作ります。
切るたびに上に重ねるのでひと月後には一番初めの葉っぱ達が形を変えて土に還るころです。

グランドカバーのあるところは避けて、剥げてきちゃった所に薄く敷きます。
今年はアリスの教室をなかなか開催できませんが、8月24日に「アトリエ北風と太陽さん」にて夏のお庭の講座と共に苔玉作りをします。
講座は2000円、苔玉は500円。
苔玉のみの参加は出来ません。
詳しくはお問い合わせください。

山の日はアリス小屋で。

ID:clqt5s

明日は山の日という祝日だって。
すみません。知りませんでした。
なので明日はアリスガーデンお店開いてます。
山の日なんていい響。新しく仲間入りした祝日は
アリス小屋で野鳥観察する予定。
写真は4年目の屋上のお庭
めだかとは思えないサイズの魚が群れで泳ぎ回っています。
はじめは25匹の普通のめだかでした。
今はたぶん、300以上はいる感じ。
毎月お手入れに伺うのが楽しみです。
伸びた植物にハサミを入れて整えて、夏は切り戻した茎や葉を小さく刻んで土の上に置く。
株元にはたくさん置かないことがコツ。
コンポストになる植物の根がつかない様にしながら。
自然のマルチの応用編。このやり方で随分水やりも楽になり土の様子も良くなります。
今日も暑い日でしたが、手入れのしめのメダカ池のお掃除で長靴でザブザブ水に入ったり、散水機の調整で水浴びしたりで気持ち良い時間も。
明日は旅の栞や取材記事の写真の仕度。
目を休める時間にバードウォッチング。

屋上になってたぶどう。
病院の方も召し上がってみえるみたい。
ひと粒頂きましたよ。
しっかりめで甘い巨峰は種ありです。
屋上の楽しみが増えてきましたね。


alice open days



お店の開け方…
毎日前日に翌日の予定をご案内します。
もし、ご予定が合えばご来店くださいね。
イベントのご案内も参考になさっていらしてください。
明日、8月8日から3日間はオープンしています。
12日から15日まではお盆休みをいただきます。
よろしくお願いします。

東ロンドンのお庭とチェルシーの不思議

IMG_5890_convert_20160807212353.jpg

IMG_5880_convert_20160807212157.jpg

チェルシー設営後、訪れたDalston Eastern Curve Garden

先日、お友達と話していて思い出した場所。
計画立てていった場所ではなくて、今回のチェルシーで出会った素敵な方との待ち合わせ場所でした。

訪れる人はいろいろで
そこに用意されている手作り感あふれる大きなクッションを
思い思いに使って寝そべったりしています。
カフェスタンドもあって1日のんびりできる空間。

廃線跡の廃墟を再利用して2010年に始めた地域住民のコミュニティーの場です。
最近、国から退去を求められていましたが
この場所が地域に愛される憩いの空間ということと、人気があることで存続できることになったとのこと。

こういう場所を作りたい。
思い切って自由に。
アリスの庭を早速、近いうちにこんな空間に。

少し足を伸ばせばビクトリアパーク。ここは知らなかった。
彼女が今回出かけるときいていつか行こうと思う。
だって、そこから少しのところにオリンピックパークもあるし、
次回行ってみることにする。

IMG_5714_convert_20160807212635.jpg

チェルシーといえば、こちらのお庭で「あの石は本物か?」と質問した結果
本物だった。
彼はこの日のお庭番くん。
シャツがとってもお似合いってことで写真を撮らせてもらった。

デザイナーは別の人でどちらも親切でした。

親切ついでに内緒な話で「石を支えてるのは鉄のフレーム」と。
なるほど。よくわかりました。
木造ではやっぱり不安な図です。流石、ショウガーデン。

本日、アリスのお庭番はTAKUYAくん。
早速ご来店のお客様、ありがとうございます。
本日4時まで営業中です。
バードウォッチングは午後がオススメ。
でも4時からは打ち合わせのため出かけちゃいますのでそれまでにどうぞ。




