FC2ブログ

alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

除草剤まいてある。


私が散歩のたのしみな場所にそんな立て看板をみつけて愕然としました。
なぜ撒くの?体裁?
薬剤は勿論人体には無害、地中で分解されるとあります。
それ以前になぜ草達は地球に生かされてているのかと考えます。
新しいお客様とお会いする際、大体の方が「草ボーボーでお恥ずかしい」と言われながらお庭を案内してくださいます。
「夏は特にボーボーにしておいてください。邪魔なら踏んで倒してくださいね」
お庭作りをされる前の状態は下手に草取りしたりすると地面がカリカリになって後の工事がやりにくいのです。
土表面は常に緑色であってほしい。
雑草だとしても。
火星が大接近する今日から暮れ辺りまで。
第2の住処として研究されているとも聞きますが、地球の未来を考えると今できることをしていきたい。
目の前の除草剤は小さなことかもしれませんが、薬局等で売られている洗濯ボトルサイズでどれだけの緑がなくなり、虫たちが居場所をなくし、居場所を求めて陰になる住居に侵入。また殺虫剤を使う。
緑のなくなった土地は薬と炎天下の働きでバサバサになりさらに温度を上昇させる。
気持ちの悪い循環から離れるには自然を理解して、身近に作ることだと思います。

和風とか洋風とか

今週完成したお庭です。
手入れがしやすいよう石積みの途中にステップを作ってもらいました。

小さな拘りは果てしなく。
綺麗な石のステップは雨の日に美しい。

お手入れ先のアーマンダー

日本庭園の整え
以前飛び石だったと思われる石をエントランスな見せ方で敷いたら庭に動きが出始めました。

夜桜が綺麗なお宅のバルコニーには薔薇が這う日も近い

アリスに咲く植えっぱなしのチューリップ。

母屋と新宅を結ぶお庭は既存の柿の木と椿を生かしてデザインしました。
傾いた樹勢を新しく植えたツリバナでふわっとさせいます。
何でもかんでも新しいものが良いのではなくて、そこにあるもの、利用出来るものを使えば思い出も重なって感慨深いものになる。

言われたらブロックと分かるかもしれないけど、使い方でちゃんと役に立つものになりますね。
ここは母屋からいつもお母様がお茶を運んでくれるのに便利な動線。
お陰で何度も美味しいおやつをご馳走になりました。
自然の風景に沿ったお庭作り。
和も洋も分けない。
無理なく気持ちよくゆらゆらした風景は
ありすの庭のかたちです。
イギリスに行くたびに重なる自国の風景。
調和のとれた季節の植物風景を点在出来たらきっと人と人、庭と庭が結びつき、やがて波紋の様に。
今年も5月は渡英の為不在ですが、スタッフさんが平日お店を開けてくれますので、ブログをチェックしてからお出かけくださいね。
よろしくお願いします。

春の整え


神奈川のお庭。
寒い冬を越えた植物達。
地上部は雪などで痛みがあるものの、
しっかりと根を張って、傍から小さな芽を吹いていました。
時々お写真を送っていただき、綺麗にされていることを拝見していましたが、手を入れるまで内心ドキドキ。
愛知県から車で4時間弱。
朝出かけて10時頃から作業できれば整えられる。
ぐらつくものが少しありましたが、対処して軽くニームで予防しました。
関東エリアから応援に来てくださった方々とお昼から本格的に整えと植え足しして春の管理を終了したら日が沈みました。
これから気温も上がりむくむくと育つお庭の緑をこの6月に梅雨入り前の整えに伺える。
育つ過程を時折手入れできることは仕事を超えた楽しみとも感じています。
仕事エリアが広がって予定もいっぱいですが、時々ぼんやりな時間も頂きながら頑張ります。

ちょうど桜が満開な時でした。
瀬谷区の海軍道路
長い桜の並木道を走りました。

今日はアリスで種まきしてます。
あったかい日でちょうどいい。

形の違うもの達の共演


昨年から1月にかけて作庭したお庭。
エクステリアの要素はカーポートのみ。後はなるべく手作りで優しく。フロントガーデンはぐるりと散策できるように植栽してあります。

石を少しだけ積んで植栽スペースを広げました。
落葉してて見にくいのですが春には賑やかなお庭です。

お花見ジョウビタキくん。
今日は雨になりました。
薄暗くてしっとりした朝はたっぷりのお茶をお気に入りのマグで。
明るい日は落ち着かなくて出かけたくなりますが、雨や曇りの日は好きな香りや電球ひとつでのんびりしたいです。
さて、形の違うものとは。
ひとつひとつ大きさや形、性質の違うもの達が周りにあります。
例えば石。
ごとごとしてる石を手に取りひとつずつ積み上げていく様は芸術です。
石積み職人さんの手にかかれば、その石が道端に落ちていたものでも美しく変身させてくれます。
形の違うもの達をうまく組み合わせて魅せる技。
それからよく使うのが割れた煉瓦。
これも使い方ひとつで素敵な塀や石畳の様に。
最後に合わせる植栽は実は最後ではなく初めから描かれています。
植栽のデザインを描き入れることは単に木を配置するのではなく、影を作ること、空間を作ることを目的としています。
下の植物が快適に過ごせる様にふわりと覆う光景はみんなが支え合ってみえます。
植物と縁がないけどシンボルツリーは入れたい…
そういうお庭は管理が難しいのです。
お庭は支え合って美しい空間を作っていますから。
自然の中に身を置いて自分も植物も虫、鳥などの生物と共に楽しむことがこれからの癒しになりますように。

Spring ephemeral春の妖精

スノードロップ

原種のチューリップ

ムラサキケマン

クロッカスとタネツケバナ
3月に入りました。
年明けから早いこと。
時々暖かな陽が注ぐと妖精達がいそいそと開花しているようです。
ガーデナーもその頃から気忙しい日々が始まるのです。
でもね、気忙しいんだけど、小さな芽や花を見つけて嬉しくなったり、ワクワクしたりする事で一つずつ、ひとつづつ進めていけるのかなと思っています。
お庭を持つことで季節ごとの愉しみを味わっていただける。
自然を身近に置いて対話が出来る人が増えますように。
春の暖かな日に。
Lovely spring ephemeral.
I am starting busy days from in March.
But, sometime I am happy when I found a spring ephemeral.

