alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

写真の整理と


チェルシーから随分経ってしまいました。
帰ってからは仕事と暑さに追われて毎日がヘトヘト。
お盆のお休みに少し写真の整理をしました。
じっくりと見たのは帰国後初めてです。
遠くでこちらに向かって手を振る人を見つけては
あの時間を思い出します。
本当に素晴らしい日々でした。
私にまだこんなに気力と体力があったのだ。
毎日そう感じました。
でも、慣れていたらもっと出来たのにとか
ネイティヴ並みだったらもっととか…
満足できてない自分はいつもいました。
また次があるのなら
次はもっともっと風のように蝶の様に
お庭になびきたい。
そんなことを思いながら。

良き友とこの時間があったから今の自分がある。
過ごして来た時の小さなコマが
人生の先に繋がっていきます。
明日から、また素敵なお庭作りが始まります。
1日いちにちを精一杯。
時に立ち止まり考えて
自分に自信をもって前に進みたい。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

東ロンドンのお庭とチェルシーの不思議

IMG_5890_convert_20160807212353.jpg

IMG_5880_convert_20160807212157.jpg

チェルシー設営後、訪れたDalston Eastern Curve Garden

先日、お友達と話していて思い出した場所。
計画立てていった場所ではなくて、今回のチェルシーで出会った素敵な方との待ち合わせ場所でした。

訪れる人はいろいろで
そこに用意されている手作り感あふれる大きなクッションを
思い思いに使って寝そべったりしています。
カフェスタンドもあって1日のんびりできる空間。

廃線跡の廃墟を再利用して2010年に始めた地域住民のコミュニティーの場です。
最近、国から退去を求められていましたが
この場所が地域に愛される憩いの空間ということと、人気があることで存続できることになったとのこと。

こういう場所を作りたい。
思い切って自由に。
アリスの庭を早速、近いうちにこんな空間に。

少し足を伸ばせばビクトリアパーク。ここは知らなかった。
彼女が今回出かけるときいていつか行こうと思う。
だって、そこから少しのところにオリンピックパークもあるし、
次回行ってみることにする。

IMG_5714_convert_20160807212635.jpg

チェルシーといえば、こちらのお庭で「あの石は本物か?」と質問した結果
本物だった。
彼はこの日のお庭番くん。
シャツがとってもお似合いってことで写真を撮らせてもらった。

デザイナーは別の人でどちらも親切でした。

親切ついでに内緒な話で「石を支えてるのは鉄のフレーム」と。
なるほど。よくわかりました。
木造ではやっぱり不安な図です。流石、ショウガーデン。

本日、アリスのお庭番はTAKUYAくん。
早速ご来店のお客様、ありがとうございます。
本日4時まで営業中です。
バードウォッチングは午後がオススメ。
でも4時からは打ち合わせのため出かけちゃいますのでそれまでにどうぞ。




帰国後のオープンガーデン(o^^o)


分かりにくい所にあったクイーンズヘッド。とても綺麗で後ろは違うデザインでした。
スローンスクエアの駅の近くでこんな感じ素敵な人に会う…。止まってくれて写させてくれました。
皆さん、お気をつけ下さい。勝手に写真を撮るのはマナー違反です。
必ず聞いてから撮らせてもらいます。

チェルシーフリンジの皆さん。
今回、チェルシーで知り合った裕子さんにお誘い頂き現地集合しました。世界中に緑を広める活動をされています。私も是非賛同させていただきたいです。

ライのホテルの朝ごはん。
洋梨のコンポートと自家製ギリシャヨーグルトが衝撃的な美味しさで、作り方を尋ねたい病のためレシピをゲット(^_^)v
6月3日に帰国しました。
大好きな空の旅はフランクフルト経由。
初めての空港でしたので待ち時間3時間は安心な長さでしたが、持て余し、眠くなりダラダラしておりました。

