FC2ブログ

alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

暖かな12月


シャコバサボテン
一昨年母にあげた白のシャコバサボテン。あまりに綺麗だったので3節ぐらいもいで水に浸けておきました。
昨年は大した変化もなかったのですが、今年は蕾が現れて随分大きくなりました。

6年ぐらい前に完成して時々お手入れに伺っているお庭。
インパクトあるヤツデの葉がポイント。

先日、お手入れ先のお庭から白っぽいカエルの小さな住人さんに出会えました。
保護色になるアマガエル。どこの色になりすましたのか。

今日、大工さんの工事が終わったお庭。
沢山の木々が入りました。
敢えてほぼ、落葉樹。
自家製落ち葉のリサイクルを狙います。
春を待つ時間。
とても好きな季節がやって来ます。

ハーバリウム(植物標本)販売


自然な植物達を集めて利用する。
アリスでは日頃の植栽の技を細部に発揮して部屋にいながら最盛期の状況をその枠の中に表現したり、植物本来の様子をゆっくり眺め研究できる標本を作りました。
昨日のオープンガーデンではたくさんの方に見ていただき、連れ帰っていただけて嬉しい1日でした。
ありがとうございました。
直射日光を避けて飾ってくださいね。

素朴さはありのまま。
庭で揺れてる時のようだったり暴れん坊だったりと性格が形に表れています。
次回11月11日のイトコーマーケットさんにて販売します。
楽しみにお待ちくださいね。

お庭のほうも秋の色。
フジバカマの花が揺れている側で音を立てて落ちるフェイジョアの実。
テーブルに並べていたのに夕方にはこんな形になっていました。
子供ちゃん達の楽しいアート。

鳥さん達にもお裾分け。

オープンガーデンの翌日は2ヶ月弱帰国していた娘がロンドンに帰って行きました。
羽田空港までお見送り。
ちょっと寂しいけど、お互いに違う職種の職人だけに新鮮な発見ができたと思います。

草原計画の話


​Meadow garden project 草原計画
駐車場や空き地の草を根から取り除くのは大変ですね。
最近は簡単に手に入る除草剤もたくさん売っています。
どれだけの人が使用しているのでしょうか。
用途と種類を選べば安全とはいえ、
そもそも除草の必要があるのかというところです。
​草の役割
種や宿根株から育ち夏までに地面を覆って生き物を暑さや乾燥から守る。
やがて自然に枯れて冬景色を作り、土になる。
そうやって繰り返された土地は豊かになり、思いがけず美しい花園へと変わるのです。
バッタなど草食の虫たちも居場所を見つけ、畑に大きな被害を及ぼすことも減ります。
​私たちは、身近な草むらを放置するのではなく、美的かつ生態系も守って人を含めた生き物が気持ち良く共存できるようにしたいと云う思いで草原計画を行っています。
アスファルトやコンクリートで塞いでしまった土地を必要以上に増やさないように、緑を大地に広げたい。
バランスを崩した地球環境を少しでも回復できる一つの方法として。
​イメージは小さな庭から
アリスガーデンのお庭の芝生(低い)部分には様々な植物が芽を出し育っています。
低く刈られることに適した植物はたくさんあります。
なかには1メートル以上にもなるものも少しずつ刈ることで芝生サイズでお花を咲かせてとても愛らしいのです。
夏に草刈りをするのは大変かと思いますが、その後のイメージが美しければ楽しみにもなります。
また、刈り込まないところは本来の成長を果たし風にそよぐ草原として季節を楽しめます。
用途に合わせて草花を使った牧歌的な風景をデザインしていきませんか?
これは草原計画のプリントの文です。
この内容を更に掘り下げてお話させていただきました。
決して簡単ではありませんが、取り組む価値と必要性があります。
alice garden design
植栽デザイン、ガーデンデザイン、草原計画
愛知県豊川市八幡町上六光寺5−12
0533-87-5177
http://lovelyagd.blog80.fc2.com
work 月曜日~土曜日 8:00~17:00
留守番電話、メールにてご連絡ください​






​​





夏のひと区切り


ガトーフルールさんのテラスです。
夕方6時にオーダーストップですが、あふたー5から7時までの間の涼しい時間がおススメです。

いま、桔梗が涼やか。

いちごのパフェは大人の甘さ。
名前を忘れましたがプレミアムなアイスが添えられています。
冷たいものを涼しい自然の中でいただく幸せ。
しばしゆったりとさせていただきました。

昨日のお庭の植栽。
アリスの植栽は種が落ちて繁殖したようにのイメージ。
植物一つ一つがオーケストラのように奏でる音色のように指揮をとります。

夕方からのレッスンが始まりましたので、中の様子はまた次回。
羊歯のお庭は幻想的で、壁を隔てた裏表なのが不思議。
ありすの夏前植栽は終了です。
🐞🐞🐞🐞🐞🐞🐞🐞🐞🐞🐞
今日は岡崎でサマーカットの整えでした。
朝ピンと来たので、いつものタープに扇風機をプラスして出かけました。
広いお庭を着実に整えて行ける必需品のひとつとして大正解。
それでも時折立っていられない事態があったりで過酷な夏を体感しました。
皆さんもどうぞご自愛くださいませ。
alice garden

夏のお仕事納め

よく見えませんが桔梗の蜜を吸う蜜蜂さんがいます。

長久手の横山農園さんの植栽はよく育っています。
一年草の終わったところに少しだけ植え足ししました。

豊田市の美容院ヴェラベローさんも素晴らしく育っていて夏用にカットしてきました。
道行く人が写真を撮って行かれるとの事です。嬉しい。

豊田市のサロンドかづみさん。
混み合ったところの整えでスッキリと夏を乗り越えます。

豊川市のお庭の手入れ前
草を芝生にする取り組みをしています。

整えと刈り取り後。

木曜日はバレエスタジオのお庭作り
スタジオから見える風景は緑豊かに、

表からはワクワクするような植栽をしていきます。
砂利をどかして防草シートを切り取り取り去って砕石を外す作業は炎天下辛い作業です。
草を生えない様にするなんて無駄な事。
ここはチームありすの出番とばかりにがんばりました。
揺れる植物の影をイメージしながら。

夏の植え込みはこちらのスタジオさんで終了。暑さに強い植物などを中心に揃えてきました。
このバラもその一員です。
小さな子供さんから大人までが何かを想像出来るような植栽デザインをしました。
次回のアップもお楽しみに。

7月28日のハーバリウム(植物標本)の講座のお席はまだありますのでお問い合わせくださいね。お電話は留守電にメッセージをお願いします。

スノードロップ広がれ。


スノードロップがいくつも夏越し出来たのは嬉しい。
I’m happy to see you again!
Galanthus elwesii 

黄水仙は春の訪れを知らせてくれます。
Narcissus pseudonarcissus

Crocus gipsy girl
昨日のアリスの日は寒い一日になりました。
今年は極端に寒い日があってメダカの水鉢が割れてしまいました。メダカの卵が残っているかどうかは確認できませんが、水草は別の瓶に移動して様子を見たいです。
何度も植えては消えていたスノードロップが、夏越しして咲いています。
すごく嬉しい。
この辺りの夏の雨が少なかったからでしょうか?
今年の夏はどうでしょう?
暑くてカラカラなら日陰の程よい所で冬を待つ事ができるのかも。
切り戻し枝のマルチも良かった?
何年も試行錯誤しながらその年々の気象環境に順応できれば毎年見られる。
植物と人間の共同作業というか、助け合い。
鉢植えでなく、地植えが少しずつ自然になるように。
ムスカリやユリ達も、自然交配しながら自生してる。
スノードロップも球根でありながら交配して種で別の種類をつくります。
一面に咲いた花の中に光るもの
見つけられる程広がって欲しいですね。
I tried planting  Snowdrops every year.
It was difficult keeping alive Snowdrop  in middle of  Japan.
Hardy hot summer and humid in here.
But, I could find some of Snowdrops this year.
I’m excited!
I don’t know what made it so..
Deciduous tree are protect them from hot sunlight. 
I am planted there every year but, they had a damage of humid.
However, It was hot and dry waether in last summer.
Dried summer was lucky to them.
I hope keep going to next year and more by self seeding to grow naturally as well.