アリスの教室と冬の庭


年賀状に電話番号が無かったからと直接出向いてくださったマダム。ありがとうございます。
丁度アリス小屋にてミーティング中でしたのでお会いすることが出来ました。
ネットの時代とはいえ、電話番号は必要ですね。
新しく作成したものには今後の教室の予定を載せています。
今年はほぼ毎月、楽しみな教室を予定しています。
時間があればsoup asadaのオリジナルスープも。
1月27日のリース教室¥3000+taxまだお席があります。
2月24日スコーン教室¥3800+tax
3月24日マーマレード作り教室¥3800+tax
4月21日ナチュラルガーデン教室¥5500+tax
お問い合わせは0533875177
不在の場合転送されますのでしばらく呼び出してください。

アリス小屋の植物達。
霜除け程度の寒い部屋で健気です。

落ち葉に埋もれながら顔を出したオキザリス。
自然の中で生きている姿から底知れない力を感じます。
冬のお庭から感じる土のエネルギー。
今日も素晴らしい日になりそうな予感。

自分の立ち位置


ガイラルディアのタネボンボン

雨降りでしたので小屋のお片付け

先週日曜日の台風では吹き返しの風も強く、オリーブなど幹が柔らかい樹木が倒れる被害がありました。
あらかじめ剪定していたものでも風の向きと相乗して強まった風力で傾いたものもありました。
月曜日から金曜日までは通常の手入れに剪定、支柱立てが加わってハードな週でした。
やはり、杭打ちや鋸を使った剪定などは男子にお願いするべき。
でも頑張れば出来てしまう事。
今までは出来ていた事。
自分でやれば手っ取り早いし。
そう思っていたけれど。
台風後などいつものペースに追加のハード作業は半世紀越えの女子には堪えます。

台風の被害も無く、すくすくと育っていた美容室のフロント。
季節ごとの整えでまたしばらく綺麗をキープ。
道行く人に声を掛けられたりして植栽の効果も実感しています。
お庭が綺麗だからインテリアもこだわりだしたとの嬉しいお話や、お散歩のコースを変えたとか。
色々な方の視線が注がれて植物たちも嬉しそうです。
関わった皆が幸せな気持ちになれる。
そういった空気は気持ちよく流れていくと感じます。
ずっと続けたいからこそ、毎年秋の台風時期に考えるこれからのこと。
自分の立ち位置。
雨の土曜日にアリス小屋の整理整頓しながら、目の前のものとゆっくり向き合っていきたいと思う自分がいる。

さて、台風も過ぎたようです。

秋の花

秋明菊

シロバナホトトギス

フジバカマ

小さな花が咲くありすの庭

夏に何度も切り戻した菊
切り花用の菊はすっと高く育つので何度も切り戻して背丈を低くします。
野菊みたいで優しい印象になるので、秋は菊が咲くようにデザインしています。
秋明菊は菊咲のアネモネです。
Anemone hupehensis var. japonica
地下茎でも種でもどんどん増えて群生すると美しい景色になりますね。
秋風にゆらゆら揺れる姿が優雅です。
同じく、群生して美しいフジバカマ。
Eupatorium japonicum
どちらの学名にも日本原産を示す文字があります。
そのほかにも日本にはたくさんの魅力的な植物があり、海外の園芸仲間にも質問攻撃にあいます(笑)
今年はモグラの仕業でフジバカマが不調ですが、お花がついてきましたよ。
そろそろアサギマダラがやって来る頃なんですが…どうでしょうね。
イギリスの秋のお庭でも、フジバカマの家族が美しいなと感じます。
昨年も一昨年もイギリスの気候を羨ましく思いました。
いつでもキリッとした澄んだ空気感。
日本では暖かくなりかけた春と涼しい秋の朝夕に少しの間だけイギリスに似た匂いに乗った感覚があります。
くっきりと発色された花色は秋の色です。
北に行かなくとも自分のお庭から発せられる北の感覚を受け止めることができる秋になりました。
日中の暑さももうひと超えすれば。

イギリスに到着


日本時間、昨日早朝無事にヒースロー国際空港に降り立った時の写真が送られて来ました。
予定より1時間ぐらい早く着いたようです。
セントレアに行った際、いつもは送られる側の為、お互いに違和感がありましたね。

フィンランド経由のこの飛行機は便利で乗り込む時間帯も到着時刻も丁度いい。
機内のムービーはJALに比べて最新が少ないのは残念だけれど、ヘルシンキでの待ち時間を作れば小さな空港を楽しむ事が出来ます。
2年前、Takuyaとヘルシンキに1泊してからイギリスに入国した際も丁度9月でした。
サウナでも有名なフィンランドの冷たい海で少しだけ泳いだ記憶が蘇ります。

さて、残されたワンコと私たち。
家族がふたりロンドンで生活しているため、生活のスタイルを変えようと炊飯器をしまいました。
それぞれの時間に合わせて環境を整える事。
急に寂しくなってしまったけど、私なりに良いカタチを作っていきたいです。

自分のためのステップアップ


今日はアリスガーデンで4年間修行した我が子Takuyaの最後のガーデンワークです。
日本の造園の先輩方にもたくさんの技を教えて頂き、私から見ても成長した彼がさらに深い味わいのある庭師になれるよう応援したいと思います。
本日、5時までアリスガーデン居ますので、会いにきてくださいね。

のんびりしました。


1週間のお盆やすみ。
ちょっとのんびりしました。
お仏壇に飾るお花を選んだりして、ゆったりな時間を過ごせたと思います。

おやすみ前から始まった草原プロジェクトは明日、土台作りになります。
今。私が編集している新しいホームページに書いたりしていますが、草のたなびく風景を広く作って行こうというものです。
ホームページはまだ途中なので公開はまだ先になりますが、アリスガーデンが目指している事のまとめの様な内容です。
なにぶん、PC作業は不慣れで時間ばかりかかりますが、自分の言葉で伝えたいと思って取り組んでいます。
おやすみでのんびりしましたが、もぐらの出現などで観察、対応の他に思いつくいろんな事が頭の中でぐるぐるしてましたので、結果脳みそはおやすみではなかったかもしれませんね。

仏壇に飾ったアレンジは変わった菊と蓮の実とクロコスミア、ベンケイソウ、フィソステギア。
画像のはじめは蓮の茎。
何処を切っても蓮根型で楽しい。

5月6日は臨時休業


4月29.30日。
トラックガーデンに参加した時のアリス号。

小さな軽トラの荷台はちょっとしたカフェ気分。

今のアリスガーデンの様子。
植物がわさわさしてきました。
(し過ぎです)
今週の土曜日はアリスガーデンのオープンディでしたが、横浜緑化フェアに出展中のお庭のメンテナンスに行く都合で急遽おやすみさせていただくことになりました。
丁度雨予報もあり、その日にメンテナンスの予定を入れることにしました。
11日より6月1日まで渡英という事もあってまさに、大晦日カウントダウンな必死な状態。たくさんの予定を入れ過ぎてメンテナンスやお庭の出来栄えに影響が出ないようにスケジュールを組んであります。
5月10日水曜日9時から12時までのみお庭を開けます。
午後には知多のお庭のチェックを兼ねながら夕刻スーツケースをもってセントレア入り。
翌日早朝の便で渡英します。
今年のチェルシーフラワーショーは少し複雑ですが現地入しないといけません。
期待を胸に。

美しい姿



昨年1月4日には幹が空洞になってもしっかりと枝を出して葉を茂らせてていたのですが、今月11日に行くとびっくり‼️こんなにスッキリしていました…。
なんと、ショックな姿に愕然としてしまいました。
下から新しく細い幹が伸びて来たからそちらに更新したのでしょう。
倒木等で被害が出てはいけないのなら支えるとかして頑張って欲しかったな。
この木に毎年勇気をもらっていた人は私だけじゃないはず。
お稲荷さんにお参りしておみくじ引いてこのマテバシイに根性分けてもらって帰るという順路が。
本当に残念。

