alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

夏休みボケ

40日もの長いお休みは毎年親にとっては大変な日々。
あらためて学校の先生方や給食のありがたみが分かる。
学校に行っててくれると安心して仕事に励むことができますし、
食の面でも3食のうち1食は気が抜ける。
毎日お昼が近づくと仕事から戻ってきたりした。現場が遠いとお弁当を作ったり。
でも、ファーストフードも利用した。結構食費がかかる。

明日から2学期が始まる。
夏休みボケしたお家をかたづけよう。

そうそう・・・大雨でうるおったお庭のお花が咲き出しました。
手入れ中なのでお庭は公開できませんが、また画像をアップしたいと思います。

大雨と落雷

29日の午前2時頃から激しい雨と物凄い落雷。
すぐ隣に落ちたかのような地響きと何かが裂けるような鋭い音で眠れない。
稲妻って近いと「ビシッ」って音がするんですね。そして瞬間昼間のような明るさです。
4時過ぎまで途切れなく雷が暴れ、眠ることはできませんでした。
ニュースではたくさんの浸水したお家が映し出され、大変な事態に驚きました。
夜が明けてお友達に連絡を取ったところ皆大丈夫だった様子に安心はしましたが、
この異常気象・・・いつどんな形で我が身に降りかかるか分かりません。
大雨のあとに地震が来たら・・・高台のアリスのお家だって潰れちゃうかも・・・。
今日も降り続いています。災害対策はできていますか?

地震に備えて

高校のPTAの理事をしている関係で名古屋で開催された「全国高等学校PTA連合会大会愛知大会」に出席しました。「世界の親子の絆意識」や「家庭教育とPTA」など様々な分科会の中で人数が足りないということで「防災活動とPTA]の会場に入りました。
名古屋大学大学院環境学研究科の福和伸夫教授が「地震は必ずやってくる!」と具体的な例を挙げて熱く語りました。その喋り口調は「ジャパネット・・・」の社長さんに似た、先が聞きたくなるもので、居眠りができませんでした(笑)
「地盤が悪いとわかっている場所に高層ビルを建てて、平屋に住んでいれば対して揺れないものを、わざわざ高いところで何倍もの被害を受けようとしているのは大抵バカな社長さんです。そんな会社の株を買っても無駄ですよ」なんてことも含め、大変有意義な講演でした。
防災について考える会でしたが、私は福和教授のお話を聞いていて「地震に備えることは普通にやらないといけないことだけど、地震後の不自由な生活を想定して質素なキャンプを自宅の庭などでシュミレーションするべきだ」なんて思いました。
仕方なく入った会場でしたが、その後のパネルディスカッションでもいいお話しを聞くことができ大変勉強になりました。

庭雑貨アリスガーデン

お知らせ
9月に予定のプレオープンは10月頃まで延期になりました。

手作り作品の募集もまだまだ受付中です。
素敵な作品をお待ちしています。

作品の詳細、お写真等メールにてお知らせください。
よろしくお願いします。


夏の蓼科日帰り

P8180030.jpg
P8180034.jpg
P8180038.jpg

今年も涼みに行って参りました。
家族のお休みがだんだん合いにくくなり、今年は下の子と旦那さんと3人です。
うちを朝7時に出てまず諏訪まで3時間半。
目指すは、子供の大好きなワイルドコースの「カナディアン・ファーム」。
丁度ランチタイムなので自家製スモークの盛り合わせや自家製野菜のサラダ、炉焼のハンバーグなど天然酵母のふわふわパンと共にいただきました。
ハセヤンこと、お髭の長谷川さんがテーブルまできてスモークを切り分けてくれます。
後から、忘れていたかのように「鹿の足ね」といって足の先がついた生ハムをそいでくれました。
息子は初めて食べた鹿のハムが気に入って帰るときまで「鹿おかわり・・・」と言っていました。
裏の小川は涼しい音を奏でながら流れ、自然の腐葉土が敷き詰められた木立の奥へ続いています。
ひんやりとして少し肌寒いそこで、しばし下界の暑さを忘れることができました。

2時間くらい居て次に目指したのはカナディアン・ファームから30分ほど離れている「バラクラ・イングリッシュガーデン」。
チェルシーフラワーショウでも賞を獲られた「ケイ山田さん」の本格的なイングリッシュガーデンです。
蓼科というイギリスに似た環境で育てられた植物でも、今年の冬と夏のダメージを受けたと庭師さんが言っておられました。5人の庭師さんが管理されているそうですが、広大な土地にしては人手が足りないようです。
ここでは大きなパラソルの下でアフタヌーンティーをいただきました。
昨年行ったイギリスを思い出した様子の息子くんは「イギリス行きたいね・・・」と懐かしそうでした。
このプレートはお茶付きでひとり分。先程ランチを済ませたばかりなのでお腹いっぱいです。

四季がしっかりある日本ではお花の管理が難しく、イギリスのように優雅なお茶の時間をとるには暑すぎます。
日陰を作り、気温の上昇を防ぐ工夫をして、上手にお庭と付き合っていきたいですね。
毎回、夏の暑さに疲れた心に「私も頑張ろう!」って力をくれるこのお庭にまた来年も来たいです。
そして、アリスガーデンもいつかそんなお庭になりたいな。
午後4時には高速に乗り、途中休憩を取りながら8時に帰宅。
つかの間の夏の休暇は濃厚です。




素敵なナチュラル作品募集中

リニューアルオープンに先立って「素敵なナチュラル作品」を募集しています。
9月12日金曜日、13日土曜日をプレオープンの予定で支度中です。
アリス雑貨店に作品を出しませんか?
詳しくは、メールでお願いいたします。作品の詳細や写真等もお書き添えいただき、送ってください。

該当の記事は見つかりませんでした。