草いっぱいのアリスの庭


ラジオでクラッシックを聴きながら庭のお手入れ。
寒波が来る予報前の暖かな日。
冬の手入れは現状に合わせて行います。
なるべく自然に。
昨年からモグラの被害が続いていて、今も盛り上がった土。
地表面が滑らかでないと雨水が窪みに停滞して植物を痛めてしまいます。
いつもはそっと春まで置いておく落ち葉を一度外してモグラの穴のチェックと地表面の修正をしました。

モグラも喜ぶ真っ黒な良土。
落ち葉の効果に心踊ります。
通路に移動させた落ち葉は踏み踏み堆肥として利用します。

地表面には沢山の芽が出ていて、春への期待が感じられます。
草いっぱいの庭
アリスガーデンのお庭の特徴として、沢山の草花達との共生があります。
時々、お庭を訪ねて来てくださる方に
「雑草がひとつもなくてすごい」
と言われて驚きます。
私は毎日お庭にいたい人ですけど、それは出来ず、週末手入れしたりしなかったりです。
自然な草も生えています。
でも、あまり困っていません。
嬉しい事に、今年から契約制で東側をお借りすることになりました。
道向こうの柿畑は150坪。
自然の草を生かしながら住み分けしてアリスガーデンを広げます。
それは素晴らしく楽しみな展開。
現状は誰が見ても雑草だらけ。
私はその草達に居場所を作る人。
またひとつ快適な場所が生まれます。

ロビンとジョウビタキ

Erithacus rubecula
ロビンという名で馴染み深いヨーロッパコマドリさん。
イギリスのガーデンで作業してると必ずやってきてミミズなどが出てくるのを待っています。
通常留鳥なのでどの季節に行っても見られる可愛い鳥です。
鳴き声が美しくて聴き入ってしまうほど。ガーデンの楽しみにロビンの歌声は欠かせません。

Phoenicurus auroreus/Daurian redstart
ジョウビタキの雄。
昨日、ガーデンをモグラにまた荒らされていたので直しながら作業していたところ、目の前でお待ちかね。
せっかくなのでそっと写させていただきました。
特別な日の衣装を纏った紳士のようです。
ジョウビタキは冬鳥で冬になるとやってきて、春になるといつのまにか居なくなってしまいます。
でも、性格はロビンとそっくり。
近くまで寄って来て掘り起こした土から出てくる餌を待っています。

時には頭上から…。
昨日は素晴らしく暖かだったので作業も捗りました。
途中アリスに遊びに来てくれた方々は鳥の存在に気づいてくれたかな?
アリスの庭には自然が集います。
ガーデンワークにジョウビタキ。
コーラスはメジロ、シジュウカラ。
時々パーカッション参加のコゲラ。
風の音も暖かい陽だまりも枯れ草の匂いも全てが庭の大事な一員です。

観察


林檎の木にみかんを刺しておくと、空かさずやってくるメジロペア。
目の周りの白色と綺麗な黄緑色の羽毛が可愛い。観察場所はトイレの窓から。
鳥を驚かすことなく眺められます。

昨日はとても寒いあさでしたので、きっと観られると、たくさん着込んでお庭へ。
ありました。シモバシラKeiskea japonicaと言う名の植物の茎の根元には今までで最高の霜柱。

マクロレンズで撮った地面の霜柱。
庭中の何処を歩いてもザクザク。
子供のころの楽しい足底の感触です。

ついでに秋明菊の種。
ふわふわの綿毛に沢山の種が包まれています。
良く見ればその配置も数学的です。
マクロの世界に自然界の決まりごとを感じられる。
自然のデザインは素晴らしい。
素直な形が合わさって共存している。
私たちも本来そうなんでしょうね。

みつばちと草原計画


アリス号に植物を配置して小さなお庭が完成。
切り株もいい仕事してくれました。
日頃の工夫や仕事ぶりを表現できたかな?

種リース作り教室

完成したリースを皆さん大事そうにお持ち帰り。
昨日名古屋の星が丘テラスにて開催されたみつばちのイベントにて種リースのワークショップを行いました。
なぜ種リースかというと
種には次の年に繰り返される大事な緑が詰まっています。
手入れしてゴミ袋に入れてしまうと何も残りません。
枯れ色をしていても様々な形を楽しむこともできます。
リースにして冬の間眺め、春に種まきします。
リースごと庭に置いても種が落ちて発芽するものもあります。
少し地面を掘り、リースを置いて土を軽くかけてお水をあげたらいくつかの種類の植物が生まれます。
ユーパトリウム、フェンネル、紫蘇、細葉ハルシャギク、アイタデなど。
雨上がりの強風と時折の突風でその場からいなくなった種たちも…
来春、どこかで発芽出来ますように。
そしてみつばちを含むたくさんの蜜源を必要とする生物の楽園になるもとになることでアリスの草原計画も広がります。
寒くて強風でしたがリース作りに参加された方、この日のために駆けつけて下さった方、みつばちイベントの皆様…
楽しい時間をありがとうございました。

みつばちのイベントに参加します。


来春の蒔く予定の種がリースになってる。
一年草も宿根草も球根も樹も、みんな新しく種をこしらえて絶えないように生きています。
明日は星が丘テラスにてこの小さな種リースをつくります。
ですのでアリス小屋はお休みです。
お時間がありましたらイベント会場までお越しくださいね。
10時から4時までです。

暖かな文化の日に


暖かなと始めましたが、暑いぐらいなよいお天気です。
久しぶりにお庭を歩いたらサフランが咲いていました。
スパイスコーナーで買うよりお得と植え込み、今年もひょっこり。
ヒラタアブくんのお邪魔にならないようにそっと写しました。

カツラも良い香りを漂わせています。
秋は気持ちがゆったりとし始める季節ですね。
冬に向かって行く庭の植物達の集大成。
枯れていく命を最後まで気を抜かない姿勢と来年に向けて準備。
見習うことが多いけど、ただ眺めているだけでもすっと染む気がします。

最後の一房
今年はぶどうがたくさん採れました。
品種不明の甘いブドウ。
先日お手入れに伺ったお宅の巨峰も豊作だったようです。
冷凍にしてあった大きな実をおやつに…
自然の甘さの効果は素晴らしいな。