フランクフルト上空。
平らな森が次第と広がって行きます。
今回はいつもとはまた違った視点と行動でイギリスにひと月近く滞在して来ました。
先ずはチェルシーフラワーショー。ほぼここに2週間居ました。
英語環境で働くということ。。
お互いの気持ちが伝わることがこんなにも嬉しくて幸せなんて日常の使い慣れた言葉より新鮮。
それを通して作り上げたお庭は鳥肌が立つほどでした。
毎日12時間を苗のクリーニングから植え込む苗の花を減らしたり、コンポストを渡したり、苗を選んで植え込んだり…様々な作業を10日間。
毎日が充実して毎日が達成感でいっぱい。
そんな充実感をたっぷり持ち帰りましたので、次回のアリスのオープンガーデンでおしゃべりしたいです。
今週11日の土曜日は毎年恒例『森動物クリニックさま』にてオープンガーデンがあります。私たちが森さまのガーデンシェッドにてご対応いたしますので是非お越しくださいね。
6/11土曜日10:00-4:00まで豊川市桜ヶ丘ミュージアム北向
6/18土曜日10:00-4:00までアリスガーデンのオープンガーデン
お問い合わせは
08043026581アサダまでお願い致します

ショウガーデンアレコレ

ステキなアレンジの先はVIPエリア。

The Chelsea Barracks Garden...Jo Thompson 

Viking Cruises Mekong Garden...Sarah Eberle 

The Garden Bed- a partnership with Asda...Stephen Welch and Alison Doxey

Meningitis Now Futuers Garden...John Everiss

Senri-Sentei-Garage Garden...Kazuyuki Ishihara

Monty Don and Dan Pearson

L'Occitane Garden...James Basson
プロバンスの乾いた自然をしっとりしたイギリスに再現したお庭。

作庭中に綺麗だなーと思っていた目の前のお庭

The Garden of Potential ...Propagating Dan
壁が倒れてきてアプローチになってくるお庭
ユウレイソウの事は聞いたけど…
上の石が本物か今度聞いてこよう。

バードフィーダーはみんなの注目

テレビでも紹介されたユッカのパインカット(笑)
左側の状態を右側みたいにカットします。
コレ、15時間ぐらいかかりました!
鋏が動かなくなったのでフェイスオイルでケアしながら…

The Winton Beauty of Mathematics Garden...
Nick Baily

今回、初めてのチェルシー参加。私もですが、ニックの初めてのショウガーデンでメインアベニュー…しかもシルバーギルドメダルとは大したものだと評価は高い。ゴールドには及ばなかったのですが、ご来場の方々が口々に「私このお庭がいいわ」とか「植栽もパーフェクトね」とかって声を聞くと「でしょ?!」って答えたくなっちゃう怪しい日本人なのです。
そんな声を聞きながら、あれ?何処かで聞いた事ある…
昨年と今年、名古屋でのフラワーショウの時にもそう言った声を沢山聞きました。
お庭って共感した人と喜びを分かち合う…それが異国の地でも言葉じゃなくて心が通い合うことが本当に素晴らしいと改めて思います。
「彼女はこのガーデンのクリエイターだよ」
そう紹介された後、周りの方々からは怪しいアジア人ではなくなりました(笑)

Chelsea Flower Show 今日から開催です。

日曜日の朝、ジャッジが入る前に最終のチェックに関わらせていただきました。
前日から通訳で参加した娘は細かいニュアンスを私に伝えてくれたのでお互いに安心感も加わりました。
言葉だけがとても不安で行きましたが、皆さんの寛大さに助けられた現場でしたし、Nickからも重要な場所を任せてもらえました。
昨日からのテレビ中継でいつも映るので感動です。

ヘッドのアリソンとガーデナーのペッパーと。

土曜日は夜10時まででした。9時半でもこの明るさ。
照明が照らされてまたいい感じです。
さあ、今日から一般公開です。
残念ながら、セキュリティの関係上ロイヤルファミリーには会えませんでしたが。

Chelsea Flower Show


羽田にいます。
5月24日からのショウの設営のために本日ロンドンまで出かけます。
チェルシーでのお仕事は植え込みです。
初めての公式なお仕事に緊張していて、何も手につかない状態で、昨日荷物を詰めて出発しました。
先ずは大好きな空の旅を満喫しながらロンドンまでの時間を楽しみたいと思います。
私が留守中のアリスガーデンはスタッフが対応いたしますにで、お庭作りやお手入れのご予約はご連絡くださいませ。
なるべくブログの更新をしていきたいと思っていますが、フルタイムなため時々かもしれません。
搭乗が始まりましたにでこの辺で…
いって来ます(^_^)v

このカテゴリーに該当する記事はありません。