alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

HAMPTON COURT FROWER SHOW3

P7080275_convert_20110918061410.jpg
吉谷さんのブロブでも紹介されている「wee winnie magee」
Aラインなのですっきりとカッコイイ。ここで迷って買えなかった。こんなきれいなコートを着る場所が少ないと思ったから。この後最終日にハロッズで「barbour」のAラインコートを買いました。


P7080311_convert_20110918062653.jpg
マーキーの中はいろいろな商品の展示販売をしています。
育った見本の植物をチェック。新しい品種をみつけるのはとても楽しく、時間を忘れてしまいます。

P7080250_convert_20110918062225.jpg
コンテナガーデンも素敵。
古いトラフに植えられた植物。時代を感じるベースにはナチュラルカラーの植物が優しい。



私の憧れ

P7060245_convert_20110912215149.jpg
一日目*HIDCOTE MANOR GARDENにて白の上下にピンクのストールとblack&whiteの花柄エコバッグ?がアクセントになっていてかわいい!使い慣れたカメラも焦ってシャッターを押すのみ。。。

P7080118_convert_20110810084022.jpg
2日目*BURY COURTにて。この日は白にグリーンのお帽子とストールと吉谷さんの黄色いオリジナルバッグをあわせていました。この頃はまだ盗み撮りみたいな緊張感(ドキドキ)

P7080358_convert_20110912220634.jpg
3日目*HAMPTON COURT FLOWER SHOWにて購入されたアイルランドのコートとブーツを早速着こなして見えてさすがです。やっと「写真撮らせてください」といえた(笑)

P7080359_convert_20110912220525.jpg
素敵すぎ・・・

P7090355_convert_20110912215517.jpg
4日目*SISSINGHURST CASTLE GARDENにて。みんなが撮っていたので(撮影会みたいに)便乗。貸し切り椅子でした。

7月5日からの「吉谷桂子先生と行くイギリスの旅」に参加。
憧れの吉谷さんの目線でお庭を見たいと慣れないツアーに独りで申し込みました。
お庭はイギリスのお庭をとことん回られただけあって想像以上に素晴らしく、息をのむことの連続。
しばし、誰ともしゃべらないで眺めていたい風景の数々。
そんな風景を背景にしてしまう吉谷さんのファッションがとても素敵でした。
旅慣れていらっしゃるので着回しがお上手。現地で買われたものもすぐに着こなしてしまう。
少しずつでも近くなりたい私です。
一緒に写してもらった写真もありますがとても恥ずかしくて公開出来ません。
来年はオランダ旅行とのこと。
ぜひともまたご一緒して、今度はもう少し近くから緊張せずに撮らせていただきたいな。
それにはまず、何度もお会いして彼女のオーラに慣れないと。

吉谷さんに憧れてもう何年になるのかしら。。。
私の庭作りにまだ訪れたことのなかったイギリスのエッセンスを届けてくれたひと。
絵画的な庭作りを意識するきっかけになったのも吉谷さんの本から。
多方面において知識が豊富なのです。
遠い存在のはずなのにお会いしてみたらとってもフレンドリーで楽しい。
私のように憧れている人はたくさんお見えですね。
もし、まだお会いしたことの無い方は是非直接お話される機会を。
会えばあうほど魅力的で素敵です。




HAMPTON COURT FROWER SHOW2

P7080203_convert_20110911075136.jpg
人気のガーデンハウスの展示。奥のハウスで商談中でした。
アリスガーデンでは大工さんがこんな感じに作ってくれます。

P7080341_convert_20110911074627.jpg
幻想的な空間を作っていたのがEREMURUSエレムラスとIXIAイキシア。光が地面に透き通って全体に黄金色。
小さなアリスになってこの森を散策したいと思いました。

P7080347_convert_20110911074757.jpg
今年の案山子はアリス。小学生が作ったALICE in WONDERLAND.