テラスに絡ませたぶどう。
自然のものに興味津々なお子達。
育つ過程も毎日楽しかったでしょうね。

昨日はバスルームから眺める坪庭をアレンジしました。
作りながら幸せなれる気分でした。

かぼちゃの季節


ロンドンで修行中の息子の様子。
ブログではまだお知らせしていませんでしたね。
ハロウィンというより収穫祭。
10月に滞在した時のロンドンのハロウィンはあまり感じなかったし、記憶にない。
ランタンに顔をくりぬいた飾りもスーパーでプリントだけみたかな。
ガーデンでは色とりどり、大小様々なかぼちゃが積み上げてディスプレイされていました。
このディスプレイはヘッドガーデナーを手伝って2人で作成したもの。
オーツなどの穂を編んだり、よく見ると手が込んでいます。
あの大きな手の割に手先が器用で、いろいろ対応してくれて力持ち。
イギリスに住み始めてひと月半。
日本にいる時以上に規則正しくハードなガーデンワークをこなしているようです。

この季節のべっぴんさん。
シュウメイギクの後ろ姿にときめきます。

だんだん寒さが増して来て、収穫したかぼちゃやお芋が美味しくなる季節。
夜アリスは落ち着く時間です。
温かなスープがあれば冬のお庭もまた贅沢な空間になりますよ。

みつばちのイベント参加と緑地作り


11月11日土曜日はアリスガーデンのお店をおやすみして名古屋で開催されるイベントに参加します。

アリスガーデン出店は種を使ったリース作りを予定しています。
タネのついた枝でリースを作って冬の間飾って香りで癒されたり来シーズンの庭をイメージしてください。
そして春になったら種まきしましょう。
毎年繰り返し楽しめるからオススメです。
みつばちの行き交うお庭
はちさんとの付き合いかた
などのお話を交えてふむふむ納得な時間にしたいと思います。

今週は月曜日からほとんどずーっと雨。
普段はあまり使わないカッパの出番。
雨の日の植え込みは植物の根っこと管理的に難しいのでやらないことにしている。
月曜日はまだ降り出し頃はまだ植え込みが出来ました。
先月まだ暑い時期に1メートルぐらいの草を刈り倒した山は小さくなり平らになっていました。
草原の植え込みは土の中半分で枝葉に挟むように植えます。
高植えと言う感じです。
雨だけで育つ様に乾燥に強い物。
自然交配していくうちに原種に近いものになるのもあると思う。
もちろん、蜜源植物も多種植えたり種まきしたりしていますよ。
お昼から雨足が酷くなったので引き上げ、水曜日の朝から続行。

前回植え込みしたコンテナのお手入れも出来ました。


火曜日も雨でした。
カッパの出番率が高いです。
うえの画像は7年前にデザイン施工したお庭です。
手入れのしやすい配置にしてあるためモデルハウス周りをぐるっと1日でお手入れ出来ました。
問題は下の写真。
昨日朝からはいりましたが…
どこから手をつけて良いのかと思案しながらの手入れでした。
作庭された方のイメージを思い描きながらすっきりとラインが見える様に整えました。
仕上がりは夜になってしまいましたので見にくいのですが、途中従業員の方に喜ばれながらの手入れでした。
いずさんと共に腰が抜けそうなぐらい頑張ったお手入れです。
台風が来ています。
雨台風のようですが、どなた様もお気をつけて…。

オーガニックな草原計画の楽しみ

ダリアですけど…

毎年6月にオープンガーデンさせていただくお庭の大収穫
りんごのサイズが随分大きくなり、ケーキを焼いたり配ったりされてもまだ残るほど。
残念なことに、先日の台風後の恐怖で力尽き、倒れてしまいました。
収穫の喜びを2度味わったご家族。
また一からリベンジしたいと。
その言葉にはりんごの木への愛情と感謝が込められていて、嬉しい気持ちになりました。

昨日のお手入れ
草原の庭のひとつでもあるお庭。
草の低いところはほぼ自然発生です。
手入れの際低く刈り取り、それまではふわふわな草やお花が揺れています。
「草原計画」というプロジェクトを広めています。
植物を楽しむとやがて、本来ならばどう生きたいのかと問う様になり
育てることの楽しさと同時に植物本来の成長をみたいと思うのです。
やがてそれが環境に役立つ上に人の目にも優しく、心が穏やかになると感じて。

草原計画を実施された方から少しずつ広がり中です。
一昨日は三重県にて草原計画の打ち合わせがありました。
多度大社の近くのその空き地を駐車できる草原にする予定です。
来週にはあらかじめ草刈りした土手に苗や球根を植え付ける作業を豊田市にて。
つまらない草刈りから楽しい作業にも変わり、道行く人が気持ちよく眺められるメドーガーデンプロジェクト(草原計画)
ご興味のある方はご連絡ください。

昨夜は十五夜
6時頃。
日暮れが早くなりました。
網戸越しの月の光が放射線状にのびていました。
まばゆい光をしばし受けて、1日の疲れが抜けるようです。
さて、今日も遠方まで走ります。
どうぞよろしくお願いしますね~~!

人生フルーツ


人生フルーツというドキュメンタリー映画を観て来ました。
この老夫婦の暮らしを数年前テレビで観て、畑から豊かな食卓を結ぶ動線が理想的だなと思いました。
建築士であるご主人が家を建て、寄り添うように奥様が家事をする。
日々コツコツと。
90歳のご主人と87歳の奥様。
お元気!
ゆっくりとした暮らしの中にちゃんと流れがあって、見習う事が多い。
映画の冒頭や所々でナレーターが
風が吹けば葉が落ちる
葉が落ちれば土が肥える
土が肥えれば果実が実る
と。
家の設計だけでなく、自然の形をこわさぬように、風の流れを意識した設計をされていた。

お庭の植栽をさせていただいて数年経ったお宅のお手入れ。
流れを意識しなければ植物はストレスを感じ、持ち味を生かせない。
建物の内部動線も同じだし、外部もそれを取り巻く全てが繋がりをもつ。
そう云った考えの設計士さんはいらっしゃいますが少ない気がします。
頭が固い建築関係者さんや地域を取り仕切る役所の方々にも共感していただける機会を作る映画にもなってくれたらよいですね。
昨日は岡崎でお手入れを済ませ、夕方からの上映に間に合ったら観に行きたかった。
ギリギリだったので長靴を履き替えて急いて行った甲斐ありました。
ひとつひとつがパチっとはまる内容と目指したい事で胸いっぱいに染み渡るような感動をこれからの生活に生かしていけると良いです。

秋の香り


 Fallopia baldschuanica
ナツユキカズラの白い花。
蔓がアリス小屋の中まで進入している。
他のタデ科の植物と共に秋を思わせる小さなつぶつぶのお花が優しい。