ご訪問ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。
昨年中は様々な方々に助けられ、褒められ、よく笑い、感動した一年でした。ありがとうございました。
素晴らしい年明けの朝、重箱にたくさんの恵みを詰めました。
仕事の合間に季節ことの頂き物を保存。
夏蜜柑はマーマレード、梅は梅酒や梅サワー。
これは隠し味に使います。
栗は甘露煮
大根は人参となますに。
暮れに戴いた採れたての蓮根は小芋と共に煮しめ、酢蓮根。
大きなホワイトハム。
庭からしいたけと葉っぱ達。
買ったものは海老と卵、鶏肉ぐらい。
年末ギリギリまで大忙しな生活を頂き物や保存食が手伝ってくれます。
最終仕上げと詰めるのは元日の朝。
暖かい地方なので薄味食材の常温保存が心配なので。

朝7時前。建物の間が燃えるように赤くなって来ました。部屋の窓が明るくなって来ると飛び出してみにいくの。

アリス小屋からあけましておめでとうございます‼️

白万重の花が元旦の朝の庭を飾っていました。
本年もよろしくお願い致します。
年明けは7日午後1時からです。
アリスガーデンの新年おしゃべり会かな。
ご訪問ありがとうございます

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ワークショップ

今日はクリスマスリース、ガーランド、スワッグの製作が1000円で出来ますよ。
ご参加希望の方はご一報下さいね。
一番オススメなのはスワッグ。
簡単に出来てそのままドライになります。
昨日よりは穏やかな日になりそう。

昨日は2件のお庭のお手入れと植え込みでした。
風が強くて道沿いの手入れは切った枝を入れたパッグごと飛びそうになり、足で挟んでの作業でした。
綺麗になって嬉しい細くて長い花壇の手入れ。
この日はシクラメンを追加しました。
道ゆく人も嬉しいように。。。

クリスマスリースとアレンジ門松展


新年に清々しい風を。
今年はご注文と教室に加えて門松展を開催します。
17日土曜日は小さなサイズからいろいろなアレンジの門松の展示販売。
その日から飾れるフレッシュなクリスマスリースとガーランドはお正月の飾りにもなって、クリスマスからお正月までの間、フレッシュな香りで気持ちを上げてくれます。
9時から5時までアリス小屋にて。
ご訪問ありがとうございます

人気ブログランキングへ

薔薇の誘引


3月に植え付けた薔薇たちがすくすくと育って、誘引の季節を迎えました。

宿根草も葉牡丹も引き続き育っています。

お施主さまもびっくりな葉牡丹。
「葉牡丹って一年草じゃないの?」って。
3月にお手持ちのポット薔薇を配置替えして、つるバラ、ランブラーは誘引、シュラブは剪定してきました。
ランブラーローズのガーデニアはゆったりした樹形なので壁面に仕立てるのも綺麗。
つるアイスバーグは少し立ち上げてから左右に広げる様にしました。
誘引前にずいぶん切りましたのでスッキリしています。
薔薇の誘引には来年の楽しみに合わせ、誘引の美があります。
この作業が好き。
そしてとても楽しみな春のしたく。
年末までお手入れがいっぱいになっています。
1月も既に予約が埋まってきていますので、ご希望の方は一度お問い合わせくださいね。
今日は久しぶりのぶどうの森さん。
毎日気持ち良いお庭作りと手入れに出かけています。
お店は土曜日のみです。
土曜日にお出かけくださいね。

門松作り教室


基本サイズ(オーダーは¥12000~12月10日まで)

小さいサイズ(オーダーは¥5000~12月10日まで)
昨日は好天に恵まれて門松作り教室をいたしました。
ご参加の皆様と縁起の良い門松を作ることが出来てとても清々しい気持ちです。
あらかじめ用意した植物をご自由に選んでいただき、合わせ方などアドバイスさせて頂いたあと、いよいよ植え込みです。
昨年、ご注文頂いた方はリメイクまたは鉢増しして更に立派に。
門松と言えば役所やデパートなどの前にドーンとある物を想像しますが、なかなか一般家庭では大きくて、時期外れには要らないものになる。
西洋のクリスマスツリーも1月6日を過ぎればツリー専用のゴミ置場に追いやられます。
何年もかけて育った植物をあっさり…。

竹を取れば品の良い寄せ植えとして一年間愉しめるように、時には料理に使ったりできるようにと、様々なコンセプトの門松が出来上がりました。
取り外した竹も、リメイクで一輪挿しなどになりますよ。
せっかく呼び込んだ福の神さま。
一年間お守りいただきますように。
アリスガーデンのコンセプトは「自然に感謝」
剪定枝は薪や支柱、落ち葉や草は堆肥にするなど大切に使っています。

今年も竹の加工をしてくださった竹取の翁…
タケヒロ産業のジョージさん、竹と門松の話をありがとうございました。
今年は12月10日まで門松のご注文を承ります。
お問い合わせフォームよりご注文ください。
ありがとうございます。

紅葉(こうよう)

ありすの庭のサルスベリとコナラ、ハナミズキなど次々に色付いてサルスベリは素晴らく美しい。

昨日はお天気に恵まれて、お庭の木々を透かせていました。絡んだ枝は鳥たちの視界を遮り、餌の発見も天敵の発見も遅らせます。スッキリとした枝に留まって羽を伸ばして気持ち良そうな空間が理想。

サルスベリの剪定はこの紅葉を見終えてからにしよう。

雨上がりの日にひょっこり現れた椎茸。
もう3年目。
今年はもうないかなと諦めてたから嬉しいご褒美椎茸さん。10個位は成ってます。
実は昨日2つ食べました。

成長が速い!
なんとも美味しい採れたて椎茸さん。
まだしばらく楽しみな感じです。

夜ありす。
電飾でほんのり明るくしてみました。
日暮れが早い冬の始まり。
今週土曜日も5時までです。

ハウステンボスのフラワーショウ


Piet Oudolfデザインのプレーリーガーデン。
Muhlenbergia capillarisの穂とVerbena bonariensisのお花の色に合わせて様々な葉の色などがが秋の空気感をつくっていました。
今年のチェルシーフラワーショウにてお会いした、ハウステンボスのお庭の管理をされている永村さんに案内していただくという贅沢なガーデン巡り。
上の写真は永村さんらがピエトさんのデザインに忠実かつ植物収集にご尽力されながら植え込まれたものです。
雨上がりでグラス類は朝のうち垂れていましたが、気温の緩やかな上昇と共に起き上がり、香り立つ、気持ちが溶け込むような空間でした。
イギリスやオランダでPietさんのガーデンスタイルに出会って、子供の頃良く遊んだほっとする風景と重なりました。
不自然でケミカルな現状から抜け出す手がかりがここにあるとおもいます。
荒れた雑地にして置くと税金が上がる。
それ故、除草剤を使ったりして夏なのに黄色く怪しい草むら。
または丁寧に刈り込み、草を一掃。
その大変な作業をしながら温暖化を進めている。
もし、日本中の空き地や休農地が草むらだったら夏の間に土が育ち、暑さも吸収してくれるのに。
画像に見るプレーリーガーデンスタイルは地球に必要な素敵なガーデンスタイルです。



