alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

明日から新たに


ウイリアムモリスの過ごしたシッティングルーム。ここのお部屋でくつろぎ、庭の見えるお部屋で植物を眺めデザインを描いたのだそう。お庭にはアカンサスモリスも植わっていました。



フィジックガーデンのピオニーの力強い芽吹きにゾクゾクします。

明日から4月。私の生まれ月でもあります。そのためか春の日差しも雨も土の匂いも好き。何かを思い出すのかしらね?
様々な色で芽吹く時、落葉樹が一気に水を吸い上げ、蓄えた力を放つ…。そんな春に新しい事に挑戦しようとしています。
イギリスに生活して気づいたことが前々から感じていたことのヒントとなりました。
もっともっと暮らしと環境に沿ったお庭作りを目指したい。
そんな心境です。

さみしいけど

今年のバラショウには参加出来なくなりました。とても残念なことですが、昨年まで3年間の経験は無駄にはならないとおもっております。
イギリスから戻り、こんな話題でごめんなさい。

成田まで来ました!


ヒースロー空港のラウンジ。2004年の赤ワイン!ハーバルテイストで美味しかった。名前を確認したかったけど…。
大量の手荷物も預かってもらい、楽々のんびり。

飛び立つ時、さみしくて涙が出ちゃいました。帰りたくなったこともあったけど、いまではずっと暮らしたい国。英国の文化を学び、日本の心を持ちながら順応していけたら。自分の年を考えたらどうかと思っていたけど、若い時に叶えられなかった夢に何歩も近付けたからこの続きを今から始めたい。
英国に沢山の多国籍のお友達や知り合いが出来て、ハグとキスで「またね!」って。
日本で待っててくれた家族やお客様、仕事の関係者様。ありがとうございました。明日から仕事復帰します。
よろしくお願いします。
10キロぐらい痩せるほど毎日
Londonを歩き回りましたから地下やバスのこと聞いてね~。では、これからセントレアまでまたフライトです。

帰国します!

まるっと3ヶ月間のイギリス生活は楽しかったり驚いたりと様々な思いをしながらここに生活する人に密着しながら暮らしていました。今まで何度と訪れてきたイギリスですが、旅行と暮らしでは大違いな部分も経験できたことが私にとっての最大の経験だったと思っています。
毎日がめまぐるしくてひとつやり残した事といえば、ポストカードを送れなかったこと。。。ごめんなさい。
字がきたなすぎて送れなかったというのが理由です。
今からタクシーでヒースロー空港まで行きます。雪が降っていることとスーツケースが2つもあって動きにくい。
別れ惜しいこのおうち。また来るよ!って…。

お庭を作りました


出来上がりました。

下はまだ途中の池の作業中

前日の大雨で緩くなった地面。イギリスの芝生の状態はどこのガーデンも同じに思える。
一日でお庭の片付けから植栽まで一気に作業すること10時間。
先ずはいつ埋めたのかわからない池の片付け。
日本人的には池をよどませていてはいけない。でも、今更池として使うのは難しいし管理が大変。
朽ちた切り株や池用に敷いてあったビニールシート、何かわからないものなどをすくい上げて綺麗にした後、庭に山積みになっていた素焼きの瓦を割り入れて簡易排水的な状態。このあと2~3日様子を見て水がはけたらコンポストをいれて砂利を敷きいれて多肉植物を植える予定です。

イギリスでこんな美味しいおにぎりに出会えるなんて!

完成間際に近所のお宅に作業にきていたガーデナーさんが立ち寄りガーデントーク。絶賛してくださり一安心でした。

暗くなるまで片付け。
まだやり残した所を後日調整して写真をアップします。
久しぶりのお庭作業にぐっすりかと思いましたが、なぜか夜中に身が覚めてしまってちょっと興奮状態なのかも。
いい経験が出来ました。

Cambridge University Botanic Garden






ケンブリッジにあるボタニックガーデンに行ってきました。キングスクロス駅から北に1時間かからず行ける歴史ある学生の街です。
こちらにきてから、たくさんの庭のレクチャーを受けた際にそれぞれの先生から薦められたお庭。「Winter Garden」
ヘザーとヒマラヤユキノシタ、サンゴミズキなど寒さで鮮やかになる植物やトーンダウンするものを組み合わせた、どんよりした冬の背景に絵画を置いたような空間でした。

昨日は気持ちの良い青空かと思えばアラレのような雪が降る寒い一日でした。ヤドリギのたくさん着いた大木があちらこちらに見られます。

ケンブリッジ在住の方に教えていただいたThe Fitzwilliam Museum

エキシビジョンはペン&水彩の画家Quentin Blake。モネや大好きなシスリー、ピサロの展示もある中、来てよかったと閉館ギリギリまで眺めて居ました。

該当の記事は見つかりませんでした。