旅の計画

IMG_3005_convert_20160806145828.jpg
昨年9月、数年ほど前からリクエストがあったアリスのイギリスツアーの下見に出かけてきました。
その時の様子はこちら
たくさんの方をお連れする勇気がなくて今まで時間ばかり経ってしまいましたが
来月3名のアリスのお客様方をお連れしてイギリスに向かいます。
IMG_6679_convert_20160806150223.jpg
旅の計画。。。「アリスさんみたい」な旅ってなんだろう。
考えてみたらあまり計画していない。
でもなんだか行きたいところに行けてたくさんの人に会う気がする。
ある意味、この旅は私の旅を振り返るきっかけにもなったと思います。
IMG_5471_convert_20160806153315.jpg
イギリスの8月から9月は植物が夏から秋に移行する時期です。
しっかり秋になるのは10月頃で、末頃から紅葉が始まるようです。
初めて渡英したのは14年前の8月17日。
その時とても驚いたのが初夏の花木やお花と秋の風景が重なって見えたことです。
日本でも涼しい地方ではそういった光景が見えるところもありますが、
ロンドンの街の公園でそれに出会ったことが新鮮でした。
IMG_6117_convert_20160806153647.jpg
はじめは・・・旅行会社さんにも声をかけました。
旅の希望を拾い出していく・・・全てこちらで決める・・・
リクエストが多いわけでもないのに高くなる。
当たり前のことですけど少人数の旅行でわがままプランでいくのは団体旅行のようにはいかないですね。
まあ、そのうちに楽しくなってきてグーグルマップで小旅行しながら
日帰りでも楽しめて毎日充実できそうなプランを作成しました。
昨日、2回目の旅行会議。
皆さんもういった気分で盛り上がっていましたね。
意向が揃ったところで追加の手配。レストランをインターネットで予約したり、レンタカーを手配したり。
この辺りは一人でもなんら変わらない作業なので手馴れてるなんて自分を褒めながら。
IMG_6909_convert_20160806163138.jpg
Barnsley Garden では1日だけ収穫祭的なイベントがあってこの日に合わせてコッツウォルズにいく予定を立てました。
この日はチャールズ皇太子のお庭のツアーも申し込んであるので、あとはレンタカーでのどかな景色を満喫していただく予定です。
ただ、Barnsley Gardenの予約のメールが返信されてきたのが昨日で、
それには『電話して仮予約してね。』と書いてあったので頑張って電話してみました。
ご婦人が出られてわぁぁっと早口でいったあとで名前と予約したい旨を話したらまた早口で一気に
「あなた泊まったことありますね~今度は何人で見えるの~?」って言われて嬉しくなってしまった。
その後も支払いやアレルギーの有無、11時からの予定内容などなど途中早すぎてわからないことは
say again してもらって予約完了。
最後におきまりの楽しみにしてるわーと言い合って終わり。
国際電話なのでなるべく短時間で完了しました。
IMG_6333_convert_20160806153420.jpg
イベントといえば、昨年も行った Wisley Garden Flower Show に今年も行きます。
ショウ自体は大きくないのであとはいつも素敵な広いガーデンをまわります。
メドーガーデンのこんなところも実は気になる場所。
どうしても踏まれてしまうけどそれでも存在できるタフな植物とか。
IMG_3362_convert_20160806165922.jpg
英語圏の子供にわかりやすく、絵や大きい字で表示されているので理解できると嬉しいと感じる。
英国では子供の園芸意識を高めることにも深く取り組んでいるガーデンが多く
チェルシー薬草園やキューガーデンにも授業として訪れている様子をよく目にします。
アリスでも時々PTAの方向けと子供さん向けに出張講座をしますが
植物を育てる時間を取り入れていくことでいろいろな気づきを覚えて欲しいと話しています。
IMG_5511_convert_20160806153522.jpg
今回はロンドンに拠点を置いていろいろな場所に日帰りでいくプラン。
Ryeも日帰りで行って来れます。
欲ばれないけど、荷物は常にロンドンの部屋にあるから小さな荷物一つで身軽です。
参加の皆さんは「ロンドンのお家」と楽しそう。
いく前からワクワクなメンバーです。
つい最近、子育てを終えられたとはいえ、ご家族のご理解とご協力あっての楽しい旅です。
来年の計画も始まっていますのでご参加をご希望の方はお問い合わせくださいね。
参加人数に合わせて旅の計画をいたしましょう。
画像は全て昨年9月のものです。