P7080320_convert_20110911074528.jpg
ラベンダーの品種違いでアレンジしてあります。お庭でも参考にしたい色合わせですね。

今回のフラワーショウは「色彩を見る」と目的を決めて行ったのでこの画像の他にもっと強烈だったりと今までに私の好みから外れていたものからの刺すような刺激を受けて来ました。
その刺激のもとは吉谷さんにお会いしたことから始まって、旅をご一緒出来たことによってさらに新しい世界が
開けた気がします。

HAMPTON COURT FROWER SHOW

P7080208_convert_20110910071628.jpg
マーキー内のニンニク屋さん。凄いニオイでしたがそれ以上に素敵でした。写真のお姉さんがひたすらニンニクを剥いていました。アリスのお庭にもギガンチウムの代わりにニンニクを植えています。お花の色は負けますがポイントにも虫除けにもなります。おすすめ!
P7080167_convert_20110910071318.jpg
壁面のグリーンの色合いと手前のお花が優しくて素敵なお庭。
P7080160_convert_20110910071132.jpg
おしゃれな自給自足生活。これからますます広がってほしい。。。

7月の続きですが・・・
2年ぶりのハンプトンコートパレス。今回も雨が降ったり止んだり晴れたりと忙しいお天気の中ぐるりっとまわってきました。始めは吉谷さんについて2カ所ぐらい回りましたが、雨のため傘や人で作品が見にくくなったため独りで気ままに見てきました。
今年はマーキーの中が素敵した。新しい苗や植物の色合わせ、形のあわせかたなど。
そういう目的で行ったからかもしれませんが、もっと時間が欲しいくらいの屋内展示でした。


涼しいですね。

IMGP0283_convert_20110821164155.jpg
雨が降って日差しも無く急に涼しくなりました。ずっとこのままがいいんだけど・・・。
イギリスもこんな感じでした。強い光線があたらないことが多いせいか湿度が低いのか。。。
お花の色がすっきりと見えます。
この写真はシシングハーストのホワイトガーデンです。
白や青は朝のお日様が出る前と夕方の暗くなる寸前が素敵。そして曇った日も大好き。
こんな日はお庭にずっと居たい。
プランを描きあげたら1週間くらいはお庭にこもりたいと思います・・・。
今は、素敵なバレエ音楽を聴きながら空想中です。

Chamaemelum noble

P7090348_convert_20110815093629.jpg
学名:Chamaemelum noble ‘Treneague’ 分類:キク科、多年草
シシングハーストの石のベンチにローンカモマイルのクッション。座るとふわっと青リンゴの香り・・・
実際には'PLEASE DO NOT SET HERE'と書いてあり座れません。園芸をはじめた頃に憧れた写真の一部を実際に見ている・・・そして香りを感じている・・・。随分前の感動とリンクしてとても不思議な気持ち。ずっとイギリスにいるような、夢に見た風景に出会ったような。
aliceのお庭ではこのところの猛暑でゲリラ雷雨も無くカラカラな状態。
日頃はほとんど水をかけないお庭に3日前から夕方だけ散水している。
次の雨までの間頑張ってもらわないと枯れそうな気がして応援散水。
来年はもう少し樹木の陰が増えて散水も無しでいけるといいのですが。
ローンカモマイルのベンチでは難しいので植物を選ぶならセダムかと。
でも香りは無い。
日本の植物が全部セダムにならないように、調和のとれた植物が育つ環境を維持して行きたいから・・・
樹を植えよう!!木の下のローンカモマイルの絨毯でお昼寝したらみんなHAPPY

BURY COURT

P7070109_convert_20110810084115.jpg
Pyrus salicifolia Pendulaの刈り込み!!あ~ナシだからこんなことも出来ちゃうって感動。しかもスタイリッシュ!

