alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

薔薇のある庭






今年も手入れ仕事が始まりました。
薔薇の誘引は休眠期に枝に水分が少なくなった頃から芽吹き出す前に仕上げます。
開花のイメージをしながらスペースに合わせて広げたりコンパクトにしたり。
また、種類によって強く切ったり自然にしたりしています。
棘の多いものは大変ですが、それなりの服装で対応すればスムーズです。
連日、堆肥を入れたり誘引したり下草の枯れ姿を整えたり。チームアリスの作業は面白くテキパキしていますよ。

留めにくい素材のフェンスなどにはワイヤーで押さえたりしています。他に棘を利用したり。
誘引の仕方は様々ですね。
モッコウバラを植えていらっしゃる方が多いのですが、あれほど大きく茂るとは思わず植えて扱いに困ると。
モッコウバラはワイルドローズなので伸びて伸びてその魅力を発揮します。
花の好みの他にバラのタイプ、性格、棘の数、葉の色などを調べて購入されることをお勧めしています。
話題になったからとか、店先でキュンとしたからだけで購入すると大体は困ることになりますのでご注意を。。

春の芽吹き出しから開花まで、長い期間を楽しむために…。
今日も頑張りましょう。

ご訪問ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

カツラの香り

l
紅葉時期のカツラの葉から砂糖菓子のような香ばしい香りがする。
今年は夏に雨が少なすぎて乾燥のためか7月後半にも香っていましたが
本来の時期にあると安心します。

落ち葉が沢山。
土になる材料は庭の中にある。
毎年積み重なって常にフカフカな土壌。
不思議とどこを掘ってもカナブンの幼虫はいない。
自家製だから?
樹種を選択するときに「葉っぱが落ちない樹を」と言われることがあるが、
そんな樹はない。
生きてる以上落葉するし、落葉で土地が潤う。
シマトネリコなどの常緑樹は宿根草などが伸び始める頃に葉を落とし始めるので私たちのような庭作りをしている人には向いていない。
なるべく少ない方が楽。
2割ぐらいが心地よい。
落葉樹は寒くなると落ちてきて冬の間、下草などすべての根を守ってくれます。

コナラを剪定してもらった。
数年、伸ばし放題でいい枝もたくさん出てきた。
そのままでも好きだったけど光を遮り、足元の環境がどんどん日陰すぎるようになったので。
剪定は自然樹形。
伐採や刈り込みではない。
本来の生育を妨げない程度に伸びやかに。
切った枝は薪用に。
ガーデンストーブやバーベキューのときに使えるように切って乾かして。
庭の愉しみ方は数知れず。
昨日、このブログを書き終えた頃、地震のアラームが何度も鳴りました。
連動してか、三河港でも小さな地震が発生してこの地域でも少し揺れました。
それでも恐怖にドキドキして何事もないようにと願ってじっとするしか方法がわからない。
震源地近くの方々の恐怖感は計り知れません。
心から穏やかな時間に戻られますように…。

山の日はアリス小屋で。

ID:clqt5s

明日は山の日という祝日だって。
すみません。知りませんでした。
なので明日はアリスガーデンお店開いてます。
山の日なんていい響。新しく仲間入りした祝日は
アリス小屋で野鳥観察する予定。
写真は4年目の屋上のお庭
めだかとは思えないサイズの魚が群れで泳ぎ回っています。
はじめは25匹の普通のめだかでした。
今はたぶん、300以上はいる感じ。
毎月お手入れに伺うのが楽しみです。
伸びた植物にハサミを入れて整えて、夏は切り戻した茎や葉を小さく刻んで土の上に置く。
株元にはたくさん置かないことがコツ。
コンポストになる植物の根がつかない様にしながら。
自然のマルチの応用編。このやり方で随分水やりも楽になり土の様子も良くなります。
今日も暑い日でしたが、手入れのしめのメダカ池のお掃除で長靴でザブザブ水に入ったり、散水機の調整で水浴びしたりで気持ち良い時間も。
明日は旅の栞や取材記事の写真の仕度。
目を休める時間にバードウォッチング。