8月


急に暑さを感じる夏の日、8月が始まりました。
外仕事は慣れてしまえば時々吹く風に幸福感を味わいながらも作業する事が出来ます。
先日、プランに集中する為に初エアコン。
涼し~。調べものとかお絵かきのときはいい。
設定温度は高め。
それなのにお腹が反応してしまい、それっきり。
反応と言えば、はっか水を作りました。
ハッカ油と無水アルコールと水だけで蚊が…よって来にくいみたい。それより、スースーして涼しいの。
蚊取り線香を腰に下げて作業をするするのが一番効果的で安心。スモークされれば蚊も諦める。
プラススースー効果でアジアの夏を乗り切ろう。
今日も蝉が凄い。お昼からは少しおとなしくなって鳥が来る。棲み分けしてるのかな?
早朝からロンドンの娘のと旅行の件で電話していましたが、「何?」って娘。
気付けばジャージャー蝉の声。
「電波障害かと思った」と。

蝉の抜け殻が3つも付いてます。
この前遊びに来てくれたボクちゃんは袋にたっぷりお持ち帰りしてくれましたよ。
お店はぼちぼち開けてます。
時々、生存確認(笑)に、来てくださる方も。
手入れの日は一日中誰も残れない日もありますので、ご来店及び生存確認をご希望の方は、お電話でご確認の上どうぞ。できるだけ前日または計画を立てるまえにご連絡くださいね。
よろしくお願いします。基本毎日開けたいのですが、外のお仕事もありますので。

旅のプランが現実的になってきました。
9月5日出発
ホテルはサウスケンジントン。以前泊まってとても気に入りました。
翌日6日はロンドン市内のガーデンを廻り、観光地をチラ見して夜はミュージカル。
7日はコッツに日帰り、national railとタクシーでBarnsley House を目指します。HIGHGROVE で2時間のガーデンツアー、その後チラッと観光。
8日は開催中のウィズレーのフラワーショウへ行き、リッチモンド周辺ピーターシャムナーセリーズで遅めのランチの後Kewへ。
9日はライへ。Dixter に行って戻りオススメのfish &chips をレストランで食べて小さな街をゆっくり巡ります。
10日はマーケット巡り。アンティークや食材を買ってロンドンの娘の家でラフなディナー
11日はコロンビアロードマーケットからのベスチャトーさんのお庭へ。
12日はホテル近くの気になるお店や美術館に出かけ、夜はまたミュージカル。
13日の朝ホテルを出てお昼の便で帰国します。
今回のたびは少人数な為、動きがスムーズ。
ひとりとは違うけど楽しく動けると思います。
ロンドンに住んでいる様に気楽に行ける街を身軽に廻るというのが今回の楽しみ。
ホテルの部屋は8日間自分の家のように花を飾ったりいろいろレイアウトしてみる。
毎日綺麗なものや街の人々との出会いを楽しみに、たくさん歩き、美味しいものを食べて飲んで。
言葉の前に気持ち。
欲しいものをオーダーする…
コミニュケーションもだんだんできるようになります。
暮らすように過ごすロンドンはきっと帰国後の生活にスムーズに溶け込むと思います。

「アリスさんのような旅」はとても身近です。
来年のツアーもできるだけ少人数がいいな。
7月のリクエストもありましたので、7月と9月でもいいかも。
リクエストお待ちしていますね。
Tsuyako Asada

該当の記事は見つかりませんでした。