alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

11月のスケジュール

11月の予定をアップしました。
11月のスケジュール
14日の寄せ植え教室は7日までにお申し込み下さいね。鉢を持参される方もサイズなどをおしらせください。
20日のハーブレシピは「ガーデナーズ スコーンとスープ」の教室です。そろそろスープの季節ですね。寒いお庭でもあったかいトロトロスープでお庭仕事もはかどりますよ…。

そして、オープンガーデンのお知らせです。
11月22日と23日の10時から4時までです。詳細は決まり次第ブログにてお知らせします。

ただいま、アリスガーデン。

一昨日、22日午後22時に帰宅しました。
秋のイギリスを2週間駆け回り、ますます好きになりました。

ハイドパークのお散歩は寒さを感じることなく気持ちの良い時間。


閉園直前のフィジックガーデンで出会った夕日


素敵なハンドワーク


仕事帰りの人々で賑わうパブ

今回もたっぷり充電してきましたので創作意欲も満タン。
またしばらく頑張りますね。

ポターさんに会いに



ユーストンからグラスゴーゆきのナショナルレイルに乗ってと3時間余りで景色は随分変わりました。グレーな石のお家と高めの丘…。羊や牛や馬たちがのんびりの風景。


夏は日本人の観光客が多いためか船やバスの運転手さんが日本語で「どうぞ~」とか言ってきます。
ここからバスでボーネスの船着場に行きます。



船とバスのセットチケットを往復で購入して船で20分くらいで対岸へ。
雨が降っていなかったので外の席に座り気持ちの良い風にあたりながらのクルージング。景色も良くてぼんやりリラックス…。



対岸で待っていてくれた小さなバスでヒルトップへ。どんどん登り文字通り丘の1番上のほうです。



結婚100周年の今は亡きポターさんご夫妻のお家を見に来てよかった!
のどかな風景…
少し離れたギャラリーにもいき、実際に使っていた絵の具も見ることができました。

キノコ


キューガーデンの夜の講座。
会員になるといろんなレクチャーの案内が送られてきます。秋のレクチャーの中でも人気のキノコ。
綺麗なものからそうでもないものまで多様です。キューのスタッフさんも大勢見えていて、質問の時間が止まりません。私も幾つか質問させていただきましたが、菌の世界は奥が深くて学ぶ楽しみが増えました。

なんだこれ?なキノコも先生はビューティフルと言っていて、若干違和感がある場面もありました。
で、私の質問…
食べれないキノコの見分けかたは?という質問に
バラマーケットなどで売ってるキノコが安心と…。

パブ


シェアハウスの近くに毎日とても賑わっているパブがあります。

ワインも料理も美味しく、一人で来るにはちょっとさみしいけどカウンターのお姉さんがベストチョイスと言ってたチョリゾーは本当に美味しかったの。赤ワインはメルロー…。イギリスのパブのワインはハズレ無しです。

今日はベスさんのお庭とフィジックガーデン、そしてキューガーデンのレクチャーと走り回りましたので、ワインがわまります(笑)
明日はフィジックガーデンをもう一度見て、お友達のお家にお泊りします。

コッツウォルズのお庭


来週まで公開中のロイヤルハイネスのお庭「ハイグローブ」
2時間のガイドツアーを申し込んで15名ほどの方々とお庭巡りをしました。
ガイドさんの英語は私のために?というくらいわかりやすいものでしたが、わからない単語も多く、後から娘に確認しながら巡りました。

英国王室のお庭だけあって警備は厳重。ゲートでポリスのチケットとパスポートのチェックを受けて駐車場に向かいます。カメラ類は全て車に置き去りにすることが入場の条件。
駐車場の羊さんを写してきました。
科学的な栽培に疑問を抱き30年前から始めたオーガニック栽培は順調に進み、イギリスの人々への影響力も高いため、時間指定されたガーデンツアーは人気です。ツアー中他の時間帯の方とすれ違いましたが、幸せそうな笑顔を見せていただきました。



翌日はもう、15年ほど前から憧れていて私のガーデンデザインの先生とも言えるローズマリーベリーさんのお庭「Barnsley House」
宿泊先のテットベリーから30分ほどの距離でバイブリーの近くにあります。
計画ではバイブリーのにも行く予定でしたがあまりにも居心地が良くてお昼前からガーデンを散策してランチをゆったりといただき、またお庭…。
今は亡きローズマリーベリーさんがきっと楽しまれながら作ったお庭に佇んでいるとふっと彼女が降りて来ている気がしてなかなか帰る気がしませんでした。






該当の記事は見つかりませんでした。