alice garden

organic alice gardenの暮らし
MENU

春のしたく


春のように暖かい日。
お庭に堆肥を撒きました。暖かい日差しを重ねた落ち葉で閉じ込めて、ほかほかな土作りは春のしたく。
今年初めて目にした菫の花。オルラヤのこぼれ種からはたくさんの葉っぱが一面に広がっています。
刈り込んだ駐車場には何種類もの草花が咲き乱れる予感。
自然の形を邪魔した分補って、共存共栄のお庭作りです。

バラショウのカテゴリー作りました


あの日のアリスのスコーンの香りが思い出されます。素敵な思い出はそのままに…。何度も描き直したイメージ画。
残念なことも乗り越えて次のステップに上がりますね。支えてくださる方に感謝を込めて。

リース教室とその他教室のお知らせ


リース展に向けて制作中の作品たち。

2月の教室は満席になりました。
ご参加ありがとうございます。
今回お席がご用意できなかった方には大変申し訳ありませんでした。
材料はすべてこちらで乾かしていますので次回のために今から集めて乾燥となります。
5名様から8名様までのグループ参加の場合は日時をご相談の上別クラスを作ることが出来ます。ご相談ください。
また、「じぶんでお庭つくり講座」「ハーブレシピ講座」「ガーデンイラスト講座」も開催予定ですのでご興味のおありのかたはお問い合わせくださいね。
講座には季節によりできないものもありますのでご理解くださいますようお願いします。
お問い合わせ先080-4302-6581浅田までどうぞ。
3月12日は都合によりにより延期になりました。次回の日程が決まり次第ブログにてお知らせいたします。

リース教室とWreath Gallery


2月13日(木)14日(金)15日(土)10時から16時までリースの展示販売があります。前回、完売でお買い求めになれなかった方は13日にいらしてくださいね。

(先日ご来店のかたには1月31日と2月1日とお伝えしましたが、多忙の為リースが揃わない心配が出てきましたので教室後となりました。ご了承ください。)

12日は10時から12時までリース教室があります。一本一本生け込むように作るアリスガーデンのナチュラルリースをご体験ください。
会費¥2800 定員8名様
内容…ドライフラワーの作り方
ドライになりやすい植物の紹介
リース台の作り方
リースの作成
こちらの教室は満席となりました。
ありがとうございます。

シモバシラの氷柱


シモバシラの氷柱

アリスのお庭の絨毯にも白い氷の結晶がいつもとは違った情景を見せてくれました。
昨日の朝は一段と寒さ増して、辺り一面真っ白でした。
お庭を一巡りすると「あら?」と思うところがありました。

これはシモバシラ(霜柱、学名:Keiskea japonica)というシソ科の多年草で、冬枯れした茎の道管に根から吸い上げられた水分が凍って、更に裂けた茎からにじみ出た水分が凍ってできる現象です。
それは薄い氷の層が縦に幾枚も重なっていて、このまま溶けてしまうのがもったいないほど美しいものでした。

寒い朝


こんな霜柱があちらこちらに。
苗のポットの中もサクサクになりました。
10時ごろから少し暖かくなり、浮き上がった土をそっと押さえて廻ります。
この季節は何も生えていない苗ポットの土の中の存在が重要です。
春になったらちゃんと芽が出て、お庭に緑の潤いを見せてくれますように、大切な冬の管理。

ポットの中ではしっかりと生育中。
愉しみな発見。嬉しい瞬間です。

該当の記事は見つかりませんでした。