Cercidiphyllum japonicum
カツラは紅葉の時香ばしい香りを放つ。
昨年も確かその前の年もそして今年も、早々と夏から時折香る。
愛知県は今年の夏も渇ききっていました。
アリスのカツラの木はアリス小屋脇で綺麗に育って居るのだけど、たまの冠水では行き渡らないのだろう。
やはり、雨が欲しかったね。
今日はようやく、朝から土砂降りでした。
朝、雨の止み間に次の植え込みに使う苗を整え、畑をぐるっとまわり、戻ってきたらふわりと焼き菓子の様な香りがした。
水分が少なくなり、落葉期前の状態のカツラからのお知らせ。
今日の雨でホッとしている植物たち。
よかったね。
わたしも水やりなしでのんびりできる。

アリス小屋を守る様に育つカツラ。
小屋に絡んでいるのはクレマチスシルホサ。もう少しすると枯れた蔓から緑が生えてくる。

もぐらの穴を埋めながら落ち葉をすき込んだ庭。
今日も新しい穴を掘り続けている様だけど、まだ会えません。
今日の雨で庭の土が空気を含み、さらに良いものになりますね。

畑の様子。
でこぼこレンガは時々直して歩きやすければそれでよし。
1ヶ月前に切り戻したり、倒したりしたムカシヨモギやノボロギク、キツネノゴマ、チガヤなどなどがいい具合に枯れてその下の土が守られていました。
あんなに乾いた夏から地面を守り、微生物や虫たち分解者によって栄養がある良い土に変化しています。
先日、そこにイチジクを植えたり余った苗を植えました。
少しずつこの場所がわたし好みになってきています。

そうそう、アリスの冷蔵庫に入っている蚊除け虫除けのボトル。
左側はわたしのお茶。
どちらも同じ色ですね。
間違えたりはしないけど、疲れた時は注意が必要。
今年はこれでお庭の中も良い香りです。

ハーブ&ベジ


ボサボサ

ちょっとすっきりした雨無し水なしのハーブ&ベジタブルガーデン。
草を含め、大いに育っています。
トマト好きなのでトマトとバジル。
もうタネになってしまったオカヒジキなど。
他の植物に背丈を越されると負けてしまうので光合成を助ける手入れと収穫、根を広げる為の間引き。
間引きといっても、この場合は余分な草を抜き取ると言う意味の草取りです。
そして、取った草はそのまま空いた土の上に置くやり方が良いです。
無駄のない循環園芸。
なかなか手が回らないけど、勝手気ままに頑張ってくれる逞しい彼らに力をもらった昨日。
今日は風は爽やかながら、厳しい日差しに水分を奪われて。
作業中から終了までいつも気遣ってくださったオーナー様からのおやつに生き返った思いでした。
ありがとうございます。
明日はアリスの土曜日です。
基本的にアリスの手入れをしています。
あまりお構いできませんが、よろしければどうぞ。
作業見習いの方もいらしたらご連絡くださいね。

伝えたい事


画像はお客様のお宅の亀さんたち。
亀は歩みが遅いかと思っていましたが、凄く早いです。
失礼しました。
思い込みで世界を狭めてはいけませんね。
常に見聞を広めて頭の中を整理していきたいです。
昨日は私の考えを話す時間を頂きました。
聞いてくださった方は建築設計をされていて庭も含めてデザインされている方でした。
建物と植物を別に予算立てするのが一般的で、買い手の予算を建物で使い切ってしまうので庭のためにはほんの少ししか残らないことが多い。
大手住宅メーカーさんもその代表と思っていましたので、お話する時間を頂いてもとても不安でした。
お会いして2時間、話すことで自分の考えが人に伝わる嬉しさを感じました。
オーガニックについて。
生態系について。
日頃、何気なく行っている作業がこれから少しずつでも広がれば、地域がうつくしくなるのではと思ってはいるものの、そんなことは誰でも考えつく事で、敢えて私なんぞが出る幕ではない。
それでも共感してくださる方が現れれば喜んでお話していました。
もちろん、ガーデンデザインにそれを取り入れる際にはお仕事としてさせて頂いていますが。

5月に咲いたカラタネオガタマの蕾がまた付いています。
これは普通なのかどうか、調べていないので分かりませんが、エゴやりんごの花が年に2度咲いたりと季節ボケしている光景をよく見るようになりました。
世の中は便利になりましたが快適さの基準も変わってきています。
知らないうちに生態系に歪みが起こっていることも事実です。

45歳から上の方は子供の頃を思い出して見てください。
花粉症ってありましたか?
私は20代で花粉症になりましたが薬を飲むことは稀で、この仕事を始めて改善されたのか今では殆ど発症しません。
健康のためにも、
植物の存在をまるっと認め、
上手に付き合っていくことをお勧めします。

コンポスト


我が家のナマゴミコンポストはルバーブポット。
今日のお庭の打ち合わせでコンポストの話題が出たのでのぞいてもらいました。
衝撃的な内部に少しずつ慣れてもらえたらコンポスト仲間です。
確実にゴミを分解してくれます。
この夏に匂いを気にされる方には是非体験していただきたい香りです。
嫌われ気味な小さな虫たちも大事だと思える貴重な空間…ですよ。
はっきりいってひとんちのゴミなんて見たくも見せたくもありませんけど。
夏だからこそ、一見の価値ありかもです。
まあ、一般公開はしていませんが。

コンポストはアトリエ入り口にありますがそれに気付く人はいません。
そして設置してある付近の植物は肥料なし、水分補給は自然任せでもりもりと成長しています。
お花の色も美しい!

こちらはアリスの木陰。
今日は幾分涼しい風が吹き抜けております。
もぐらのトンネルは乾かないようにだけして、しばらく様子を見ています。
物は考えようで、この際、水みちを作ってしまおうと思います。
庭を作って10年以上、樹木の根も張り巡り、表面からの土壌改良は落ち葉と微生物に頼るのみ。
もぐらの穴を利用して内部の活性化を図ります。
なんでも実験。
どうなることでしょう…イメージ的には楽しみです!

小さな水辺のあるお庭と百日草


根付けばすくすく育ってくれるジニアは種類が豊富です。
今日植えたばかりのそれは少しうな垂れていますが、まだまだお日様優勢の季節に元気をくれるはず。

今年の春は畑だった場所。
庭にする際に出て来たカーペットを利用して作った小さな池。
ごろごろの石も敷地内から拾い集めたものでなんとか形になりました。
今日はここに睡蓮など水生植物が入り、メダカが放され、作業に拍車がかかりました。


百日草が出来たばかりのお庭を立派に魅せてくれています。
昨日の草原プロジェクトでもジニアは欠かせない植物でした。
他にヘリアンサスやエキナセア、グラス類は元々生えているふわふわさん。
同じ植物もたくさん使いますが、
植え場所によって植え方と育て方を変えています。
7月は殆ど降らなかった雨。
今日は午前中にたっぷり降って植物もシャキッとしていると思います。
これから秋に向かって育ち、種を落としたら、来年は更に自然で美しい景色を魅せてくれますね。
楽しみです。

植栽実験は密かな楽しみ

Eupatorium purpureum
赤いスティムにピンクの花。9月のヨーロッパで群れになって咲いていたのを見たのは衝撃的でした。
日向ではフジバカマと同じ様に広がり、圧感でしょうが、少し大人しく咲いてもらうとどうかなとこの位置に。
育つ場所が違えば違った育ち方になるね。
ヘリアンサスなど凄く陽が欲しい植物は光を求めてグネグネしちゃうけど、これはすくっと立ち上がり、背が低いながらここでも大丈夫らしい。

