alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

たくさんの思いやりをありがとうございました。

連日、暖かい日に恵まれて気持ちのいいマーケットとなりましたことを、
ご来店の皆様とクリスマスローズのご提供者のかいおうパパさんにお礼申し上げます。
ありがとうございました。

今回の大規模な震災でたくさんの大切な人やものを失ってしまった方々。
悪いゆめであって欲しいと誰もが感じたことでしょう。
連動してか静岡の6強の地震に「人ごとではない」恐怖を覚えました。
そして、原発の裏側の恐ろしさを引きずりながらこの先どうやって暮らしていくのかと不安になっている。

便利になりすぎて、きれいになりすぎて、神経質になることが美徳のようになってしまった日本人。
東北の方だけが犠牲になって本当に申し訳ない。

科学が発達することはもちろん、いいことですが自然の流れに添った開発なのかな。
被爆国であることも風化してしまったのかな。
壊す時にも安全なマニュアルがなければ作ってはいけない。

もっと自然に近い暮らしをしよう。
IMG_2239_convert_20110331182433.jpg
 
チオノドクサ。春になるとひよっこりと現れていつの間にか消えていく。
でも、土の中で力強く頑張っている。

IMG_2238_convert_20110331182502.jpg

施工先に大量に植わっていた水仙。
アリスではモグラよけに植えています。
そこにいる虫たちを気持ち悪がって殺虫剤でシュー。その後の環境はどうなってしまったのでしょう。
そんなことを考えずに「臭いものに蓋をする」的繰り返し・・・していませんか?
ちょっとめんどくさいけど始めると嬉しいオーガニックな暮らし、始めましょうよ。

チャリティー用のクリスマスローズはもうお花を切る時期ですので、写真を撮ってからカットします。
株はまだお分け出来ますのでチャリティー希望の方、クリスマスローズをご購入希望の方はお早めにご連絡の上お出かけくださいね。お待ちしています。


チャリティー・マーケット1日目

IMG_2232_convert_20110329225148.jpg

チャリティーマーケット1日目。クリスマスローズファン?かいおうパパさんファン?の方々がたくさんお買い上げくださって、瓶の中にたくさんの優しさが詰まりました。ありがとうございます。ご寄付いただいたカッチョイイ防災?軍手も良く売れて瓶の中が賑やかです。明日も軍手は150円で販売します。
クリスマスローズもまだありますので見に来てくださいね。そして、参加してください。宜しくお願いします。

IMG_2234_convert_20110329225417.jpg

お庭のシデコブシのお花が咲いています。たくさんの野鳥が来るわりには蕾みも食べられないでまだまだ咲きそうです。今日は暖かくてお話にも花が咲き、清々しい日でした。


IMG_2235_convert_20110329225226.jpg

何年か前に水栽培で育ててたヒヤシンスを地植えにしました。
水仙同様、春を香りとともに告げる大好きなお花です。

卒園式

IMG_2223_convert_20110323212701.jpg
IMG_2229_convert_20110323213138.jpg
IMG_2227_convert_20110323212913.jpg
卒園式のお手伝いに行きました。
ウエルカムボードに植物を植え込んだり、メインゲートに枝を使ったアーチを配した寄せ植えを作りました。
式の会場にはガーベラを使ったアレンジを作ってみました。お花屋さんではないので上手ではありませんが・・・
あとは先生の愛情のエッセンスを加えてもらって出来上がりました。
明日はいい卒業式になりますように・・・。
おめでとうございます。

チャリティー・マーケット

IMG_2215_convert_20110320230857.jpg

IMG_2216_convert_20110320230820.jpg

IMG_2214_convert_20110320231003.jpg

IMG_2217_convert_20110320230928.jpg

IMG_2218_convert_20110320231035.jpg


今日、クリスマスローズの先生「かいおうパパさん」のお宅のオープンガーデンに行ってきました。
広いお庭の周りにぎっしりと自家交配した株がズラリ。
昨年の夏にお邪魔したときには変わった葉っぱの多さに感動し、今回はそのお花に魅了されてきました。
インターネットや専門店ではウン万円クラスのクリスマスローズに囲まれて幸せな気分・・・
薔薇もそうですが「この花の色とこの大きさ」と望んで交配しても滅多に出ないもの。
種から生まれた株は似ていても同じではない。株分け(クリスマスローズ)とか挿し芽(薔薇)とは全く同じものを作るクローンというものです。
より理想に近づけたいが為の交配。様々な作業を経て花を咲かせる。
まだ何百もの鉢あげの作業をされるのだそう。

そんな愛情こもったクリスマスローズを今回の震災の義援金の為にたくさん分けていただきました。
そこで、3月29日(火)と30日(水)の営業日に
チャリティー・マーケットを開催することになりました。