マレーシア、Lim In Chong リム イン チョングさんの
「子宮」という作品は温かく包まれる空間
ずっと中に閉じこもっていたいような。



イギリスのAdam Frost アダム フロスさんの作品
イギリスのデボン州にあるような風景を表現されています。
本当にナチュラル。
花の色も抑えて葉の色形がバランス良くて。
イギリスの国営放送によく登場されていて、お会いしたことはありませんが、今年のチェルシーフラワーショウで私のYuccaを紹介してくれていて一方的に親近感を持っています。
ハウステンボスでは11月3日までこのフラワーショウを開催していて、他に素晴らしいフラワーアレンジメントの世界大会を開催されています。
レンブラントのリ・クリエイト展は12月5日まで。
こちらも複製ながら素晴らしかったです。
オランダ国立美術館やイギリスナショナルギャラリーなど世界の美術館や個人に散らばった絵画が集結。
絵のサイズなど忠実なのとプリント技術がすごいので肌の下の血管の青までが透き通ってリアルです。
オランダ国立美術館で時間をかけて鑑賞したレンブラントの作品以上に見ることが出来ました。

自然の力


エノコログサとコスモスが綺麗な季節です。
その向こうに見えるのはオオアレチノギク。
アリスの近くのまだ造成されて売り出し中の空き地。
以前、この地を借りてお花好きのご近所さんが丹精込めていらした場所です。
コスモスが終わったある日、重機が入り一掃してしまいました。
砂利も敷かれて、呆気なく冷たい空間に。
暫く資材置き場として残土を山にしてあったり色々な建築資材が置かれて
お散歩コースから外したい場所になってしまいました。

それでも毎年この季節になると少し、また少し小さな芽を出して小さな花を咲かせていました。
いろいろな試練を乗り越えてというより、自然のサイクルにあった種や成長点がある限り伸びよう、生きようと ただ純粋に生きている。
そしてこんな美しい風景をなんの計算もなく作っています。
今年は資材も外され、一面に広がる日も近い。
この土地を買われる方が素敵な方でありますように。
そう思いながらゆらゆら揺れる秋の情景に癒されています。
たぶん、わたしだけでなく…。
台風が近づいています。
大きくなったオリーブ、ユーカリ、ミモザなどは早めに枝数を少なくしたり、切り詰めたり対策してくださいね。

明日から10月~~!早いデスね!


ユーパトリウムEupatorium coelestinum
零れ種と地下茎でバンバン増えて
優しいムラサキ色のお花を咲かせていますよ。
今日はとても涼しくて、お庭のお手入れには丁度いい日でしたね。
そんな日にわたし、パソコンと格闘していました(泣)
明日はお庭に居られるように
もう暫く頑張ってパソコンに向かいます。
明日は9時から5時までお庭。
週末の楽しみ、庭いじり。
アリスのお庭で。

Pietさん的植栽


Richmondの駅近くまでバスで戻る途中、ふと思い出して途中下車。
何気に気になる草むらみたいなところ発見。
植えたにしてはワイルド。
でも、とても好みでした。
目的地は違うお店でしたが、その前にこんな場所を見つけて嬉しい。


タワーブリッジ近くにあるPottersfieldは
Piet oudolfデザイン。
冬に見ても刈り取ることなく、
立ち枯れた風景が最盛期の余韻を感じる。
ヨーロッパの人々は草花の扱いが上手い。
見るものにアートを感じて生かす工夫があると思う。

ウィズレーガーデンでグラスのレクチャーをしていたJamie Butterwourthさん。
メヒシバDigitaria ciliates やダキバアレチハナガサVerbena incomptaを紹介していました。
どちらも日本では勝手に生えて雑草扱いとなっています。
でも、組み合わせによっては素敵に見えるため、そのまま利用しているお庭を思い出してしまいました。

こちらはセントパンクラス駅前の三尺バーベナVerbena bonariensis
お花の数が多いので人気があります。
ただ、時に花数が少ない方が大人っぽいお庭になる場合もあり、デザイン要素として原種的な植物も利用したいですね。

ちょとずつイングリッシュガーデンへ


今週から始まったA様邸の石貼りと手入れ
こちらは手入れしていく過程で
お施主様のご要望を庭のデザインに沿って
叶えていくような造りかた。
何年かかけて少しずつお庭に変化が見られることが
楽しい。
パッと変えて暮らしを楽しむことも
少しずつ広げていく楽しみも
どちらにも基本的なデザインを必要とします。
ざっくりでもおおよそのゾーニング(配置)を決めて
後はご予算やご家族の予定にも合わせて
作庭予定を決めていきます。
画像の樹は始めに植えたものを含め、
次第に立派になってきました。
今回、更に3本の樹を植えます。
森になる日を心待ちに。

10月は毎週土曜日Shop Open


いつもありがとうございます。
そして、いつも閉まっててすみません。
10月1日の土曜日から毎週土曜日がお店の日です。
あちこち走り回っておりますが、
土曜日はアリスにいて小屋を愉しもうとおもいました。
以前はアリスの愉しみがいっぱい詰まった小屋でした。
でも、最近は忙しさに振りわまされてる気がして…。
私自身園芸を楽しめているのかな?って感じています。
イギリスで植物に触れる仕事に携わり、
それから改めて何がしたいのかと考えるようになりました。
小さな小屋で好きなことを好きなだけ。
平日できない事を週末ガーデナーさんになって。
今まで、月に一度手入れができたらいいぐらいなお庭。
これからは少しゆったりと過ごします。
土曜日は9時から5時まで開けています。
それぞれの時間をのんびりと過ごしに来てください。
私も好きな事をしていますから。
あ、時にお手伝い頂くかもです。
ゆるゆるアリスガーデンにようこそ。
土曜日はwelcomeです。
9時から5時まで。

帰国中

たくさんの秋を鑑賞していまから帰国します。
今年はとても暑いイギリスでした。
でも、まだ良い方だったかも。
今晩から31度という暑さが来るみたい。
私達は逃げるように日本に戻ります。
では、帰ったら。

苗の整理と草の利用

台風の朝、美しい朝焼けで目が覚めました。
愛知県ではまともに雨が降らず庭の水やりが必須です。
雨さえ降れば潤う土壌、真夏以外はお庭全体に潅水ことはありません。
8月初旬よりカツラの葉から甘い香りがしています。
本来なら紅葉期に香るのですが、近くにパティスリーがあるかと思うほどです。
良い香りですが、水が足りていない危機感も。
北のほうでは台風で多大な被害も受けらて大変な思いをされていて、また南の熊本ではまた地震。
災害は忘れた頃と言いますが、忘れないうちに何度も繰り返されては心身ともに辛い。
被害に遭われた方々には心よりご冥福とお見舞いを申し上げます。
早く、平穏な暮らしに戻れますよう。

一方、雨の降らないこの地方の夏(ここ数年間)
地面からの水分の蒸発を防ぐ為に切り戻した枝葉を敷き詰めています。
とても効果的なオーガニックガーデン。
色々思いつく事を実践しています。
先ずはアリスの庭で実験。
毎年ふかふかな土も作ってくれる優れもの。
今年はお客様のお庭でも実践しました。
毎年小さな積み重ね。
お庭がふっくらしてきたら夏でも定期的に雨が降ってくれたら水やりが軽減されると思います。
今日は岡崎から戻り次第、アリスの苗場の整理をしながら草を敷いていきます。
お手伝いくださる方はご連絡ください…うめジュースサービスしまーす!


