FC2ブログ

alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

ジェッカさんの薬草園





オープンデーの二日間、高速バスを乗り継いでブリストルから40分ほどと歩いて18分、ロンドンから合計約4時間かけて来ました。
前回冬のファームとは違った景色でしたが、どちらも好きな場所。
月に2日間限りのオープンデーにはジェッカさんのハーブを求めて大勢のお客様が集まってみえました。
近くのひともいれば、イタリアからわざわざ来たと言う方もいて、凄いね~~というか私もかと思って笑ってしまいました。
拓也は皆さんに良くしていただいていて、8月に帰らないといけない事からジェッカさんのレクチャーの際2度にわたり熱烈嫁さん募集アナウンス。
恥ずかしがってうつむく息子に周囲の奥様方から応援の声まで上がり盛り上がっていました。
手作りケーキとハーブティや、ベジタリアンキッシュも美味しく頂きました。
サラダのドレッシングとキヌアの合わせたものがとても美味しかったので作り方を教えてもらって帰りました。
いつかアリスのオープンデーで出来たらいいなと思います。
さて、また3時間かけてロンドンまでのバスの旅。降っていた雨も止んできました。
あと2時間かかります。うちに着く頃は10時頃。さすがに真っ暗ですね。

Open alice


今年2回目のブログがこんな遅くて、風邪を心配されたりいろいろお問い合わせいただいただき、ありがとうございます。
昨日のオープンありすも楽しく温かい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございます。
本当は帰国後直ぐにアップする予定でしたが、やはり風邪と時差ボケ、ついでに鼻のかみすぎと気圧で飛行機からずっと耳が聞こえなくて気持ち悪い状態でした。
今はだいぶ良くなって日曜日の朝から横浜にいます。
1時から始まるピエトさんのドキュメンタリー映画を待ちながら。
その感想は後ほど。
始まりの写真がジェッカさんとの写真ですね。
30年憧れてきた彼女のアトリエに行ってきた時のものです。
35年前にこのハーブ園の場所を建物ごと買って住みながらリメイクしていったからバスルームもある。
そんな部屋をジェッカさんから紹介されながらも緊張が途切れず。
スタッフの方々も男前。
なぜか質問攻め。
どうやらジェッカさんが過大評価していたようでしたが、質問に答えるのは気持ち良い時間でもありました。
7月から働いている息子の拓也くんはTACと呼ばれてみんなと和気藹々とのびのび位置していました。
羨ましい。
でもそんな彼のおかげで今回熱烈大歓迎を受けて、帰りがけにはまたとないお声がけも。
どうなるかわからないので書けませんが、とにかく嬉しい。
多分、ブリストル行きのバスで貰っちゃった風邪だけど、良いこと尽くめだったので悪化するまでわからなかった。
さて、この翌日から初めてのウェールズに向かいますが、またこれが素敵。
今回の旅からもピタっとハマるパズルと光。
昨日一気にお話ししましたがまた次回のんびり書きますね。

このカテゴリーに該当する記事はありません。