平日ですがお友達にもお知らせいただきご来店ください。
時間は11時から3時まで(3時から日没にご来店の方は2時頃までにお電話ください)
店頭で義援金箱を用意しています。当日のクリスマスローズの売り上げの全額と宿根草等の売り上げの一部を被災地に寄付させていただきます。皆様の温かいお気持ちをお待ちしています。



雨ニモマケズ

雨ニモマケズ Succumb Not to the Rain "不怕雨 不怕風"
(Japanese > English > Chinese)

雨ニモマケズ (雨にも負けず)
Succumb not to the rain
不怕雨

風ニモマケズ (風にも負けず)
Succumb not to the wind
不怕風

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ (雪にも夏の暑さにも負けぬ)
Succumb not to the snow nor to the heat of summer
不怕大雪不怕炎炎夏日

丈夫ナカラダヲモチ (丈夫な体を持ち)
Be strong in body
身子結實骨子硬

慾ハナク 決シテ瞋ラズ (慾はなく 決して怒らず)
Unfettered by desire, not enticed to anger
沒有慾望 絕不生氣

イツモシヅカニワラッテヰル (いつも静かに笑っている)
Cultivate a quiet joy
臉上總是恬靜地笑著

一日ニ玄米四合ト (一日に玄米四合と)
Every day four bowls of brown rice
一天四合糙米淡飯

味噌ト少シノ野菜ヲタベ (味噌と少しの野菜を食べ)
Some miso and a few vegetables to suffice for the day
幾匙味噌少許粗菜

アラユルコトヲ (あらゆることを)
To everything
事事

ジブンヲカンジョウニ入レズニ (自分を勘定に入れずに)
Without judging
不動心不動容

ヨクミキキシワカリ (よく見聞きし分かり)
Watch well and listen closely
事事要耳聞要目睹

ソシテワスレズ (そして忘れず)
Hold the learned lessons dear
然後刻印在我心中

野原ノ松ノ林ノ蔭ノ (野原の松の林の蔭の)
In a meadow, nestled in a pine grove's shade
在那原野地松林深處

小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ (小さな萱ぶきの小屋にいて)
A thatch-roof house
蓋棟我棲身的小茅屋

東ニ病気ノコドモアレバ (東に病気の子供あれば)
If, to the East, a child lies sick
村東若有病痛的小孩

行ッテ看病シテヤリ (行って看病してやり)
Go forth and nurse him to health
讓我細心去照顧

西ニツカレタ母アレバ (西に疲れた母あれば)
If, to the West, an old lady stands exhausted
村西若有疲累的大媽

行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ (行ってその稲の束を負い)
Go forth, and relieve her of burden
我去幫她背稻穀

南ニ死ニソウナ人アレバ (南に死にそうな人あれば)
If, to the South, a man lies dying
村南若有臨終者

行ッテコハガラナクテモイゝトイヒ (行って怖がらなくてもいゝと言い)
Go forth with words of courage to dispel his fear
趕去叫他不要怕

北ニケンクワヤソショウガアレバ (北に喧嘩や訴訟があれば)
If, to the North, an argument or fight ensues
村北若有爭執或口角

ツマラナイカラヤメロトイヒ (つまらないから止めろと言い)
Go forth and beg them, "Stop such a waste of effort and of spirit"
我去勸說無聊啊快住手吧

ヒド(デ)リノトキハナミダヲナガシ (日照りのときは涙を流し)
In times of drought, shed tears of sympathy
大旱時節我淚眼汪汪

サムサノナツハオロオロアルキ (寒さの夏はオロオロ歩き)
In summer's cold, walk in concern and empathy
冷夏之季我焦慮不安

ミンナニデクノボートヨバレ (みんなにでくの坊と呼ばれ)
Called a blockhead by everyone
大家罵我是個大傻瓜

ホメラレモセズ (褒められもせず)
Without being praised
雖然沒人會誇獎讚揚

クニモサレズ (苦にもされず)
Without being blamed
但也不會讓人傷腦筋

サウイフモノニ (そういう者に)
ワタシハナリタイ (私はなりたい)
This is my goal, the person I strive to become.
我 正是想當這種人

- 宮沢賢治 Miyazawa Kenji (08/27/1896-09/21/1933) -

インドに住む日本人の友達からfacebookを通してこんなメッセージをもらった。
昔は環境を無理に変えたりせず、自然に逆らわずに耐え生きていただろう
みんな思いやりを持ち助け合おうよと思うときなんでしょう。

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞いとご冥福を申し上げます。

主人は災害派遣で被災地に行っています。とても人ごとではない現状に何か出来ることがあればと思います。
本日よりしばらくの間、alice gardenにて募金をしたいと思いますのでご協力お願いします。

今週は今日と土曜日が営業日です。
11時から日没まで(3時から日没までにご来店の方は2時までにご連絡ください)


open

明日、11日金曜日はお店にいます。(11時から3時まで)
午後には新苗も入りますので寄ってくださいね。
お庭のご相談や寄せ植え等はお時間を取りますのであらかじめお知らせください。

該当の記事は見つかりませんでした。