屋上になってたぶどう。
病院の方も召し上がってみえるみたい。
ひと粒頂きましたよ。
しっかりめで甘い巨峰は種ありです。
屋上の楽しみが増えてきましたね。


少し手を入れたら整う庭


エルダーフラワーの甘い香り

クレマチスも咲き出しました。

バイカウツギの白い花も

今月のオープンガーデンは22日と23日です。
夏へと移り変わる季節ですね。
お庭の緑も益々豊かになり、花々も次々咲き始めています。
今日は秋から春先に完成したお庭の整えに、伺いました。

すくすくといい感じですね。

ハウズさんのモデルガーデンはアスファルトの上に作ってありますが元気です。

少し手を入れたら綺麗に整う…。
そういうお庭を広めて行きたいです。

嬉しいお知らせです。
アリスのお庭の奥に小さな扉があり、
その外の畑とその向こうの広い柿畑を長期お借りできる事になりました。
地主さんはアリスガーデン開業からの畑友達さんです。時々その扉からお芋やミカンなどを沢山頂いていました。
昨日もそこから…
お話しして、そんな運びになり驚いています。

どんなカタチになるかは構想中。
せっかくだから素敵にしちゃう!
それから実家プロジェクトも進行中です。

少し手を入れたら綺麗に整う…
アリス自身も実践していますよ。





雨が降りませんね…。


まだ7月の終わりですよね。
6月の空梅雨に始まって暑い日々です。
夕立も少なくてお庭の植物も夕方にはシワシワ。アリスで10年植わっている紫陽花でも低木類は特に。

遅咲きの紫陽花はまだ綺麗です。



夕方涼しくなったらたっぷりとお水をかけてくださいね。

植物は夜にうちにぐっと成長し、その際にたくさんの水を吸い上げますから、こんな時期は日暮れ前が良いですね。その時、自動冠水でもいいのですが、行き渡っていないところをよくチェックして必ず補うことを忘れないでください。
また、朝は夕方かけられなかったところをなどにピンポイントでかけてもらう程度にして、7時以降は暑くなりすぎるので植えたばかりのところや、蒸れを嫌うもののところにはかけられませんのでご注意ください。
まだまだ夏は続きます。
体調を崩されませんようにご自愛くださいませ。
明日はOpendayです。



アリスガーデンで施工されたお客様へ

3年以上経ったお庭の方も木陰になるような樹が森のようになっていない場合は特に毎日の水遣りを丁寧にしてくださいね。
やり方はお庭ごとに違いますので、心配な方はご相談ください。

新しいお庭と手入れ


岐阜の検診センターの屋上に生まれた野原はコンテナマスターの同期でもあるイングリーンの松田さんとのコラボ作品。1200株の宿根草や一年草たちを9名の人々で1日かけて植え込みました。
もともとあった屋上のお庭には一般の方が「雑草」と呼ぶ草がゆらゆらしていました。それはそれで可愛かったので、全体のプランをユラユラ系でいこういうことで意見が一致…松田さんのプレゼンも通って夏が来る前に大急ぎで準備、着工いたしました。
仕上がり具合にみんなうっとり。野原のお花モチーフの刺繍のよう。
一年かけて成長を見守り、ローメンテナンスな工夫手入れしていきたいと思います。
ぎふ綜合検診センター
〒501-6133 岐阜県岐阜市日置江4丁目47番地

先日お手入れに伺ったS庭はいつもお手入れが行き届いていて綺麗です。
おふたり目のお孫さんが産まれてお兄ちゃんのお世話で大変と嬉しそうにされていました。
ちょうど前回養生に持ち帰った苗が数点あったので植え付けとお手入れをして来ました。のんびりお庭を眺めた時にふと
力を抜いていただけたらと思います。

父の実家近くの大きなイチョウの樹。
太い幹の中が腐ってシロアリが入っているらしい。それでも逞しく葉を茂らしていて生きている。父の成長も見守っただろうこの大木。倒れると危険ということで伐採が決定したという。こんな仕事をして居なくても命の悲鳴が聞こえてきます。なんとか助けられないのか???
この話はまた。

今、小田原行きの新幹線の中。
今週漸くBlogを書く時間が取れました。

アリスガーデンは9時から6時まで営業中です。


このカテゴリーに該当する記事はありません。