先日手入れした岐阜の検診センターの屋上のユーパトリウムは背が高くてハンサムでした。
いろいろな使い方ができる植物はデザインの幅が広がり、楽しみも膨らみます。
植栽実験。
植栽経験からの実験は時間はかかりますが私の密かな楽しみです。

そんな中、もぐらの潜入。
土が盛り上がり、中はトンネル。
まだ潜入中なので入り口というか出口は塞げません。
しばらくトンネルに水を入れて様子を見ながら、もぐらさんにはお引き取り頂いて穴を塞ぎたい。
ともあれいろいろと多忙なお盆やすみ。
昨日、今日は案外涼しくて朝は秋を感じますね。

緑の花壇


愛鷹サービスエリアで見かけた緑の花壇。
よくみれば、植えたらしいトマトとツルインゲンの他はセルフ プランティング。
綺麗だなと写真を撮りました。
スベリヒユ、アオゲイトウ、オヒシバなど。
育つとこんな花なんだって思ったり。
葉っぱのバランスがいいですね。
こういう環境で育った野菜はひと味ちがうでしょう。
そう思った昨日の帰り道でした。


いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

おしゃべり講演会


6月の植え込みからひと月半。
(ハウスメーカーさんのご都合上、全体の写真は控えさせていただいています)
緑化フェアで使用した植物達とお手持ちの植物達はすくすくと育っていました。
傷みもなく、健康的に。
赤土と聞いていましたが、ほぼサバ土的な山砂。堆肥と砂を施し水はけの良い土壌を作った上で植え込みしました。
土作りは植栽の管理をスムーズするための大事な作業です。
その上に植生や色彩を考えた植物を配置していきます。
長年植物と付き合っていると触った感覚で植生というか植物が、何処に居たいのかがわかる感じがします。
昨日はこちらで見学会があり、関東周辺の設計士さん方40名が集まり建物と庭の説明を聞くという勉強会でした。
前日に急に言われた事もあり、何を話して良いやら…。
普段の講演では2時間の中でオーガニックのことや生態系のことなどお話していますが、15分より少ない時間でまとめるのは難しかったです。
15分はイントロダクションというか、まずは初対面の方々とのウォーミングアップ的な時間。
ちゃんと伝わったかどうかは…。
先日の日曜日の森のセミナーでも少しずつ距離を縮めながら2時間お話と作業をさせていただきました。
(基本、シャイなんです)

7年前に作ったイトコーさんのモデルハウスまわりの植栽デザイン。
手入れ後の様子です。
はじめの配置が良いと、維持も整えも容易です。

昨日、神奈川県ではお昼から警報が出るほどの大雨でした。
緑化フェアの打ち上げ会もあり、こちらに一泊しています。
今日はこれから苗屋さんを巡ります。

いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

恵の雨とgarden wedding


緑花になったアナベルは、空梅雨のせいか今年は伸びずに倒れなかったのは珍しい。
日本のあちこちで起こっている大雨による被害に心が痛みます…。
皮肉な事にこちらでは、全く降らず、昨日と今日の短い雨でようやく潤いを見た気がしました。

暑い日差しに映えるダリアは綺麗な黄色

野菊の花が足元を楽しませてくれます。

種になっても魅せてくれるアガパンサス

ライムグリーンのジニアがアクセント

Home garden Wedding party
知多のお庭が完成しました。
下草類はウェディングパーティに合わせてアレンジしましたよ。
広いスペースをドッグランとお庭に仕切り、眺めのよい空間です。

帰る頃には真っ暗。
ロウソクの灯りでほんのり。
明日のウェディングパーティで大勢の方々がハッピーになれますように。

いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

イトコーさんの森のおうち

蒲郡に4件のおうちを計画中のイトコーさん(豊川の建築会社さんです)
昨日、30日日曜日に開催される講座の打ち合わせに行って来ました。

デザイン、施工させていただいて7年。
社員さんがずっと管理してくださいました。
そのモデルガーデンの下草と低木の一部を今回お手入れしながら、生態系の事、夏の剪定の仕方などお話しします。
https://m.facebook.com/itokonoie/
イトコーさんのフェイスブックにお知らせされています。
時刻の変更があり、2時から4時まで。
午前中は蝉がすご過ぎてお話が聞こえないそうです。
この場所は昼から陰になり、心地よい場所です。
自然環境で子育てされたい方やご興味のある方は是非ご参加してくださいね。
ここの担当スタッフさんは当初1年間お手入れの度ご一緒しましたが、アリスの手を離れた後もお仕事の合間に大事に育ててくださり、姫クチナシの虫のことやお話してても気になる所を手入れしてしまうと言うガーデナーになっていました。
参加申し込みはイトコーさんにご連絡くださいね。
〒442-0069 愛知県 豊川市諏訪西町2-248
0533-86-8887
いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ピザ窯作り


今月14日からコツコツと作り始めたピザ窯。
お施主さまのご希望でお作りしています。
備前の耐火煉瓦は既に燻された色あいで、やはり積みすすむとその良さを発揮してくれています。
庭の風景に重厚感がプラスされました。

ピザを焼く所には耐火板を配置していますので、出し入れがスムーズ。
鉄の扉をつけるのでパンも焼けます。

トラックに窯を乗せてピザを焼くイタリアン。

大繁盛過ぎて、待ち時間30min以上。
でも、手際の良いおじさんの動きを見て待つのをなかなか楽しかったです。
お味も待った甲斐ありましたよ❣️

外観はこんな感じ。
トラックピザ屋さん。
今の日本の暑さだと期間限定かな。
生地を伸してソースを塗って具材を乗せて窯で焼く。
注文から全て1人でこなす。
オーダーは紙に書いているけど私がいる間に2回間違ってた。
一度に何枚もオーダーする人もいるので仕方がないと思いながら待っていました。
さて、施工中のピザ窯は完成間近です。
よく乾かして来週火入れします。
楽しみです。

いつもありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

お役立ちタープ


この緑のタープ。
夏の手入れには欠かせないもの。
移動が楽で、作業場所に影を作ります。
最近は蟻よけにも。
話題の蟻も怖いけど、在来の小さな蟻が怖すぎる。
木から落ちてくる。。
今年に入って手入れの度にボコボコに噛まれて痒すぎて眠れない。
いろいろ調べて、いつもの蚊除けにレモン果汁をプラスして効果を試しています。

可愛くカットしたニンジンボク。
小さかった木も5年で立派になりました。
足元にはラベンダーグロッソ
綺麗な黄緑色はヤツデ。
整えながらお庭のイメージに合わせます。

昨日整えたお庭
2年前の夏に作庭して久しぶり。
新しく裏庭を作る下準備と整え。ルドベキアとエキナセアが元気な夏の庭です。

見つけたこの子は小さなカエルさん。
暑いのに番線にしがみついて居ました。
番線が5ミリぐらいだから、かわいいサイズがわかりますね。
今日も暑くなりました。
雨はなさそうです。
タープの下で素敵な庭作りです。








にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
If you like it, Please press it.Thanks
いつもありがとうございます。