応援よろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

岡崎のお庭



石積みが完成しました。
小さな穴はキャンドルを入れたり多肉を置いたり…
大きめの石を出して座れる様にも。
石の強度やバランスを見ながら作成していただきました。

アリスガーデンのタクヤも一緒に。
とても美しいカーブを描くようにお願いしました。
お庭の完成はまだ先ですが
ひとつひとつの出来上がりをとても喜んでくれる
お施主様。
奥様の念願だった石積みに植物を纏わせていきます。
お庭にはたくさんの植物が植えられていますが
足したり引いたりしていくため
植栽は晩秋以降となります。
来年の春には多くの植物たちがこのお庭の
新しい環境で伸び伸びと育っていくように。
そして、昨日よりテラスの石貼りの支度が始まりました。
元々はウッドデッキでしたが、床が抜けるほど老朽
全て取り外し、石のテラスをデザインしました。
こちらの仕上がりは来週。
台風の影響が心配ですが、ひと雨欲しいところです。
アリスガーデン営業日について。
お店にご連絡いただきまして、ありがとうございます。
毎日施工先に出かけていること、手入れ等の為、しばらくの間不在です。
申し訳ありません。
お問い合わせフォームからご連絡頂くか、
お電話でご確認、ご相談ください。
よろしくお願いします。
本日のスケジュール
朝から岡崎のお庭
10時よりアリスにて作業
1時半より3時ごろまでアリスツアーの打ち合わせ
それ以降6時までアリスにて作業
ご来店の際はご連絡後、作業時間に来ていただけたら助かります。
よろしくお願いします。
ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

バードウォッチング

メジロ
ヤマガラ
昨日と今日、アリス小屋からたくさんの鳥たちが見えました。
窓から眺めていることを気付かれないように。
チチチっと鳴き声が聞こえると
打ち合わせ中でもバードウォッチングに切り替え。
可愛らしい動きをしばらく見ていたい程です。
次のアリスのお店のオープンディはまだ未定です。
お庭のご相談等はお問い合わせフォームからお知らせくだいませ。

ブログrankingに参加しています。応援click宜しくお願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

自分の身は自分で守る


今日も暑かったですね。
お休み明けの1日外仕事…
どうかなっちゃうくらいの時もありました。
どうにか生きています。
あまりの暑さに避難する場所作りをしました。
元々あったまだ小さなトネリコの枝を切って
木陰を作り、更に…
お施主さんのベンチを配置して
日除けのスペースを作ってしまいました。
朝から夕方まで気持ち良い風が行き交う場所です。
仕事を終えてアリスに戻るとやはり水不足なお庭の植物たちが葉を縮ませて耐え忍んでいました。
葉を落として蒸散に対応していたエゴノキも。
この様な状態はしっかりと根を張って生き延びようとしているということ。
逆に枯れた植物は直ぐに葉を落とせません。
葉を落として蒸散を防ぎ、幹に水分を保ちます。
葉を落として足元の水分を保ちます。
そうやって生きています。
葉を虫たちに提供する代わりに、土となる糞をもらう。
みんなで助け合い生きる。
先ずは自分の為に。そして知らないうちにまわりのにも。
素敵な助け合いはとても自然ですね。

夏の作業summer gardening 

今年のヘリアンサスはいつもより小柄。
昨年あんまり伸びるので今年は6月ぐらいに一度だけ切り戻した。
夏は切り戻したり、増えすぎた草木を少しスッキリさせると見た目も綺麗です。
切った植物はどうしていますか?
たくさん出ますよね。
私はその場で小さく刻んで植え込みの中に敷きます。

むき出しになった庭の小道や土が見えている植え込みの中は炎天下にさらされて水分も飛びやすくなっていますから。
出来上がったコンポストを暖かい時期に敷くのはカナブンの大発生につながります。
切り取った草木のはまだ熟れていないので普通に虫の棲家になり、その場でコンポストを作ります。
切るたびに上に重ねるのでひと月後には一番初めの葉っぱ達が形を変えて土に還るころです。

グランドカバーのあるところは避けて、剥げてきちゃった所に薄く敷きます。
今年はアリスの教室をなかなか開催できませんが、8月24日に「アトリエ北風と太陽さん」にて夏のお庭の講座と共に苔玉作りをします。
講座は2000円、苔玉は500円。
苔玉のみの参加は出来ません。
詳しくはお問い合わせください。

8月


急に暑さを感じる夏の日、8月が始まりました。
外仕事は慣れてしまえば時々吹く風に幸福感を味わいながらも作業する事が出来ます。
先日、プランに集中する為に初エアコン。
涼し~。調べものとかお絵かきのときはいい。
設定温度は高め。
それなのにお腹が反応してしまい、それっきり。
反応と言えば、はっか水を作りました。
ハッカ油と無水アルコールと水だけで蚊が…よって来にくいみたい。それより、スースーして涼しいの。
蚊取り線香を腰に下げて作業をするするのが一番効果的で安心。スモークされれば蚊も諦める。
プラススースー効果でアジアの夏を乗り切ろう。
今日も蝉が凄い。お昼からは少しおとなしくなって鳥が来る。棲み分けしてるのかな?
早朝からロンドンの娘のと旅行の件で電話していましたが、「何?」って娘。
気付けばジャージャー蝉の声。
「電波障害かと思った」と。

蝉の抜け殻が3つも付いてます。
この前遊びに来てくれたボクちゃんは袋にたっぷりお持ち帰りしてくれましたよ。
お店はぼちぼち開けてます。
時々、生存確認(笑)に、来てくださる方も。
手入れの日は一日中誰も残れない日もありますので、ご来店及び生存確認をご希望の方は、お電話でご確認の上どうぞ。できるだけ前日または計画を立てるまえにご連絡くださいね。
よろしくお願いします。基本毎日開けたいのですが、外のお仕事もありますので。

旅のプランが現実的になってきました。
9月5日出発
ホテルはサウスケンジントン。以前泊まってとても気に入りました。
翌日6日はロンドン市内のガーデンを廻り、観光地をチラ見して夜はミュージカル。
7日はコッツに日帰り、national railとタクシーでBarnsley House を目指します。HIGHGROVE で2時間のガーデンツアー、その後チラッと観光。
8日は開催中のウィズレーのフラワーショウへ行き、リッチモンド周辺ピーターシャムナーセリーズで遅めのランチの後Kewへ。
9日はライへ。Dixter に行って戻りオススメのfish &chips をレストランで食べて小さな街をゆっくり巡ります。
10日はマーケット巡り。アンティークや食材を買ってロンドンの娘の家でラフなディナー
11日はコロンビアロードマーケットからのベスチャトーさんのお庭へ。
12日はホテル近くの気になるお店や美術館に出かけ、夜はまたミュージカル。
13日の朝ホテルを出てお昼の便で帰国します。
今回のたびは少人数な為、動きがスムーズ。
ひとりとは違うけど楽しく動けると思います。
ロンドンに住んでいる様に気楽に行ける街を身軽に廻るというのが今回の楽しみ。
ホテルの部屋は8日間自分の家のように花を飾ったりいろいろレイアウトしてみる。
毎日綺麗なものや街の人々との出会いを楽しみに、たくさん歩き、美味しいものを食べて飲んで。
言葉の前に気持ち。
欲しいものをオーダーする…
コミニュケーションもだんだんできるようになります。
暮らすように過ごすロンドンはきっと帰国後の生活にスムーズに溶け込むと思います。

