alice garden design

organic alice gardenの暮らし
MENU

秋の花

秋明菊

シロバナホトトギス

フジバカマ

小さな花が咲くありすの庭

夏に何度も切り戻した菊
切り花用の菊はすっと高く育つので何度も切り戻して背丈を低くします。
野菊みたいで優しい印象になるので、秋は菊が咲くようにデザインしています。
秋明菊は菊咲のアネモネです。
Anemone hupehensis var. japonica
地下茎でも種でもどんどん増えて群生すると美しい景色になりますね。
秋風にゆらゆら揺れる姿が優雅です。
同じく、群生して美しいフジバカマ。
Eupatorium japonicum
どちらの学名にも日本原産を示す文字があります。
そのほかにも日本にはたくさんの魅力的な植物があり、海外の園芸仲間にも質問攻撃にあいます(笑)
今年はモグラの仕業でフジバカマが不調ですが、お花がついてきましたよ。
そろそろアサギマダラがやって来る頃なんですが…どうでしょうね。
イギリスの秋のお庭でも、フジバカマの家族が美しいなと感じます。
昨年も一昨年もイギリスの気候を羨ましく思いました。
いつでもキリッとした澄んだ空気感。
日本では暖かくなりかけた春と涼しい秋の朝夕に少しの間だけイギリスに似た匂いに乗った感覚があります。
くっきりと発色された花色は秋の色です。
北に行かなくとも自分のお庭から発せられる北の感覚を受け止めることができる秋になりました。
日中の暑さももうひと超えすれば。

イギリスに到着


日本時間、昨日早朝無事にヒースロー国際空港に降り立った時の写真が送られて来ました。
予定より1時間ぐらい早く着いたようです。
セントレアに行った際、いつもは送られる側の為、お互いに違和感がありましたね。

フィンランド経由のこの飛行機は便利で乗り込む時間帯も到着時刻も丁度いい。
機内のムービーはJALに比べて最新が少ないのは残念だけれど、ヘルシンキでの待ち時間を作れば小さな空港を楽しむ事が出来ます。
2年前、Takuyaとヘルシンキに1泊してからイギリスに入国した際も丁度9月でした。
サウナでも有名なフィンランドの冷たい海で少しだけ泳いだ記憶が蘇ります。

さて、残されたワンコと私たち。
家族がふたりロンドンで生活しているため、生活のスタイルを変えようと炊飯器をしまいました。
それぞれの時間に合わせて環境を整える事。
急に寂しくなってしまったけど、私なりに良いカタチを作っていきたいです。

自分のためのステップアップ


今日はアリスガーデンで4年間修行した我が子Takuyaの最後のガーデンワークです。
日本の造園の先輩方にもたくさんの技を教えて頂き、私から見ても成長した彼がさらに深い味わいのある庭師になれるよう応援したいと思います。
本日、5時までアリスガーデン居ますので、会いにきてくださいね。

のんびりしました。


1週間のお盆やすみ。
ちょっとのんびりしました。
お仏壇に飾るお花を選んだりして、ゆったりな時間を過ごせたと思います。

おやすみ前から始まった草原プロジェクトは明日、土台作りになります。
今。私が編集している新しいホームページに書いたりしていますが、草のたなびく風景を広く作って行こうというものです。
ホームページはまだ途中なので公開はまだ先になりますが、アリスガーデンが目指している事のまとめの様な内容です。
なにぶん、PC作業は不慣れで時間ばかりかかりますが、自分の言葉で伝えたいと思って取り組んでいます。
おやすみでのんびりしましたが、もぐらの出現などで観察、対応の他に思いつくいろんな事が頭の中でぐるぐるしてましたので、結果脳みそはおやすみではなかったかもしれませんね。

仏壇に飾ったアレンジは変わった菊と蓮の実とクロコスミア、ベンケイソウ、フィソステギア。
画像のはじめは蓮の茎。
何処を切っても蓮根型で楽しい。

5月6日は臨時休業


4月29.30日。
トラックガーデンに参加した時のアリス号。

小さな軽トラの荷台はちょっとしたカフェ気分。

今のアリスガーデンの様子。
植物がわさわさしてきました。
(し過ぎです)
今週の土曜日はアリスガーデンのオープンディでしたが、横浜緑化フェアに出展中のお庭のメンテナンスに行く都合で急遽おやすみさせていただくことになりました。
丁度雨予報もあり、その日にメンテナンスの予定を入れることにしました。
11日より6月1日まで渡英という事もあってまさに、大晦日カウントダウンな必死な状態。たくさんの予定を入れ過ぎてメンテナンスやお庭の出来栄えに影響が出ないようにスケジュールを組んであります。
5月10日水曜日9時から12時までのみお庭を開けます。
午後には知多のお庭のチェックを兼ねながら夕刻スーツケースをもってセントレア入り。
翌日早朝の便で渡英します。
今年のチェルシーフラワーショーは少し複雑ですが現地入しないといけません。
期待を胸に。

美しい姿



昨年1月4日には幹が空洞になってもしっかりと枝を出して葉を茂らせてていたのですが、今月11日に行くとびっくり‼️こんなにスッキリしていました…。
なんと、ショックな姿に愕然としてしまいました。
下から新しく細い幹が伸びて来たからそちらに更新したのでしょう。
倒木等で被害が出てはいけないのなら支えるとかして頑張って欲しかったな。
この木に毎年勇気をもらっていた人は私だけじゃないはず。
お稲荷さんにお参りしておみくじ引いてこのマテバシイに根性分けてもらって帰るという順路が。
本当に残念。

ご訪問ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。