穏やかな環境作りを意識した庭造り

7月になったとたんに「ハイ!夏来ましたよ!」 みたいな猛暑な日曜日。
昨日から施設にいる母がお泊まりで帰って来ているので環境を施設に合わせて初エアコン。
涼しいけど慣れちゃいけない。だって明日からもしばらくお外仕事ですもん。
暑くてもタープで影を作ったり工夫しながら夕方までお仕事すると、
涼しい風が吹いて来て「お疲れ様」って和ませてくれる。
朝の涼しい空気も緑の匂いも取り入れたい。

最近、素敵な植木屋さんから下草の植栽を依頼していただくようになりました。
先週植え込み完了のレストランの前庭にはイタリアンなハーブたち。

右側の既存の樹木の下にはあまり主張しない色で左の植え込みを強調しました。
このまま右に回り込んだ通路には、草取りを軽減するような植栽をしてあります。

こちらも植木屋さんがベースを作ってくれた所にお施主様とお話しさせていただき、植え込みました。
お庭始め…どこから始めたら良いのか…そういったかたは多いと思いますが、
紫蘇も日本が誇る素晴らしいハーブ。
「スーパーで買ってくるもの」を
「お庭から摘んでくる」に切り替えてみるのもいいでしょう?
先日の蚊除けのスプレーのハーブもお庭から調達できます。

リガーデンで植え替えた樹木も立派に育ちました。
お手入れ に伺う度に、お施主様の愛情を感じることのできるお庭が多いです。

新しくアリスを選んでくださりありがとうございます。
建築前の土地。
防草シートを敷いても頑張る草達。
日当たりの良い痩せた土地は歓迎しない草達の格好の住処。
太陽の光を樹木の陰でコントロールして下草を植えるために土壌を調整して、風と雨水が滞らないようにします。

いつもお散歩コースにしているアリスのお客様の裏庭。
勝手に載せさせていただいてます。
すみません。
道行く方が楽しみに眺めてみえるようです。
理想の環境下にあるお庭を作り、そういう環境を求める人が集まって
森のような中にお家があるなんて素敵ですね。
共有するようにお隣同士で木を眺め、コミニュケーションできるといいです。






にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
If you like it, Please press it.Thanks
いつもありがとうございます。

蚊よけスパイスハーブスプレーの作り方


クローブ大さじ2
レモンバーベナ15㎝枝付き
ミント15㎝枝付き
あればシナモンスティック1本
以上を350mlスプレー容器にいれて水道水を入れて出来上がり。
あまり暑くならない所で1週間使用出来ますが、3日ぐらいで水を足して使用してください。
1週間後はハーブのみ取り出し、新しい物を入れてまた1週間使えます。
クローブの効果はしばらく持続しますが、香りが薄れたら小さじ1ぐらい補充すると効果が続きます。
先週アリスのお客様とシェアしましたので、試して見たい方が多いことを知り、公開しました。
吹き付けは皮膚等ではなく、帽子やシャツ、ジーンズなどシミの心配のない服に吹きかけてくださいね。
個人差があるかと思いますので、自己責任でお試しください。
毎日、外で庭仕事していて効果は絶大。
香りも爽やかなので赤ちゃんから使えます。(薄めて使ってくださいね。)
今日は曇りのち雨の予報。
早めに出かけて植え込みと手入れに豊田までスパイスハーブスプレーをお供に行ってきます^ ^
因みに、枝付きハーブはドライの方が良いです。




にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
If you like it, Please press it.Thanks
いつもありがとうございます。

雨の日


雨の日になりました。
とても激しく降っています。
しばらく降らなかったから庭木もほっとしているようです。
施工先の土も乾いていて蟻が沢山の働いていました。
乾くと蟻が増えてまた土が乾きます。
土が細かくなっていくからでしょうね。
今年はアブラムシが多い年で、相棒の蟻も働き甲斐があるようですが、庭を作るものとしては度を越した環境の歪みは迷惑です。
木から落ちて来た蟻に噛まれて身体中が痒いこと、1週間。
環境の歪みは殺虫剤や除草剤なども関係しています。

育っているのはあまり好まれない草ですが、地面を覆って日差しから地面を守ります。植物が覆った所には蟻の大群は見られません。
もし、草を刈り取ったらそのまま置いておく事で地面を守り、更に微生物が発生して土を作ります。
ドクダミのお花がとても美しかった
スギナに悩まされないようになった
そういう言葉を聞くことが増えて来て、
植物と共に柔らかい気持ちになれる環境作りが広がるようで嬉しいです。
こんな雨の日は悪いものを雨で流したらどこに行くのかしらと考えて見てください。
バランスのとれた生活は気持ちが良いです。








にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
If you like it, Please press it Thanks
ありがとうございます😊

コンポスト


剪定枝で作ったコンポスト。お手入れ先にて。

落ち葉の庭
--------------------------------------------------------
昨日は市内のお庭のお手入れでした。
いつものように、宿根草や低木や茂ったクレマチスをスッキリと春の支度に整えました。
今回は株立ちトネリコの幹を減らしたので、大量の剪定枝が出ました。
お庭の片隅のブロックに沿って細い幹を逆さに打ち込んで横にはたくさんの枝を使って枠を作ります。
コの字形のコンポストは使いやすくてお庭の手入れの時短と共に新しい良質な土をつくります。
--------------------------
アリスの庭はオーガニック。
落ち葉も剪定したものも皆オーガニック。
落ち葉は庭全体に敷き詰めてその場でマルチ。
春にはふかふかな土になります。
剪定枝は薪や通路コンポストで再利用。
土に還るものはありがたいですね。
今日のお手入れも葉っぱのマルチ。
冬支度してきます。

山暮らしみたいなお庭の手入れ

今日は蒲郡のお客様のお庭。
柿の木の下でラミウムやヘレボ、ホトトギスなどが育っています。
手入れの時に大量に出る枝葉を小道に敷き詰めて踏んでそのまま堆肥にします。
大きな枝はコンポストの枠や界の低いフェンス代わりにしています。
朝から夕方までカサカサ、パチパチ。
枯葉の音とハサミの音が心地よくて一気にスッキリ。
地面に近い所で植物や土の波動を感じながら、時にピッと閃いたりなんとも幸せな気持ち。
夏に敷いた枝葉はころふわな土に変わっています。
素晴らしい循環。
今日の剪定枝葉も来春まで土を温め、生物を守る。
ゴミにするなんて勿体無いですよ。
ぜひお試しを。
仕上がり直前の夕陽が矯正の仕事を讃えてくれているようです。
嬉しいお仕事をまたひとつ。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。alice garden

秋の花


Anemone hupehensis var. japonica
雨が続いていますね。
夏の間、愛知のこの地域は特にずっと降っていなかったから、
ほっとするような、降りすぎて心配なような。
先日、少しだけ台風の片付けがてら周辺を整理しました。
シュウメイギク、いろいろ咲き出してて・・・
すご~く手入れしたい気持ちを抑えながら。

シロバナマンジュシャゲLycoris albiflora
彼岸花の白花です。うちの庭には白が似合うと思って植えてあります。
田んぼや土手に真っ赤に咲く赤花種は
もう秋なんだな・・・と季節を感じますね。
シロバナも毎年決まってお彼岸明け前後に咲きだします。