「アリスさんのような旅」はとても身近です。
来年のツアーもできるだけ少人数がいいな。
7月のリクエストもありましたので、7月と9月でもいいかも。
リクエストお待ちしていますね。
Tsuyako Asada

お店番

サマーマーケットっぽく苗を集めてみました。
今月は30日までです。

夏のお庭のお手入れは秋の支度。
蒸らさず、涼しい工夫と植物と土をヘルシーにする工夫。

曇りの日にはこんなありす小屋でゆったり。
アリスガーデンの夏のオープン
お試しで先週木曜日からお店を開けています。
皆さんにお会い出来たり、落ち着いて小屋にいられる時間が取れて嬉しい。
8月も、しばらく日曜日以外、交代でお店番したいと思います。
居心地の良い空間を更に気持ちよく保ちながらね。
今日はお客様のお庭の手入れでもキレイ空間を作ってきました。
秋になったら植物の配置を少し替えたり、樹を植えたりします。
「初めからアリスさんに作って貰えたらよかった」
そう言われました。
いえ、今でもとても素敵ですよ。
今の状態を引き算しただけの整えの庭。
植物を居心地よく置いたり落ち着かせる事で更に良くなりますから、秋の作業ではgood alice な庭になりますね。
明日は私が小屋でゴソゴソしています。
ご都合のつく方はご一緒にバードウォッチングしましょう。
Tsuyako Asada

夏の庭仕事


涼しい日が続いています。
例年、梅雨明けしてから涼しい日が何日かあって夏本番…
水瓶のメダカくんたちもスイスイと気持ち良さそうです。
今日も午前中、お庭のお手入れで出かけますが、アリスガーデンのお店はオープンしていますので、自然の涼風を浴びに来てくださいね。

暑い夏にできる作業
土の上に剪定葉っぱのマルチング。
すごく有効なのでお試しくださいね。
お庭の自然なリサイクルです。
暑くても何か閃くと夢中になる
楽しい庭作り。
やっぱり植物と向き合っている時が一番好き。
今日も10時から16時までオープンしています。
私はお昼からのシジュウカラ達のおやつタイムを楽しみに戻ってきます(笑)
Tsuyako Asada

茶毒蛾注意報

茶毒蛾の画像を見るのが気持ち悪いか症状を見るのが気持ち悪いかどうかと考えた結果、こちらにしました。
お庭の手入れが続く日々。
なんともなく帰って来てシャワー。
いつの間にかに刺されたのかなぐらいな感じから、痒み止めを塗ってもまた痒くなる…
まさかまさかの茶毒蛾被害。
怖いのは次の日からなんですね。
点々が繋がって島みたいになっている。
画像の所はまだ軽症。
皮膚科の薬でないと治りません。
茶毒蛾がどこにいたのかわかりません。
だって、アリスデザインのお庭には茶の木や椿、山茶花などありませんから。
最近分かったこと…
ニューサイランの手入れの時に被害に遭うことから、風によって運ばれた抜け殻がニューサイランの葉の中に溜まり、それによって刺されたとみた。
生きている時も酷いけど、抜け殻はもっと酷いらしい。
害虫駆除剤で殺虫しても、虫は残ります。
駆除剤で絶滅しないように虫はさらなる抵抗力を持ちますね。それと一生戦い続けますか?
私は自然の力を信じています。
殺虫したら鳥の食べ物も無くなります。
殺虫しなければ自然のバランスが保たれます。
3年ぐらい我慢して見守ればお庭の管理が段々楽になります。
明日から30日までお店をオープンしています。
今週金曜日と土曜日の午前中と日曜日以外は私もおります。10時から3時まで。
お庭や植物のご質問ばアリスにて。
スタッフに声をかけてくださいね!

フラワーショウDare to Be Wild


映画を観てきました。
自然豊かなアイルランドの女の子が、幼いころから見慣れた植物を使ってチェルシーフラワーショウにチャレンジするという実話。
名古屋では伏見ミリオン座で22日まで豊橋では9月3日から豊橋ユナイテッドシネマで上映されます。
いやいや、良かった。
チェルシーという事もなかなか最近のアリスガーデンと近いし、何よりワイルドプランツを使うところ。
こんな地方で野草…一般的に雑草と呼ばれるものを庭に取り入れたデザインをしていますが、アリスガーデンのコンセプトを理解してくださる方々以外眉をひそめる。
え?雑草?
いえいえ、雑草だなんて失礼な。
「ハーブ植えてください」とリクエストがありますが、そもそもハーブの括りは利用できる便利な野草。
みんなが嫌うスギナもドクダミも薬効有のハーブです。
西洋文化で利用してる野草ばかりがハーブと呼ばれ、見慣れた草花は雑草だなんて。
薬効の他に温暖化を防ぐ効果があります。
様々な土地に様々な草花。伸ばせばメドー(草原)刈り取れば芝。
私たちの作ったお庭にはそんな優しい草花が時にスタイルを変えて元気にお庭の一員になっています。
お庭を綺麗に保つことと荒れた庭の中間ぐらいがちょうどいい居心地さ。

草の芝はゴロゴロしても痛くないよ。

幼稚園の草の芝。
刈り取りに便利な手動の芝刈り機。
刈り残しもいい風景になる。
完璧じゃない緩さが必要な時代。
ココロも緩ませてくれると庭の見え方も変わると思う。

バラショウのプラン。
描いている時はいつも絵の中にいる。
足元には様々な草花。
絵の中を歩き回って…アリスみたいに。
いつも何か小さな喜びを探して、いろいろな偶然が繋がって、今年はチェルシーにいました。



Winton Beauty of Mathematics Garden
数学的な自然の流れに従った庭や景観
Dare to Be Wild
本来の自然の形に
この映画を多くに方に観ていただけますように。
感じ取っていただけますように。
Tsuyako Asada

Alice English Garden Tour2016と2017


ライの魅力は小さな町とfish&chipsと石畳

9月のイギリスは夏の色と秋の色のTAPESTRY

これも9月です。

ウィズレーガーデンは丁度フラワーショウを開催中です。

秋色

夕空時は大好きな時間
来年の9月にアリスさんと行くイギリスツアーを計画しています。
「アリスさんみたいな旅がしたい」とのリクエストにお応えして、ツアーを考えておりました。