P7070113_convert_20110810084239.jpg
Stipa arundinacea(アルンディナセア)とAllium sphaerocephalum(丹頂)
秋のカラーも計算済み。

   
IMGP0199_convert_20110810085901.jpg
ローメンテナンスなんて信じられないくらい。

今回のイギリスで一番人気だったバリーコート。
ローメンテナンス(LOWの度合いはわかりませんが。。。)のオーガニックガーデン
お花の咲き具合、蕾み加減が絶妙で参加者の皆さんのハートをワシヅカミにしたお庭
こんなお庭が欲しい!イギリスの田舎のお庭の標準サイズくらいで植物をこんな風に選べば老後でも楽しめそうです。もちろん、イギリスで。。。

BRAMDEAN HOUSE

上野砂由紀さんが研修したというお庭です。
ミラーボーダーと呼ばれる左右対称なお庭には、オーナー婦人の女性らしい植栽が。
ゲートの奥にはキッチンガーデンが広がっています。
P7070057_convert_20110731175247.jpg
お屋敷から見えるお庭
P7070095_convert_20110731180546.jpg
反対側からはこんな感じ。ふかふかな土とくっきりエッジをカットした芝がいい。
いろんな植物をいっぱい詰め込んだ欲張りなお庭をすっきりと見せています。

HINTON AMPNER

HINTON AMPNERはHIDCOTE MANOR同様ナショナルトラストが管理しているお庭。
今回初めて行きましたがここはランドスケープガーデンという景観式のお庭を再確認出来た気がしました。
目障りなものは一切ありません。(マクドナルドも緑か茶色です)

P7070382_convert_20110730122337.jpg
建物側から見るとずっと広がる牧草地ですね。よく見えないかもしれませんが、刈り込まれた木の間には羊クンがいます。このままではお屋敷に来て植え込みを食べてしまうかもしれません。

P7070389_convert_20110730162437.jpg
でも、よく考えられています。近くに行くと・・・「はー!?」と驚く「ハーハー」と呼ばれる段差がありました。イギリス人でも日本人でも感心する時の声は「ハハーン」みたいな「ハーハー」なのだそうで、こういった羊避けはゲートのところにあるアイアン(ドブ板みたいな網のもの)を含めそう呼ぶのだそう。
そういえばウチの犬も側溝の金網は足がはまってしまうので自然と避けていますね。
そういった昔からの知恵をナショナルトラストに限らず、今も受け継がれているから景色が変わらないのですね。


P7070028_convert_20110730162730.jpg
そして、お部屋からのこの景色。ゆったりとお茶をいただきたいようなゆったりした時間を提供してくれますね。
は~・・・。

MOTTISFONT ABBEY GARDEN

ずっと行ってみたかったお庭の中でこのモティスフォント・アビーガーデンとシシングハーストは私の中ではダントツ。20年ほど前、本屋さんで出会ったBISES。シシングハーストのホワイトガーデンにクギヅケになったことを思い出します。
モティスフォント・アビーガーデンは元々修道院。当時そういった場所は精霊の宿る場所を選び出して建てられたので感じる人には妖精がみえるという。私にはみえませんでしたが、お庭に続くひんやりした小道、随分昔から時代を見下ろしていた大木そしてお庭。鳥肌が立つほど心に響く感動こそが妖精からのメッセージではないかと思います。


P7070271_convert_20110724092817.jpg

P7070288_convert_20110724093144.jpg

P7070285_convert_20110724093005.jpg

HIDCOTE MANOR GARDEN

2年ぶりのヒドコートマナーガーデン。
キッチンガーデンのスペースが出来たということで、今回は2時間の散策時間内でまわってきました。
前回も7月のハンプトンコートフラワーショウの時期でしたので同じなのですが、アストランチアとアジサイ‘ヘイズスターバースト‘が咲き乱れるはずの小道はちょっと寂しい感じでした。
新設されたスペースはしばらくフラワーウォークが続き、左に曲がると仕切られたキッチンガーデンがありました

IMGP0096_convert_20110718232159.jpg
バーベナ・ボナリエンシス。オレンジ色のお花(検索中)と合わせて新鮮。

IMGP0060_convert_20110718232423.jpg
あちらこちらで見かけられたエリンジューム。白にほんのりブルーがかかって涼しげです。奥にみえるのはセアノサス。

IMGP0055_convert_20110718232304.jpg
とってもきれいなポピーを発見!