先週土曜日に豊田市にて下草の植え込みをしてきました。
少しずつ深まる秋に映えるように(西日も味方になるような)
毎年この季節になると一番きれいになる植物たちを盛り込んであります。
植物に触れる仕事
こういう小さな繰り返しがとても心地よい。
地面と繋がる時間が長いほどその後の幸せが広がります。

Cyclamen Hederifolium
つい2週間前に訪れたWisley Gardenにはシクラメン ヘデリフォリウムが可憐に咲いていました。
花が終わって結実すると花茎がクルクル巻くのも可愛らしい。
その姿からの名前というのも頷けますね。
=cycle

夏のヘルプ




昨日、夕方お庭に出ましたら紫陽花やフジバカマなどがしんなりしていました。
風もあって涼しい天候でしたが、一部朝晩の潅水が必要でした。
8月に入るまではそんなに気にしなくてよかった水やりですが、やはり8月と9月は植物の様子を見ながらヘルプします。
自然な環境を基本にお庭つくりしていますが、環境に順応するまでは手助けが必要と思っています。
やり過ぎず、手助け程度に。



当初、小さな苗から育てた樹々も大きくなって、表面も土壌の状態も変化してきています。
山の生態システムをイメージしていくと、数年経って枯れるのも生き延びる事も当たり前なこと。
自然に行われる水のリサイクルも大自然の環境あればこそです。
その一部を切り取って何かに利用すれば、修復するのにどれだけの時間がかかるのか。

造成された自宅の庭を土から考えて、小鳥のさえずる気持ち良い場所にしたい。

その気持ちから環境への一歩を踏み出すひとが増えたら、きっと本当に綺麗な場所が広がると思います。


オーガニックガーデンブログに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

冬の愉しみ


カサカサ落ち葉をそのままに、暖かい午前中にちょっとだけお手入れ。リースの材料の収穫も兼ねて。

こちらは木に刺した蜜柑を美味しそうに啄ばむメジロさん。

シルホサはこの後の綿毛も素敵ですね。

寒さで綺麗に色付いたリースの素材。
一年間楽しませてくれた植物が冬枯れする前に、庭の記録の代わりにリースにして残します。葉っぱの合わせ方や色など、来年のお庭つくりのヒントにもなるのでオススメです。

元気にオーガニックガーデン施工中!


本日植え込み終了のお庭

コンクリートの上に作ったお庭はお施主様の生きがいとなりました。

病院の屋上も着々と緑の準備中です。

来週の植え込み前に左官さんのひと仕事。

毎日暑い日が続いていますが、お元気でしょうか?
私は元気ですよ。
今日もお庭を作ってきました。
隙間時間を使って他のお庭の進行具合もチェックしながら…。
病院の屋上緑化は8月末に完成予定です。暑い盛りの植え込みになってしまいますので、植物集めは暑さに強い物で対応します。
どのお庭もオーガニック。
始めはうまくいかないけど、だんだん小さな生態系が出来てきて手のかからない空間に変わります。
根気と愛情と信頼。
今年のアリスガーデンは虫による被害が少ないです。イラガも出たようですがたぶん鳥か蜂が食べてくれています。(なぜか1匹だけ見つけました)
木陰も涼しく、気持ちのいいお庭作りでいきもの皆がハッピー!

アサギマダラ


今日のアリスのお客さま

ちょっと近寄っても逃げなくて、近付き過ぎるとヒラヒラと舞い、また戻ってくる。
先週もスタッフブログでも紹介したアサギマダラ。
綺麗な蝶々さんです。
フジバカマのお花の蜜に毒性の強いアルカロイドが含まれていて、それを摂取する事で敵から身を守っているとのこと。
よく見ると羽にも白い点々、体も白い点々があってかっこいい。

オーガニックなお庭には時々はっとするような出会いがありますね。
明日も楽しみ。

プチ留学?します。


日本海を台風が通過中。
パラソルが飛ぶほど風が強く、蒸し暑い日になりました。
今日は敬老の日。でも…15日のほうが馴染みがあるかな。
九月も半分過ぎて忙しく次の月が来ると一年はあっという間です。
毎日を丁寧に身の回りの物にちゃんと向き合っていきたいのに。

12月のチキン講座終了後、3ヶ月間イギリスに行きます。
いろいろなタイミングが合わさって決定しました。
渡英中は冬ですが、たくさんの庭やナーセリー、衣食住について観察してくる計画を立てています。
イギリスやフランス(もちろん世界中ですが、今回いく予定の場所がそこなので…)の冬から春になる時期は土の中や春待ちの樹々の芽に計り知れないPowerがみなぎっています。それに関わる人たちとご一緒させてもらって、わたしなりの植物感覚にプラスしてきたいです。
アリスガーデンはその間、
スタッフizuさんが金曜日のみ営業しますので皆さんよろしくお願いします。
今年中に完成のお庭につきましては11月までの受付とさせていただき、それ以降の施工は4月からとなりますことをご了承の上、お申し込みくださいますよう、よろしくお願いします。

立秋~イギリスの風




今朝は曇っててイギリスみたい…
夕方からひんやり空気が流れてて、昼間の日差しが嘘のよう。
季節は立秋。
雨が降らない日々、今はまだ、お庭に元気がありませんが暑さが和らげば少しずつ回復していく。


今日はこちらのお宅に下草類を植え込みます。
イギリスにいる気分で植栽させて欲しいな。

緑地公園


松やゆりの木…様々な樹々がぐるりと茂った広い公園。
日向は35度もあるのに木陰には沢山の樹々を通り抜けて来た冷たい風が心地よい。
遊びに来た人たちは日向で駆け回り、汗だくになっては時々涼みにくる。
綺麗に刈り込まれた野芝と大きな樹がまるで外国の公園みたい。
今度は久しぶりにお弁当でも持って来たいな。

今朝のスムージー


ジューンベリーとラズベリー、ブルーベリー。
アリスのお庭で採れたベリーを小鳥達に取られる寸前に採り貯め冷凍保存していました。
豆乳と共にブレンダーに入れて、味付けにバナナを一本。トロトロ冷た~い、ベリーのスムージー。
暑くなってから毎朝色々なお野菜や果物を試して来ましたが、合わせるもののお味を想像しながら作るのも楽しく、はまっています。
お庭にベリー…育ててみては?