植物に触れて使って普段の生活を豊かに。
イギリスで出会った皆さんのお庭の愉しみ方は特別気取らない優しさがあります。
そんな空気感を。。。
今年はお試しで少人数で企画、決定しました。
4名様で9月5日から10日間の日程で出かけます。
*来年は9月4日から12日の渡英を企画中です。
西洋文化を見て感じることで見慣れた日本の風景の素晴らしさも再発見出来ます。
環境を知って庭を作る。
細やかなディテールを組み合わせるのは指先の前にイメージ。時にはその逆。どちらにしても経験とイメージは繋がっていた方が良い。
繊細な発見に出会って生活を豊かにする。
物を手に入れるわけでなく…感覚。
そんなちょっといつもと違った気持ちで。

帰国後写真を見ながらお庭のお話をします。
「アリスさんの庭時間~イギリスの秋」
場所 アリスガーデンの予定
クリームティ付き¥2,500
9月22日木曜日
午後1:30-3:30まで
来年のツアーに参加にご興味のおありに方はこちらの講座にご参加またはお問い合わせくださいね。
年間3回じっくりイギリスに行く経験から今年と来年は秋に行きますよ!
お問い合わせはこのブログの横または下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
イギリス歩きのご案内…浅田つや子

小さな植え込みから自然体を意識して。


昨日は土砂降りのお天気になりましたが
オープンガーデンにお越しの皆様とお庭造りのことや植物のこと、イギリスの事アリスの事など話題が尽きる事なくおしゃべり出来て、明日に向かってまた、暑さに負けないモチベーションを得る事ができました(^_^)v
皆様、ありがとうございます。
そんなお話の中で、アリスガーデンのの名前は知っているけど…小さなお庭なんて受けてくれないのではないかとか、高そうで気になりながらもなかなか行けないという事を伺いました。
実際、石や植物の配置デザインにこだわっております。
小さなお庭でも大きなお庭でも。
新規はもちろんですが、リガーデンはビフォーアフター的に嬉しい。
お家を建てた時にエクステリアも作った方も多くいらっしゃいますが、植栽は枯れてしまったりでせっかくの外観が残念になってしまっているところを適材適所な植物でリフレッシュさせたい。
温暖化が進む過酷な環境下にある現状を少しずつでも植物を増やし調和させたいと願っています。
植物相手のお仕事ですので真夏は植え込みをしませんが、秋からの工事予約を承っております。
夏の間はアリス小屋にてサマーマーケットを開催します。
7月21日から30日の10時から16時まで
涼しげなインドアプランツや小さな寄せ植え、苔玉などを販売します。
小さなお庭作り相談もどうぞお気軽にお声掛けくださいね。

Gardenerのいる庭


先週のオープンガーデンには大勢の方にお越しいただきました。
5月からお久しぶりに皆様にお会い出来てお喋り出来ました事、本当に楽しくて嬉しい時間でした。
いつもありがとうございます!
イギリスから戻り、いつも決まって思うこと…やっぱり自分のお庭が一番。
それはこのお庭にいる時間の差だと思います。
ですから、お庭のお話は尽きません。
皆様のお庭もきっとそうだと思います。

みよしのお庭


蒲郡のお庭

豊川の花壇の手直し
ガーデナーのいる庭…
私たちがゼロからデザインしたお庭、出来上がった外構に植栽で素敵に変身させたお庭、いろいろなパターンがありますが、とにかくシンプルから森の様なお庭まで植物と暮らしが繋がる気持ちでデザインしています。
毎回メンテナンスに入った後の見違える風景に皆様驚かれますが、必要に応じて手入れしているだけです。
そして、そのビフォーアフターをみると手入れの仕方がわかると思っています。
ガーデナーが入るというのは時々指導してくれるという感じです。
長年培った知識をもって手入れしてもらうという事は貴方が本やインターネットで調べても今ひとつ繋がらなかったご自身のお庭へのリンクが容易になるということと思います。
季節の手入れで素敵なお庭
次回のオープンガーデンは7月9日土曜日10:00-16:00です。
お庭のご相談やお申し込みの方は事前に「お問い合わせフォーム」からご予約いただき、建物図面とお写真をお持ちください。携帯画像やデジカメ画像でも大丈夫です。
スコーンをご予約の方は個数を決めて「お問い合わせフォーム」からお申し込み下さいね。

オープンガーデン

昨日は晴天のオープンガーデンにお越し頂きましてありがとうございました。
お喋りし過ぎで写真を撮れずに残念。
写真は先日撮ったものです。
お庭にテーブルセッティングしたり、お庭リビング的な楽しいデコレーション。
やり過ぎず、さり気なくがアリス流です。
お出ししたハーブティーはサマードリンク定番のシトラステイスト。
次の18日土曜日はアリスガーデンのお庭のオープンガーデン。10時~4時まで
蚊さえいなければ最高ですが…ゆるい蚊取り線香で蚊よけしてお待ちしています(^_^)v
いつも売り切れちゃうアリスのスコーンは予約可能です。16日までにメールにてご予約下さいね。
ひとつ100円(小さめのいつものサイズ)です。

Open Garden

見事に刈り込まれたグランドカバー。
四季折々の模様で美しい。
こちらの管理は動物クリニックを経営されている先生と奥様です。
明日はこちらのお庭をお借りして、皆様とのんびりおしゃべりしたいと思っています。
お庭や植物の事、イギリスの事など楽しい時間を過ごしましょう。
パラソルで日陰を作ってお待ちしています。
もり動物クリニック様にて10時~4時まで
豊川市西桜木町1丁目75

チェルシーフラワーショウ植え込み8日目


階段上の植栽も素敵。眺めもいい感じです。

オレンジ色がベースな私達のお庭

石の使い方と植栽が素敵なM&Gのお庭

多肉で作った可愛いお家

インコのお家
植え込み8日目。
日曜日の審査に間に合うように今日は夜9時まで植え込みや砂利敷きなどをしていました。
今日で全てを完成させます。
残り時間も気になりますが丁寧な作業をしなければいけません。
チームは緊張感を持ちながらも始終keep smileでモチベーションを上げながら頑張っています。
何度も紅茶を持ってきてくれたり。
現場で一番難しいのは英語の理解力でしたが、分かるように説明してくれる事で与えられたパートを全体と調和させながら植え込んでいけました。
今日仕上げてきます。
またアップしますね。

Chelsea Flower Showでガーデン作り


寒くてフリースやダウンが欲しい日でした。
13日からチェルシーフラワーショウでの作業に入っています。
初日はとても暖かくて時に暑いくらいでしたが、夕方から真冬の寒さになり、帰ったらヒーターがついていたほどでした。
チームの人々は皆さんとてもフレンドリーです!
1日目はとても重要だと思われる部分を一日中作っていましたよ。
昨日は苗のクリーニング。ひとつのポットが5号~6号サイズぐらい。大きいです。
始めはあまり焦らず順調でしたけど、次々取りに来るのでさらに手早く仕上げていきました。
それはまるで大流行りの食べ物屋さんの裏方みたいな感じでした(笑)
まだ詳しい内容はお伝えできませんが、私は元気で今日も4時起き6時出発で8時から8時まで働きます。