IMGP0082_convert_20110718234528.jpg
キッチンガーデンとハーブガーデンです。気持ちのよい香りが漂っています。


WHICHFORD POTTERY

有名なウィッチフォードポタリー。
水分を含んだ鉢は冬に凍結の為割れやすくなりますが、こちらの鉢は割れないということでも人気があります。
もちろん、デザイン的にも素晴らしくて植物をさらにグレードアップさせます。

P7060159_convert_20110716034852.jpg
並べ方も絵になります。寄せ植えしなくても欲しくなってしまいますね。

P7060141_convert_20110716033902.jpg
スタンプ

P7060165_convert_20110716034349.jpg
プライベートガーデンも見せていただきました。

BROUGHTON GRANGE ESTATE GARDEN

5日午後3時過ぎにヒースローに到着後、雨の中バスでオックスフォードのホテルへ
一人参加の私は同じく一人参加のKEIKOさんとルームメイトになりました。
翌朝、ホテルで朝食をとって9時には出発。ブロートン グランジへ。
Tom Stuart-Smith・・・ナチュラルとモダンを融合させたようなお庭。
最近こういうお庭が流行っているのか、自然を意識したお庭に感動しました。
イギリスのガーデンも少しずつ変化しているようです。

P7060080_convert_20110714231202.jpg
「どうぞこちらへ」ではなくかなりの恥ずかしがりや。「ついてこないで」なのかも。

P7060074_convert_20110714230939.jpg
まあるいもよもよカットのノットガーデン。きちんとしていないけどノットガーデンなの?と思いながらタイプです。中にはケール等のお野菜やお花達が植えられていていました。

P7060126_convert_20110714231056.jpg
そんなもよもよをカットしているお兄さん。広いお庭を5人で管理しているらしく、担当はあるの?って聞いたところ「ヘッジとかのカットをしているよ」って。

P7060047_convert_20110714230407.jpg
どうしても気になる温室。いつか欲しいと常にチェックしています。

帰国しました。

IMGP0158_convert_20110714092106.jpg
ガイドのミナミさんと運転手の??さん(忘れてしまった~)と吉谷さん。ウエルカムディナーにて

昨日午前9時半頃、成田空港に到着。飛行機を降りてすぐに汗が・・・。
何処に着いてしまったのだろうと思うほどの暑さです。

これから、今回の旅を振り返って行きたいと思います。
その前に母の病院、施工中のリフォーム等々・・・10日間ものブランクを埋めなければ!
留守中スタッフのIちゃんはじめ、Sさん、Kちゃん苗の管理ありがとうございました。
きれいにキープされていて感謝です。

明日、帰国します

まだ頭の中で整理しきれないたくさんのお庭巡り。
写真を眺めながら、その空気感などを思い出しています。
3日間で10箇所ものお庭をのパワーを全身で浴びました。
どこをとっても素晴らしく立ち枯れたものさえ素敵でした。
ツアーの方々はとてもフレンドリーで皆さんそれぞれ園芸に長けて見える方ばかりです。
連絡先を教えていただいたり出来ましたので、今後も仲良くさせていただけたらいいなと思っています。

そして、明日の便で帰ります。
写真は帰ってからゆっくりアップしますね。
イギリス時刻で23時。
おやすみなさい。

クラシックカーでお迎え(^ ^)


バスでチッペナムに着いたのが1時45分。5分程待っているとそこには見たことあるクルマ?
娘達が迎えに来てくれました!
途中、スーパーに寄ったりオーガニックのアーリントンファームに行ったりしてFosse Farmhouseへ。
イギリス人の大好きなクルマらしく、いろんな方から声をかけられました。
モーリスマイナーという車です。


National Expels でチッペナムに向かいます?ここからひとり!初めての高速バスです。二時間寝ない様に?

Naritaにて

明日からイギリス。
午後4時過ぎの電車で成田に向かいました。
駅まではスタッフが送ってくれたのでとっても楽できたのに…
品川から成田までエクスプレスにしなかったので通勤ラッシュと節電の影響で成田につく頃にはお疲れ~。
ブログの更新できるかなo(^▽^)o
iPadから頑張ってみます。

このカテゴリーに該当する記事はありません。