嬉しいお誕生日

IMG_1072_convert_20120427222316.jpg
毎年私のお誕生日を満開のお花で祝ってくれる白モッコウ薔薇。今年は開花したばかりです。

IMG_1070_convert_20120427222441.jpg
打ち合わせから帰ってくるとスタッフからのお誕生日サプライズ!
あるお客さまの影響で・・・「長生きしてよかった。。。」なんて思っちゃった。

ぽかぽか陽気を通り過ぎて日差しが暑い一日になりましたね。
今日もアリスにきていただき、ありがとうございました。。。
alice koyaができて7年。お庭も随分落ち着いてきました。
紅葉スモモとコナラが木陰をつくり、オーガニックなお庭中に清々しい風がそよいでいます。
今年のバラはやっと虫の被害が少なくなってきました。
冬からずっと小鳥が行き来していますので居心地のよいこの場所でエサをとってくれているようです。
トカゲやヤモリもいます。カエルも発見しました。もう少しするとちょっと嫌いなものも登場するかも。
でも、上手にお断りしています。
そんな自然の暮らしをもっとたくさんの人に知っていただきたくってお庭作りをしています。
今日ひとつ年を取りましたけど、生きてきた年の数だけはまだ頑張っていきたいと思います。
これからも自然体のアリスガーデンを宜しくお願いいたします。。。

土の勉強

IMG_2676_convert_20110915083930.jpg
かじり棒にもたれるモプシー

我が家にはうさぎが3匹。食べないから3羽ではなく3匹と言っているのですが。。。
毎日の排泄物は堆肥として処理していますが、ホームセンターでうさぎのトイレのペレットを買う時、土に戻るとは書いてありますが内容の固める素材が土となるときにどのような影響を与えるのかが気になって調べることにしました。
ひとくちに土と言っても酸性、アルカリ、土地特有の質その他いろいろ違います。
ここ、愛知県でも所変われば全くタイプの違う土なのでお庭を作るときにまず、土を知ることからはじめます。
RHSJのコンテナガーデンマスターの講座でもかなり専門的に講習を受けましたが、まだまだ自分のものに出来ていません。オーガニックガーデンを進めるにあたり、自然素材を使うといっても化学反応はおこる訳ですからちゃんと理解した上で安全な堆肥を作りそして安全な農作物を作りたいですね。
土はいずれ形をかえて自分の体に入ってくるものですから。
話は戻り、ペレットを使うと消臭もされて便利なのですが、成分表示があっさりなので(紙とか木とか)よくわかりません。だったらいっそ何も敷かず新聞紙ぐらいにしてもいいかと。ただしニオイが凄い。
特に男の子はおしっこが多いので大変です。
まあ、かわいいウーさん達なので我慢出来ますが。(うさぎは臭くないのですがね~)

夏休み

IMG_2633_convert_20110818210858.jpg
グリル&ビア

IMG_2636_convert_20110818211129.jpg
森林浴

IMG_2645_convert_20110818211253.jpg
ハーブガーデン

昨日は山中湖に行ってきました。
湖畔にあるfujiyama garden。昼間の気温は26度くらい。日差しは強いけど涼しい風。
オーガニックレストラン、グリル、カフェが同じところに並んでいます。
ハンモックカフェは実際ハンモックを体験出来て子供も大人もゆらゆらと気持ち良さそうでした。
朝7時に出発して3時間で着く予定が渋滞で5時間かかって山中湖滞在時間は4時間半。
でも広々した木陰でゆったり出来て充実の時間を過ごすことが出来ました。

夜9時頃帰宅した時の気温が29度と山中湖の昼より高くて・・・一気に疲れました。
早く涼しい秋になって~~~。

ミツバチの羽音と地球の回転

「ミツバチの羽音と地球の回転」鎌仲ひとみ監督

題目に惹かれて映画を見に行きました。
原発問題って人ごとみたいにおもっていた。
毎日使っている電気は安全なもので使いすぎないようにすればエコに繋がるとおもっていた。
生態系を守る暮らしをしている気になっていた。
もちろん、生態系を考えたオーガニックな暮らしも大切。
すぐにソーラーにかえなくても、電力会社が風力や水力、バイオマスエネルギーに切り替えれば同じルートで電気のある豊かな暮らしが出来ます。
でも、なぜか原子力発電にこだわる日本って???わかりません。
何でも売れればいい?儲かればいい?未来の子供たちのことなんてどうでもいいの???
今年の夏が懐かしくなるくらいもっともっと暑くなるなんて。。。考えられない。


映画の中にスエーデンの取り組みが映し出されています。
原発ではなく様々な方法でエネルギーを作り出しています。
みんなが生きている環境をこれ以上壊さないように早速まねしたい。

こんな暑い夏は嫌です。

同じ気持ちの方がたくさんみえますように。。。

イギリスみたいなマッシュルーム

IMG_0935_convert_20100904094601.jpg

注文したマッシュルームが届きました。
先日お邪魔した「岩崎農産」さんのマッシュルームです。
こちらはブラウンマッシュルーム。改良されたものがホワイトです。
「椎茸みたいなマッシュルームください」と注文すると日本では見たことにない大きなマッシュルームがくる。
一番大きいものは来てすぐにイギリスのB&Bっぽくソテーして食べてしまった。
しまった。写真取り忘れた...。
イギリスのマッシュルームは本当に開いた椎茸みたいな感じ。こちらはまだお行儀が良い。
見た目だけではなく味もいい。そして無農薬で栽培されていて安心なのです。
「キノコは農薬の基準がない」それをあえて有機栽培されているマッシュルームを食べられることに幸せを感じます。
IMG_0125_convert_20100904100514.jpg

イギリス「アーリントンファーム」のマッシュルーム。
こちらのおみせはキャロンさんに連れて行ってもらったオーガニックストアー。
開いたマッシュルームがゴロゴロ売られていました。
他の野菜もパックされていなくて野菜のいい香りが漂っています。

岩崎農産さんのマッシュルームと一緒にレシピが入っています。
その裏面には奥様のコラムがあって、心にじーんときます。久しぶりに感動の出会いです。


バラゾウムシ

5月くらいの陽気でしたね。
鉢物が乾くのでたっぷりお水をかけてからバラの芽や宿根草の芽を見て回りました。
たくさんの芽が出てきれいな葉っぱも出ています。そして・・・
居ました!「バラゾウムシ」
今年も活動を開始しましたね。。。なんていっていられません。
留まっている枝のすぐしたに手で受けてちょいっと揺らすとコロンと手に落ちます。
そしてブチっとやります。
その後、ニンニク唐辛子入りの木酢液を散布しておきました。
ガーデン入口のスーベニール・ドゥ・ラ・マルメゾンには大きな蕾がついています。
せっかくなので蕾を落とされないように毎朝チェックをしたいものですね。
暖かくなりましたから早起きをして・・・。

お庭はじめ



昨日に引き続き、種まきをしました。
ひとつの袋にたくさん入っていて通年蒔ける物は時期をずらして蒔きます。
驚いたことに昨日の写真、チャールズ皇太子のオーガニックの種は内容が少ない。
特に唐辛子は4粒しか入っていませんでした。とっても貴重!!
無事に育って今後アリスのキッチンガーデンの虫除けやお料理に役立って欲しいです。
さてさて・・・お庭のお手入れ進んでいますか?


種まき

暖かい日になりました。
午後から強風でしたが、外蒔き時期が遅れないように何種類か野菜と草花の種を蒔きました。
蒔いた後で鳥に取られないようにと保湿、保温のためにビニールをかけておきました。
しばらくそのまま育てる苗は卵のパックに土をいれ、フタをして輪ゴムで軽く止めます。
簡易温室みたいで便利です。
種はオーガニックです。
P4030011.jpg
育ったお野菜を使って初夏からオーガニックスープやサラダなどを作ります。
アリスのお庭で夏野菜のおもてなし・・・仕度でき次第、会員限定でご案内しますね。



このカテゴリーに該当する記事はありません。