5月のオープンガーデン。


雨が降りそうで降らなくて時々晴れて心地よい風が気持ち良い時間。
昨日のオープンガーデンには自然のお庭好きな方々にお越しいただきました。
いろいろお喋りできて、いつも思う事は…
皆さんからたくさんのキラキラしたパワーをいただいているということ。
お庭を作ると共感する人と関わり、更に新しい知識をやり取りすることが出来ます。
今回もそんな素敵な時間でした。
ありがとうございます。
今日はまた新しく植栽をさせていただきました。
今あるものに新しく動きを足して生きた庭を作る。
囲ってあった枕木やレンガを外して自然の流れを作る。
木の配置で広いお庭も狭いお庭も不思議と更に広くなる。
明日は下草のベッド作りをします。
宿根草のお庭造りに欠かせない作業のひとつです。
来月のオープンガーデンは6月中頃です。
その前に6月11日土曜日に「森動物クリニック」様のお庭にてオープンガーデンを開催しますので、ご来場をご希望の方はメールにてお知らせくださいませ。

5月3日のオープンガーデン

一昨日のatelier北風と太陽さんにて
内覧会にお越し頂きありがとうございました。
北風と太陽さんのアトリエは5月5日にプレオープン、16日にオープンされます。

そして、アリスガーデンのオープンガーデンは連休中の5月3日10時から5時まで開催します。
要予約ですが、メールやお電話で「行きまーす」とお名前を添えて頂けましたらOKです。
このブログからでしたらお問い合わせフォームからどうぞ。

お庭の手入れは明後日する予定です。
少しの手入れと植え足しでお庭をキープしています。
春のアリスのお庭に遊びに来てくださいね。

atelier 北風と太陽さんの内覧会は明日4月27日です。

atelier北風と太陽さんの内覧会
4月27日 午前10時から午後5時まで
豊川市御津町泙野六反田24ー1
駐車場3台(なるべく乗り合わせてお越しください)
陶芸作品…日常使いの優しくてぽってりした器など展示販売されます。
昨年からまるっと一年かけて構想、計画、設計、施工して漸く完成に至りました。
アリス小屋みたいな小さな小屋でオーナーのご姉妹がゆめを実現する。
時間はかかりましたが、ひとつずつ難題をクリアしながら一歩ずつ進んできました。
こちらのアトリエには水道がありません。
河川法の定めにより水を引くことが出来ないのです。
トイレや草花に使う水は雨水を使うように雨水タンクや瓶を設置したり、飲水はタンク水を買って対応するようにしました。
いろいろな工夫を盛り込んで、少し先ではなく少しタイムスリップしたような場所になりました。

当初はこのような場所。
何を植えても育たないという、道路から1m下がった土地にはビワの木と草。
草刈りして残土を入れて車が入れるように仮のスロープを作り工事が始まりました。

建物が大分出来上がった頃、石積みと予定のスロープを作りました。

急な勾配をなるべく緩やかに土を盛って天圧して仕上げて行きます。

そして植栽
屋根の上に4cmから5cmの土を敷き詰めて草を植え付けました。
お施主様も一緒に。
たった4-5cmでも根を張ることができる。
たとえそれが木でも横に根を広げるものには十分な深さです。
そして、その土の厚さが屋根の温度を快適に保ちます。

明日は午後5時までです。
駐車場の関係上、お越しになる際はあらかじめご一報頂けましたら嬉しいです。
アリスガーデン浅田 080-4302-6581

フラリエ3rd dayとオープンガーデン

わんちゃんと庭

留学中の彼女たちはUKから。
マーキーで奏でられていたアイリッシュ音楽はアリスのお庭まで届いてきました。
昨日の日曜日は朝からひどい風雨でしたが、お昼前からは回復して日陰が待ち遠しいアリスの庭でした。
ここフラリエはわんちゃんのお散歩コースにもなっている公園らしく、よく躾けられたわんちゃんと飼い主さんの姿が多く見られました。
今日からはフラリエさんが1週間管理してくださいます。
来週月曜日には全て持ち帰り、どこかのお庭で育つ仕度をします。
昨日までにはいろいろな方にお褒めいただき、中には丸ごと欲しい方など嬉しい声もいただきました。
ただ、お庭にはそれぞれ背景がありますので、それに合わせてデザインする必要があります。
また、土質、水はけ、日当たり等の環境に合わせる事も重要です。
アリスの(キマグレ)月に一度のオープンガーデンを5月3日祝日に10時から5時まで(要予約)開催します。
野の花との暮らし。自然に沿った庭づくりを体感してみてくだいね。

フェスタ2nd day

可愛らしい上野砂由紀さんと

だんだん根付いてきてるのか、もりもり元気に!

野の花の咲く庭づくり。
2日目もお天気で日差しも強く、始終遠巻きの日陰でご来場の方々を眺めていました。
アリスガーデンのお客様は浜松、豊橋、蒲郡、岡崎ともちろん豊川からご都合を合わせて来ていただきありがとうございました(涙)
皆様に素敵!と言っていただき嬉しいかぎり!
昨日は北海道で「上野ファーム」を経営されている上野砂由紀さんと初めてお話しする事が出来ました。
講演会も初めて拝聴しましたが、分かりやすく楽しくて砂由紀さんのお人柄が伝わって来るものでした。
私も28年程園芸に関わっていますので、始まりから今までの過程で努力した日々が重なって心に沁みました。
今回のお庭もとてもリアルに作ってありますので、ショウガーデンと言えども実際にこの配置で再現出来ますし、重ねて株を大きく見せている所の株を外して植えたら何年先も楽しめる本当のお庭になります。
そして、この植え方はコツさえ掴めば手入れがとても楽です。
もちろん、それもアリスガーデンの植え方テクニックがあればこそ。
葉っぱの色形の重なりや植生を見ていただけたらと思います。
今日は雨になりました。
しとしと雨ならいいのですが風も強くて心配です。
熊本の地震を気にかけながらも何も出来ません。
私の父の本家は玉名なので一族が皆住んでいます。
毎日叔母や従兄弟に連絡出来ていますが、早く収まって平穏な日々を過ごして欲しいです。

フェスタ 1st day



お庭の中には目立たない工夫がいっぱい。
それを見つけ出す楽しみ。
小さな空間にでも表現できる自然観。
植生のこと色のこと。
毎日移り変わる主役。
葉っぱで構成させてお花はおまけ。
明日は誰が咲くのだろう。
ご褒美みたいな蕾にドキンとする。
昨日はレモンマリーゴールドの小さな蕾を見つけましたよ。
香りも良く、葉っぱはスパイスになる。
ポテトと合わせると風味が増します。
見て、触れて、使って、癒されて…
植物と暮らすことの楽しみ。
見つけてください ね。

フラリエみらい花フェスタ

今日、15日から17日まで名古屋のフラリエさんにてガーデンショウが開催されます。
一昨日から2日かけて作ったお庭はいつも通りのアリススタイル。
コンクリートの上にあるとは思えない様に特に地面を重視して作りました。
また、小さなテラスの上には野の花を寄せてあります。
今年のお題「みらい」に私たちアリスガーデンは「all you need is nature 」のタイトルで未来を表現しました。
自然との共存
未来を見据えたアリスの思いをガーデンショウで多くの方に感じ取っていただけたら嬉しいです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。